1 2 3 4 5 次へ
42件中 41 - 42件表示
  • 南知多ビーチランド

    南知多ビーチランドから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    セイウチ(旧:極地どうぶつ)館 - 雌のサクラと雄のキック(1997年鴨川シーワールド生まれ、2003年譲受)のカップルが展示飼育されている。1990年代にはミナミゾウアザラシが展示されていた。南知多ビーチランド フレッシュアイペディアより)

  • オットセイ

    オットセイから見た鴨川シーワールド鴨川シーワールド

    日本海や銚子沖の太平洋が、キタオットセイ属の南限といわれる。たまに日本海側や北海道、東北地方の海岸に死体や、生きたまま漂着することがあるが、2006年9月9日、内陸部に位置する埼玉県川越市の新河岸川(今成2丁目付近の水田)で野生と見られる衰弱したオットセイ(後に「しんちゃん」と名付けられた生後1-2年の雄)が発見され、警察で捕獲し、翌日、上野動物園へ収容・保護された。春、日本ではオットセイの群れが南下してくるため、このオットセイを太平洋に戻すことになり、放流に向けた馴致(野生に戻るリハビリ)に、12月4日、鴨川シーワールド(アザラシ授乳室)へ移動され、トレーニングが行われた。翌2007年2月下旬、オットセイの群れが見られたため、しんちゃんは3月8日に銚子の沖合い(約17km)にて放流され野生復帰した。鴨川シーワールドでは今まで何頭か放流に成功している。オットセイ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
42件中 41 - 42件表示

「鴨川シーワールド」のニューストピックワード