鶴岡八幡宮 ニュース&Wiki etc.

鶴岡八幡宮(つるがおか はちまんぐう)は、神奈川県鎌倉市にある神社。相模国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。 (出典:Wikipedia)

「鶴岡八幡宮」Q&A

  • Q&A

    おい教えて下さい 鶴岡八幡宮に白蛇の絵を描くおじいさんは 今もご健在なのでしょうか…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月17日 02:19

  • Q&A

    小学6年生です。来週の金曜日に鎌倉校外学習へ行きます。いくお寺は、高徳院大仏、銭洗弁…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月16日 22:35

  • Q&A

    【至急】鎌倉と江ノ島への日帰り旅行を考えています。 ①鎌倉駅10時くらいから小町通り…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月16日 11:42

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「鶴岡八幡宮」のつながり調べ

  • 仮名手本忠臣蔵

    仮名手本忠臣蔵から見た鶴岡八幡宮

    将軍足利尊氏の命により、討取った新田義貞の兜を探しだし、これを鶴岡八幡宮に納めるため将軍の弟足利直義が遣わされる。直義の饗応役に塩谷判官と桃井若狭介が任ぜられ、その指導を高家高師直が受持つ関係上、三人も直義に従って八幡に詣で、御前に控えている。そこへ、数多く集めた兜のうちより義貞のものを見分けるために、かつて宮中に奉仕し、天皇より義貞に兜が下賜されるのを目にしたことのある、顔世御前(判官の奥方)が召され、見事に兜を見分ける。直義および饗応役の二人が兜を神前にささげるためにその場を離れると、顔世の美貌に一目ぼれした師直が横恋慕のあまり言寄る。そこへ折りよく来合わせた若狭介が顔世を救い、その場を去らせると、怒り心頭に発した師直は若狭介に悪口を言いかけ、短気な若狭介は刃傷に及ぼうとするが、通りがかった判官の仲裁によって事なきを得る。(仮名手本忠臣蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た鶴岡八幡宮

    江島霊迹建寺の碑 - 江島縁起によれば、1204年(元久元年)に宋に渡った源実朝の使節鶴岡八幡宮の良真が、慶仁禅師より江の島に因んで授けられたと伝えられ、碑面の四辺を細線で刻画し、上方に左右から双龍形を陽刻し、大日本国江島霊迹建寺之記と篆刻されているというが、碑名は摩滅して判読不能。1701年(元禄14年)に杉山検校の門弟、島岡検校が雨よけを寄進したといわれる。(江の島 フレッシュアイペディアより)

「鶴岡八幡宮」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード