422件中 91 - 100件表示
  • 大将棋

    大将棋から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    また、出土資料では、鶴岡八幡宮の鎌倉時代の出土品に「鳳凰」(裏が「奔王」)と書かれた駒が含まれている。大将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 立花鑑賢

    立花鑑賢から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    寛政元年7月8日(1789年8月28日)、柳河にて生まれる。父・鑑一は寛政元年8月11日(1789年9月29日)の立花鑑門の死去により、祖父・鑑通の嗣子となったが、寛政5年(1793年)に鑑通より先に早世した。その跡を幼少の鑑賢が継ぐわけにもいかず、家督は叔父で鑑一の弟・立花鑑寿が継いだ。寛政11年(1799年)9月28日、鑑寿の養嗣子となる。文化5年(1808年)、養父・鑑寿の娘と結婚する。そして鑑寿死後の文政3年(1820年)6月19日、家督を相続した。その後は藩政改革に取り組み、藩校である伝習院を創設する。さらに検見法を石見に改め、米札を発行し、さらに郷方仕組を制定する。また、農業の副業奨励、新田開発、有明海沿岸の埋め立てなどにも尽力している。幕府からも鶴岡八幡宮の普請手伝いを請け負っている。立花鑑賢 フレッシュアイペディアより)

  • 子安八幡神社

    子安八幡神社から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    当社の創建は康元元年(1256年、89代後深草天皇の御代)、当地の領主である池上宗仲が武蔵国の池上山(現在の池上本門寺内)に鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請したことに始まるとされる。その後、天正9年(1581年)には遷座の議により現在の地に転社したと伝えられている。子安八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 退耕行勇

    退耕行勇から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    退耕行勇は、初め密教を学び、そして鎌倉鶴岡八幡宮の供僧となり、鎌倉永福寺・大慈寺の別当を務めた。源頼朝・北条政子夫妻の帰依を受け、政子が出家・剃髪する際にはその戒師をつとめている。1217年には源実朝の正室である御台所坊門信子、1224年には北条義時継室伊賀の方も行勇の元で落飾した。1200年(正治2年)栄西が鎌倉に下向した際には、寿福寺で参禅しその門下に入った。博多の聖福寺の住持にもなった。退耕行勇 フレッシュアイペディアより)

  • 三善康信

    三善康信から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    元暦元年(1184年)4月、康信は頼朝から鎌倉に呼ばれ、鶴岡八幡宮の廻廊で対面し、鎌倉に住んで武家の政務の補佐をするよう依頼されると、これを承諾した(この時、中宮大夫属入道善信と呼ばれている)。同年10月には貴族の家政事務をつかさどる役所の名を取った「公文所」の建物が新築され、大江広元がその長官となり、康信は初代問注所執事(長官)として裁判事務の責任者となった。三善康信 フレッシュアイペディアより)

  • 若宮八幡宮 (常陸太田市)

    若宮八幡宮 (常陸太田市)から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    応永年間(1400年頃) 佐竹義仁が鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)より勧請して太田城内に祀り、守護神としたのが始まり。以来、佐竹氏の祈願所となった。佐竹氏は関ヶ原の戦いの後に秋田に転封となるが、その際に大館城の守護神として当神社の神霊を城中に奉持し、のちに城の東の大館八幡神社に祀り、転封の後でも守護神としていた。若宮八幡宮 (常陸太田市) フレッシュアイペディアより)

  • 二階堂行有

    二階堂行有から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    吾妻鏡の記述によれば、1258年までには検非違使となっていた。九条頼経、九条頼嗣、宗尊親王ら、京都から推戴された将軍に近習として仕え活躍し、鶴岡八幡宮の参詣、方違、放生会などに供奉人として参与した。頼嗣が将軍職を更迭され、京都へ帰還する際には路次奉行を勤めた。武芸にも堪能で、流鏑馬の射手や勝長寺院の寺門守護を担当した。1265年に引付衆、1270年には評定衆に列せられ、1272年には安堵奉行に任命されている。二階堂行有 フレッシュアイペディアより)

  • 美作朝親

    美作朝親から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    承元3年(1209年)12月、宿所を相対する御家人橘公業と妻女を巡った争論から合戦へと発展しかけ、将軍実朝の命によって駆け付けた北条時房の仲介により事を収めるという騒ぎがあった。建暦2年(1212年)には実朝の鶴岡八幡宮参拝に随行しているほか、建保元年(1213年)2月に設置された学問所番のうち二番の一人としてその名が見えている(『吾妻鏡』)。このように、実朝と関わりがあったことから、「朝」の字も実朝から与えられたものと推測される。美作朝親 フレッシュアイペディアより)

  • 河越経重

    河越経重から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    康元元年(1256年)6月、第6代将軍・宗尊親王の鶴岡八幡宮放生会供奉人に選ばれた記録が『吾妻鏡』初見に見られる。その後も将軍の寺社御参の先陣随兵を務め、文応元年(1260年)1月、芸能に秀でた御家人が選抜される将軍近習である昼番衆五番となる。弘長3年(1266年)7月に宗尊将軍が鎌倉を追放された際にも少数の供奉人の中に選ばれ、帰洛に従っている。河越経重 フレッシュアイペディアより)

  • 河越泰重

    河越泰重から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    仁治2年(1241年)8月25日、将軍・頼経の曼荼羅供の義に随兵として参列。仁治4年(1243年)7月17日、将軍の御共結番に選ばれる。寛元(1244年)6月13日、新将軍・藤原頼嗣の元服、御行始めの義で先陣の随兵一番を務める。同年8月15日、第5代将軍となった藤原頼嗣とその父で前将軍藤原頼経の鶴岡八幡宮放生会御参に先陣の随兵先頭を務める。河越泰重 フレッシュアイペディアより)

422件中 91 - 100件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード