71件中 31 - 40件表示
  • 鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドから見たゼニガタアザラシ

    モントレー湾を再現しているが、北海道沿岸に生息するゴマフアザラシ・ゼニガタアザラシやオットセイ類、シーワールド生まれのオーストラリアアシカ 「サンディ」なども暮らしている。鴨川シーワールド フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドから見たセルフサービス

    半地下の1階にはセルフサービスの「レストラン オーシャン」が有り、オーシャンスタジアムの水槽とシャチの様子を窓越しに見る事が出来る。鴨川シーワールド フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドから見た千島列島

    千島列島沿岸地を再現している。展示されている約半数のトドは2007年3月に天寿を全うした「ノサ(雄)」の子供である。鴨川シーワールド フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドから見た日本動物園水族館協会

    日本動物園水族館協会 (JAZA) の繁殖賞を受賞した生物は次の通りである。プレートと受賞生物の写真がエコ・エクアローム内に展示されている。鴨川シーワールド フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドから見たマンボウ

    河川の上流から海に辿り着くまでの「水の一生」をテーマに、川魚や鴨川沿岸の魚などを展示。国内飼育期間更新中のマンボウ展示水槽も併設。鴨川シーワールド フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドから見たアザラシ

    2002年から2004年にかけて、多摩川から荒川に出現した野生のアゴヒゲアザラシの「タマちゃん」などと同時期の2003年冬に、シーワールド(オーシャンスタジアムからロッキーワールド)前の東条海岸にアザラシが出現し、波打ち際で寝そべるなどの行動を見物人に見せていた。発見当初はシーワールドのアザラシが抜け出したなどと言われたが、そうではなく漂流してきた野生のゴマフアザラシであった。何時しか「カモちゃん」と名付けられた。このカモちゃんは2004年3月に姿を消したが、同年と翌2005年の12月頃に同じ個体が再び海岸に姿を現し、翌年3月頃まで見物人を愉しませた。シーワールドでは保護をする必要は無いと判断したが、連日観察するようになり、その様子は公式サイトで随時更新されていた。アザラシの漂着は2006年春を最後に見られていない。鴨川シーワールド フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドから見た古賀賞

    バンドウイルカの人工授精については、1982年から園内で研究を重ね2002年にようやく実施に移る事ができた。同年10月に妊娠を確認し、2003年7月に母スリムが出産して「サニー」と名付けられた。奇しくも、鳥羽山の最期までの研究課題であったとされている。2004年にJAZAの古賀賞をシーワールドでは初めて受賞した。その後も別のペアで人工授精による出産に成功している。鴨川シーワールド フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドから見た特別住民票

    2005年12月の再来時に鴨川市が「カモちゃん」の名で特別住民票の交付を開始している。鴨川シーワールド フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドから見たキリバス

    キリバスのサンゴ環礁をモデルに、南太平洋に生息する魚(熱帯魚など)や鮫を中心に展示している。シーワールドでは唯一の大型水槽「無限の海」が設置されており、ここでウェディングや寝袋を用いた宿泊体験などのイベントが実施される事がある。鴨川シーワールド フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドから見た海獣

    1970年10月に八洲観光株式会社によって開業した。イルカやアシカなど海獣の展示飼育に力を入れ、猛獣とされていたシャチを男性が飼育調教した。シャチ以外の海獣によるパフォーマンス(ショー)もある。鴨川シーワールド フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「鴨川シーワールド」のニューストピックワード