前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
314件中 1 - 10件表示
  • 横大路 (鎌倉市)

    横大路 (鎌倉市)から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    横大路(よこおおじ)は、鎌倉幕府による都市計画の中核を成す「六大路」の一つで、東鑑にもその名が記されている。鶴岡八幡宮の南側の瑞垣に沿って走る東西の基幹大路であった。東端は、寶戒寺前で「小町大路」に接し、西は「鉄の井」の先で窟小路へと続き、その先は「今大路」に至る。横大路 (鎌倉市) フレッシュアイペディアより)

  • 源実朝

    源実朝から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鎌倉幕府を開いた源頼朝の次男として生まれ、兄の頼家が追放されると12歳で征夷大将軍に就く。政治は始め執権を務める北条氏などが主に執ったが、成長するにつれ関与を深めた。官位の昇進も早く武士として初めて右大臣に任ぜられるが、その翌年に鶴岡八幡宮で頼家の子公暁に暗殺された。これにより源氏将軍は断絶した。源実朝 フレッシュアイペディアより)

  • 源頼朝

    源頼朝から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    武蔵国に入ると葛西清重、足立遠元に加え、一度は敵対した畠山重忠、河越重頼、江戸重長らも従える。10月6日、かつて父・義朝と兄・義平の住んだ鎌倉へ入り、大倉の地に居宅となる大倉御所をかまえて鎌倉の政治の拠点とした。また先祖の源頼義が京都郊外の石清水八幡宮を勧請した鶴岡八幡宮を北の山麓に移し、父義朝の菩提を弔うための勝長寿院の建立を行うなど整備を続け、鎌倉は後の鎌倉幕府の本拠地として、発展を遂げる事となる。源頼朝 フレッシュアイペディアより)

  • 公暁

    公暁から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    父である将軍頼家は建仁3年(1203年)9月の比企能員の変によって鎌倉を追放され、翌年善哉が5歳の時に北条氏の刺客によって暗殺された。建永元年(1206年)6月16日、7歳になった善哉は若宮の別当坊より祖母である尼御台北条政子の邸に渡り、着袴の儀式を行う。10月22日、乳母夫である三浦義村に付き添われ、政子の計らいによって叔父の3代将軍源実朝の猶子となった。建暦元年(1211年)9月15日に12歳で鶴岡八幡宮寺別当定暁の下で出家し公暁の法名を受け、翌日には受戒のため上洛する。園城寺において公胤の門弟として入室し、叔父貞暁の受法の弟子となる。建保5年(1217年)6月20日、18歳で鎌倉に戻り、政子の意向により鶴岡八幡宮寺別当に就任した。同年10月11日からは実朝の命により裏山で千日参篭をおこなう。翌年建保6年(1218年)12月5日、公暁が鶴岡に参籠して退出しないままいくつかの祈誓を行っているが、一向に髪を下ろす事もしないので人はこれを怪しんだという。また伊勢太神宮や諸社に奉幣する使節を送った事が将軍御所で披露されている。公暁 フレッシュアイペディアより)

  • 面掛行列

    面掛行列から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    面掛行列(めんかけぎょうれつ)は、神奈川県鎌倉市坂ノ下の御霊神社で行われる行列行事である。面をかぶった男達が練り歩く。現在は9月18日の例祭で行われているが、明治の神仏分離までは鶴岡八幡宮の8月15日の放生会で行われていた。「はらみっと祭」などとも言う。神奈川県の無形民俗文化財。面掛行列 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校

    横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    附属鎌倉中学校と同じく、鶴岡八幡宮に隣接している。横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉

    鎌倉から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    現在の鎌倉市街地(「旧鎌倉」地域)の主要道路網は、鎌倉時代の都市計画に基づく「大路」の名残をかなりとどめている。即ち、鶴岡八幡宮から由比ガ浜に向かう都市計画上の中心線としての若宮大路がその代表といえる。このほか、東側を並行する小町大路(現在の通称:辻説法通り、三浦道等)、同じく西側の今大路(同:今小路)が、南北線の基幹大路を成していた。さらに東西線の基幹大路としては、北側(山側)から順に、三の鳥居前の横大路、下馬四つ角を通る大町大路(同:由比が浜通り、大町通り、名越道等)、さらにその南側(海側)には浜の大鳥居跡(旧一の鳥居)前で若宮大路と交差する車大路(同:琵琶小路、本興寺裏辻子等)があった。このため、かなり歪んだ形ではあるが、南北3本・東西3本の六大路により碁盤の目状の道路網が形成されていた。鎌倉 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉常秀

    千葉常秀から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    通称である「境」は千葉氏の本拠である千葉荘の外れにあった境川(現在の村田川)流域に拠点があったからとされ、後に下総国垣生荘及び上総国玉崎荘などを支配して玉崎荘の大柳館(現在の千葉県睦沢町)を拠点とし、更に千葉荘とは境川対岸の上総国市原郡にも進出することになる。元暦元年(1184年)に、祖父千葉常胤とともに源範頼の平氏追討軍に参加して周防・豊後を転戦、文治5年(1189年)の奥州合戦でも祖父とともに多賀城に入っている。建久元年(1190年)の源頼朝の上洛に従い、祖父の譲りによって左兵衛尉に任ぜられる。5年後の頼朝上洛にも随行して東大寺の大仏殿落成供養に随行している。正治2年(1200年)には、源頼家に供奉して鶴岡八幡宮に参詣する。建仁3年(1203年)には源親広とともに鎌倉中寺社奉行に任ぜられた。元久2年(1205年)の畠山重忠追討には北条義時に従って後陣に詰めた。承久元年(1219年)には源実朝右大臣就任の鶴岡八幡宮拝賀に供奉し、実朝暗殺事件に遭遇した。嘉禄元年(1225年)には小山朝政とともに従五位下下総守に任じられ、後に上総介に転じて嘉禎元年(1235年)の明王院の供養に際して九条頼経に供奉している。千葉常秀 フレッシュアイペディアより)

  • 巨福呂坂

    巨福呂坂から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    巨福呂坂(こぶくろざか)は、神奈川県鎌倉市に存在する切通しで鎌倉七口のひとつ。小袋坂とも書く。鶴岡八幡宮裏手の雪ノ下から山之内(現在のJR北鎌倉駅付近)を結ぶ道。巨福呂坂 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉国宝館

    鎌倉国宝館から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鎌倉国宝館(かまくらこくほうかん)は、神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮境内の東側にある市立博物館。大正12年の関東大震災により鎌倉の社寺の建造物や仏像などが大きな被害を受けたことから、災害から貴重な文化財を保護するため、昭和3年(1928年)に設立された。校倉風の本館建物は国の登録有形文化財に登録されている。敷地内に源実朝の歌碑がある。鎌倉国宝館 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
314件中 1 - 10件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード