42件中 31 - 40件表示
  • ユー・レイズ・ミー・アップ

    ユー・レイズ・ミー・アップから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドのシャチショーのBGMにもこの曲が採用されている。ユー・レイズ・ミー・アップ フレッシュアイペディアより)

  • グランビスタ ホテル&リゾート

    グランビスタ ホテル&リゾートから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    1971年に三井観光開発へ社名変更後は、「三井アーバンホテルズ」の全国展開をはじめ、鴨川シーワールドやゴルフ場を保有していた八洲観光開発の買収で業容を拡大した。グランビスタ ホテル&リゾート フレッシュアイペディアより)

  • 東京湾アクアライン

    東京湾アクアラインから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    東京 - 鴨川線【アクシー号】(京成バス・日東交通・鴨川日東バス): 浜松町BT-東京駅⇔木更津金田BT-かずさアーク-久留里駅前-安房鴨川駅-鴨川シーワールド-亀田病院東京湾アクアライン フレッシュアイペディアより)

  • 巨獣特捜ジャスピオン

    巨獣特捜ジャスピオンから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    ジャスピオンのパートナーとしてエジンが作った女性型アンドロイド。一人称が「オイラ」である等、まるで男のように荒っぽい言動が特徴だが、ファッション雑誌やエステに興味を持ったことがある。第13話でジャスピオンによって足の裏(靴の裏)にある言語ロムを世界五十カ国のものに交換されてからは女性らしくなり、口調も「私」に変わり、以前は苦手としていた動物も可愛がるようになる。レーザーライフル(フルオートで乱射するシーンがあったのでアサルトライフルだと思われる)を武器としている。目には異次元透視装置、各種センサー、足底には推進装置を備えている(子供を抱えて飛び立つことができる程のパワーがある)。新体操も得意としている。水に飛び込んだり強い衝撃を受けるとすぐに停止してしまうが(水については、第19話のラストで水着を着て鴨川シーワールドのプールに入っていたので、改良された模様)、頭を回すか歯に特殊な棒状の機械の先端を当てると動き出す。巨獣特捜ジャスピオン フレッシュアイペディアより)

  • ガメラ対深海怪獣ジグラ

    ガメラ対深海怪獣ジグラから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    世界各地で謎の大型地震が発生。その一方、「鴨川シーワールド」で休暇中の洋介、トムの科学者2人と、その子供、健一とヘレンが宇宙船に誘拐される。助けに来たガメラによって宇宙船を壊された宇宙人は、水圧の違いから巨大化してしまい、地球を植民地化することで復讐を図る。ガメラ対深海怪獣ジグラ フレッシュアイペディアより)

  • おたる水族館

    おたる水族館から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    雄の「ウチオ」と雌の「ウーリャ」(二見シーパラダイスより搬入)のペアで長らく飼育されている。2002年に日本においては鴨川シーワールドに次いで繁殖に成功し、「セイタ(雄)」と名付けられたが、2006年に歯髄炎が原因で死亡した。その後、2度の死産を経て、2009年5月31日に雌の子供を出産。公募から「ツララ」と名付けられ、母子共に展示されて、2011年よりツララはショーに出演するためにイルカスタジアムで飼育されている。おたる水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 安房鴨川駅

    安房鴨川駅から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    内房線は普通列車のみだが、外房線は普通列車のほか特急「わかしお」も当駅まで来ている。また「わかしお号」は鴨川シーワールドの無料送迎バスと接続をするダイヤが設定されている。「わかしお」号の一部は当駅から勝浦駅までの区間を普通列車として運転する。なお普通列車は一部を除き内房線、外房線相互の上り列車を対面接続する。安房鴨川駅 フレッシュアイペディアより)

  • ネズミイルカ科

    ネズミイルカ科から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    他のイルカとは違い、ネズミイルカ科のイルカが水族館などにおいて展示飼育されることは稀である。日本においてはスナメリの展示飼育が鳥羽水族館など複数の施設で行われている。ネズミイルカの展示飼育はおたる水族館、鴨川シーワールドでの例が報告されているが、極めて稀である。ネズミイルカ科 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川市

    鴨川市から見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    鴨川線【アクシー号】(鴨日・日東・京成):亀田病院-鴨川シーワールド-安房鴨川駅西口-市役所入口-福祉センター前⇔木更津金田BT⇔東京駅-浜松町BT鴨川市 フレッシュアイペディアより)

  • マンボウ

    マンボウから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    大きな体に愛嬌のある風貌で、水中を悠然とただようマンボウの姿はスクーバダイビングなどで人気が高い。水族館での飼育は一般的に困難であるが、日本では海遊館・鴨川シーワールドなどいくつかの水族館で飼育展示が行われている。飼育が難しい主な理由は泳ぎが下手なため自ら水槽の壁に体をぶつけて弱ってしまうこと、寄生虫が多いことなどである。餌は、水面に顔を出したときにエビのミンチなどを直接口に入れてやる方式がよい結果を残しており、さらに水槽内にビニールやネットの壁をめぐらせてマンボウを守るなどの対策が取られるようになった。ただし、手で触ると手の跡がそのまま付くくらい皮膚が弱く、飼育が難しい事は変わらない。また飼育下で大きく成長した個体は施設に限界があるため、標識をつけて大洋に再び放される事が多い。マンボウ フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示

「鴨川シーワールド」のニューストピックワード