422件中 101 - 110件表示
  • 金刺盛澄

    金刺盛澄から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    盛澄は頼朝の基に参上し、鶴岡八幡宮放生会で流鏑馬を披露した。この時頼朝は盛澄が騎乗する馬としてわざと暴れ馬を与えた上、盛澄が指定された八つの的を射抜くと、射抜いた的の破片、さらに的を立てかけた串を射抜くよう難題を押し付けてきたが、盛澄は見事に全て射抜いたため、赦免された。この時、景時が同じく捕縛された義仲の郎党達にも寛恕を施して欲しい、と頼朝に願い出て、その郎党達もまた助命されたという(「吾妻鏡」文治3年8月15日条)。金刺盛澄 フレッシュアイペディアより)

  • 北条有時

    北条有時から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    承久3年(1221年)の承久の乱では兄泰時に随伴して京都へ進撃する軍勢に参加した。将軍の近習、鶴岡八幡宮奉幣使などを歴任、仁治2年(1241年)、42歳の時に評定衆に選抜されるも、同年、辞任を申請するも受理されなかった。2年後の寛元元年(1243年)に病を理由に引退し、以降、文永7年(1270年)に71歳で没するまで出仕することはなかった。北条有時 フレッシュアイペディアより)

  • 北条忠時

    北条忠時から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    弘長3年(1263年)、椀飯の儀式に参列。宗尊親王の鶴岡八幡宮参詣に際し供奉を担当。建治3年(1277年)に従五位下、左近将監に叙位される。同年、北条貞時が元服した折、儀式で馬の牽引を担当した。弘安4年(1281年)、引付衆に補任される。同7年(1284年)死去。『続拾遺和歌集』に歌が一首採録されている。北条忠時 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮泰綱

    宇都宮泰綱から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1241年2月3日(仁治2年1月14日)? 頼経の鶴岡八幡宮参詣に供奉する。宇都宮泰綱 フレッシュアイペディアより)

  • 海野幸氏

    海野幸氏から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    御家人となった幸氏は、弓の名手として『吾妻鏡』に何度も登場する。早くも文治6年(1190年)には、頼朝の射手として鶴岡八幡宮の弓始めに金刺盛澄らと共に参加しており、建久2年(1191年)、頼朝が大壇那となって再建された善光寺の落慶に供奉し、建久4年(1193年)5月の頼朝による富士の巻狩では、藤沢二郎、望月三郎(重隆)、祢津二郎らとともに弓の名手と記述される。建久6年3月(1195年)の頼朝上洛の際は住吉大社での流鏑馬で東国の代表者として重隆と共に参加した。嘉禎3年(1237年)7月にも執権北条泰時の孫時頼に流鏑馬を指南、更に鶴岡八幡宮で騎射の技を披露し、周囲の者達から「弓馬の宗家」と讃えたと伝わっている。建仁元年(1201年)源頼家の御前での的始儀の射手に中野能成らと共に選ばれた。そして、当時の天下八名手の一に数えられ、武田信光・小笠原長清・望月重隆と並んで「弓馬四天王」と称された。海野幸氏 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪直性

    諏訪直性から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    時宗とは烏帽子親子関係を結び、また貞時の娘の乳母夫でもあったという縁故から鎌倉幕府内における影響力も高かった。正安元年(1299年)に侍所の職員、翌2年(1300年)には越訴奉行に任じられるほか、公文所奉行人、鶴岡八幡宮別当も歴任し幕府の枢機に参画する。徳治2年5月4日(1307年6月4日)、円覚寺での北条時宗忌日斎会では八番衆筆頭を務める。元亨3年10月26日(1323年11月25日)、9代執権北条貞時の十三回忌法要の折には、銭百貫と徳行品を調進している。正慶2年/元弘3年(1333年)、他の北条一門や被官と共に幕府の滅亡に殉じた。諏訪直性 フレッシュアイペディアより)

  • 南部実光

    南部実光から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    承久3年(1221年)の承久の乱では、武田信光、小笠原長清、小山朝長等と北条泰時の軍に加わり宇治川で戦っている。史料における初見としては、嘉禎4年(1238年)、4代将軍藤原頼経が上洛した際に随兵を務めたこと、建長4年(1252年)には、新たな将軍として迎えられた宗尊親王の鶴岡八幡宮参詣の供奉人を嫡男の時実と共に務めたことが『吾妻鏡』に記されている。南部実光 フレッシュアイペディアより)

  • 小山長村

    小山長村から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    『吾妻鏡』での初出は安貞2年(1228年)5月10日条で流鏑馬の射手を務めた記録で、弓矢に優れており、鶴岡馬場の儀式での射手も務めている。建長から弘長年間には、将軍・宗尊親王の鶴岡八幡宮参詣の供奉人を頻繁に務めている記録が見られる。建長2年(1250年)3月28日、祖父下野入道生西(小山朝政)の十三年忌供養を行う。同年12月28日、伊勢の守藤成以来、長村まで16代相伝した下野国大介職が大神宮雑掌の訴えによって改補されたが、長村の愁訴により、評議によって返却されるべきとされた。小山長村 フレッシュアイペディアより)

  • 平盛時 (御内人)

    平盛時 (御内人)から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    史料上の初見は安貞2年(1228年)10月15日、将軍藤原頼経に進上する馬を曳く記録である。その後も歴代執権の椀飯で馬を引く役目を務めている。嘉禎2年(1229年)、鶴岡八幡宮の弓始義で射手を務める。平盛時 (御内人) フレッシュアイペディアより)

  • 大井朝光

    大井朝光から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    承久元年(1219年)正月27日、実朝が鶴岡八幡宮に拝賀参詣した時、道中の随兵となった(この日、実朝は公暁に暗殺された)。7月、4代将軍藤原頼経に拝謁した。大井朝光 フレッシュアイペディアより)

422件中 101 - 110件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード