314件中 101 - 110件表示
  • 北条宗政

    北条宗政から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    公的な活動は正元2年(1260年)正月11日、8歳で将軍宗尊親王の鶴岡八幡宮参詣に供奉した記録からである。文永2年(1265年)4月、13歳で右近衛将監に任じ、小侍所別当を務める。同年に北条政村の娘と結婚。北条宗政 フレッシュアイペディアより)

  • 長井時広

    長井時広から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    建保7年1月27日(1219年2月13日)に鶴岡八幡宮にて実朝が暗殺されると出家。承久3年(1221年)の承久の乱で、兄の大江親広が後鳥羽上皇方に加わって失脚したため、大江氏の惣領として認められ。後に備後国守護職となる。嘉禎4年/暦仁元年(1238年)に所領であった米沢の地に米沢城を築いたとも言われる。長井時広 フレッシュアイペディアより)

  • 得河義秀

    得河義秀から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    『吾妻鏡』の記述では、得河義秀は源頼朝の上洛の際に、新田義兼や山名義範らと共に頼朝に2度ほども同伴したと記されている。また文治4年(1188年)正月20日、頼朝の伊豆・箱根・三島神社の参詣に得河三郎義秀が同伴し、文治5年(1189年年)6月9日、頼朝の鶴岡八幡宮参拝にも得河三郎が同伴している。建久2年(1191年)2月4日、および建久6年(1195年)3月10日の件には、得河三郎と同一人物とされる「新田三郎」の事項が記載されている。通説では「義秀」を「義季」の誤記または別名とする。得河義秀 フレッシュアイペディアより)

  • 和知八幡神社

    和知八幡神社から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    『芸藩通志』によれば、鎌倉時代の承元年間(1207年-1211年)に和知村の古城山城城主広沢与三実方が鎌倉鶴岡八幡宮より勧請したと伝わるという。実方は平安時代末の藤戸合戦における功績に因り建久3年(1192年)7月に備後国三谿郡の中、12郷を与えられて所領としたというが、そこには和知村は含まれていなかったと見られるので、実際には実方の孫の実村かその息実成の時代に勧請されたものと思われる。因みに実成は父実村の所領を兄である実綱と中分して和知庄を領した事から和知(智)氏を称し、また、乾元元年(1302年)に安芸国厳島神社を詣でた後深草院二条はその帰路、同年末に実成の居館に寄寓したが、その後兄実綱の居館に移った事が原因で実成兄弟があわや合戦という事態となり、彼女の知人で両人の「伯父」(実は従兄弟)に当たる広沢氏の惣領、行実の仲裁で事なきを得ている。和知八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • かながわの花の名所100選

    かながわの花の名所100選から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下、ボタン)かながわの花の名所100選 フレッシュアイペディアより)

  • 団体専用列車

    団体専用列車から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    各地の団体初詣客を、神社・仏閣などの最寄駅まで輸送するもの。このうち高尾山薬王院有喜寺への初詣客を高尾駅に輸送するものを「高尾臨」、成田山新勝寺への初詣客を成田駅に輸送するものを「成田臨」、鎌倉の鶴岡八幡宮などへの初詣客を鎌倉駅へ輸送するものを「鎌倉臨」と呼ぶ。専用列車の設定が多く、その使用車両にバラエティーがあるのが特色。やはりJR支社主催旅行の形で募集される。団体専用列車 フレッシュアイペディアより)

  • 岩倉宮忠成王

    岩倉宮忠成王から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    仁治3年(1242年)正月9日四条天皇が崩御するが、僅か12歳での崩御であったことから皇太子が定まっていなかった。忠成王は土御門天皇の皇子・邦仁王とともに皇嗣候補として名が挙がり、忠成王には縁戚の九条道家が、邦仁王には土御門定通が付いて、それぞれ幕府に働き掛けを行った。鎌倉幕府執権の北条泰時は順徳天皇の皇子である忠成王の即位に難色を示し、一時は軍事介入を仄めかしながら、鶴岡八幡宮の神意であるとして、同じく後鳥羽天皇の孫にあたる邦仁王を推した。結局、同年の3月18日に邦仁王(後嵯峨天皇)が即位した。岩倉宮忠成王 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡淑子

    鶴岡淑子から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    映画撮影のため、麗子役の女優を探していた三島由紀夫と、藤井浩明の紹介により1965年(昭和40年)2月18日、ホテルニュージャパンで面会。相手役に抜擢された。三島は、「彼女のナイーヴな外見や態度に、求めてゐたものが得られたと感じた」とその印象を語っている。芸名は鶴岡八幡宮より採られた。三島曰く、鶴岡八幡宮の古風で典雅なイメージを含め、淑子という名で彼女の性格を象徴して、日本女性の美しさを強調したかったからだという。鶴岡淑子 フレッシュアイペディアより)

  • 熊野の清水

    熊野の清水から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    室町時代になってから、鶴岡八幡宮の社領となり、「鶴岡事書日記」によると八幡宮直営の湯治場として栄えたことが記されている。このため、当時の地区の名前は「湯谷」と呼ばれていたことから「ゆやのしみず」と呼ばれている。熊野の清水 フレッシュアイペディアより)

  • 円覚寺庭園

    円覚寺庭園から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    前庭は横須賀線や県道21号が通って旧形を損じ、方形の広場は痕跡をとどめないが、円覚寺総門の手前の線路を隔てた踏切の向かい側には「白鷺池(びゃくろち)」と称する左右相対の方形の池が広がり、両池にかかる石橋「降魔橋」が現存して、総門に通じている。白鷺池はその半分近くが埋められてしまったが、春にはサクラ、秋には紅葉など四季折々の自然の情景が池の周囲を飾っている。なお、「白鷺池」の名前は、円覚寺開山無学祖元が宋より鎌倉入りした際に、鶴岡八幡宮の神使がシラサギに身を変えて案内したという伝承に由来する。円覚寺庭園 フレッシュアイペディアより)

314件中 101 - 110件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード