422件中 111 - 120件表示
  • 千葉頼胤

    千葉頼胤から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    前述まではまだ幼少の時期と言える段階であるため、幼名の亀若丸を名乗っていたものとみられるが、元服後の「頼胤」の名が初めて史料上に現れるのは、『吾妻鏡』に建長5年(1253年)に開催された鶴岡八幡宮放生会の参列者の中での後陣の供奉の一人として挙げられている「千葉介頼胤」の記述であり、この時までに当時の北条氏得宗家当主・鎌倉幕府第5代執権であった北条時頼の偏諱を受けて名乗ったものとみられる。千葉頼胤 フレッシュアイペディアより)

  • 東胤頼

    東胤頼から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    文治2年(1186年)の正月、頼朝が鶴岡八幡宮に参拝した際に、宮の庭上に着座した供奉人の中で胤頼が父である常胤のほぼ真正面の位置に座したことが、子が父に対して公の場で正対して座すると言う同格の振舞を行ったとして秩序の逸脱であるとして、直後の埦飯の席で御家人の間で問題視された。これに対して頼朝は、大番役の際に胤頼が叙された位は貴族とされ昇殿を許されるとされる従五位下であり、これは父常胤の位の正六位上とは歴然とした違いがある。また上西門院に仕えることでは同じであり、「官位は朝廷より賜った物であるので、これに従う事」として、御家人の座次は父子の秩序よりも官位の秩序を優先させる方針を説明した。胤頼が父より高位を贈られた理由として、和歌などの文芸に通じていたともされ、後に東氏は歌道において古今伝授を行いうる地位を確立するが、その源流がここに見て取れる。東胤頼 フレッシュアイペディアより)

  • 平岡実俊

    平岡実俊から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    建長6年(1254年)、実俊が千葉頼胤に宛てた、鶴岡八幡宮の行事で流鏑馬の射手を担当することを催促する趣旨の奉書が現存しており、史料として貴重視されている。平岡実俊 フレッシュアイペディアより)

  • 摂津親鑑

    摂津親鑑から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1315年(正和4年):5月、問注所執事であった太田時連の補佐となる。6月、鶴岡八幡宮(同年3月8日夜に焼失)造営(=若宮事始)の大奉行。摂津親鑑 フレッシュアイペディアより)

  • 尾藤時綱

    尾藤時綱から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    応長2年/正和元年(1312年)、鶴岡八幡宮での評定衆に任じられると八幡宮別当や供僧の事務を統括する。元亨3年10月26日(1323年11月25日)、円覚寺で行われた9代執権北条貞時の十三回忌供養では一品経の阿弥陀経や砂金50両等を調達した。尾藤時綱 フレッシュアイペディアより)

  • 春日部八幡神社

    春日部八幡神社から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    創建年度は不詳。一説には元弘年間(1331年から1334年)に、新田義貞の武将、春日部治部少輔時賢(かすかべじぶしょうゆときかた)が鶴岡八幡宮から勧請したことが始まりと伝えられている。そのため、春日部八幡神社では武内宿禰命が祭られており、また特徴となっている。春日部八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 足利持仲

    足利持仲から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    応永23年(1416年)上杉禅秀に擁せられ、養父・満隆と共に持氏に反乱し(上杉禅秀の乱)、持氏を追放して一時的に鎌倉を配下に収めるが、室町幕府の後援による持氏の攻撃に遭い負け、鶴岡八幡宮雪ノ下の坊で自殺した。足利持仲 フレッシュアイペディアより)

  • 平為盛

    平為盛から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    『愚管抄』では、為盛は都落ちに際して父・頼盛の使者を務めたと記述されており、平家滅亡後の元暦元年(1185年)9月、従四位上に叙され、建保6年(1218年)には、将軍源実朝の左近衛大将任官に際し、鎌倉に下向し、鶴岡八幡宮拝賀に付き従っている。平為盛 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎義実

    岡崎義実から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    文治4年(1188年))8月、義実は相模国波多野本庄北方(神奈川県秦野市)の所領を巡って波多野義景と訴訟になり、義実は敗訴し、罰として鶴岡八幡宮と勝長寿院での100日間の宿直を命じられた。結局、この罪は翌9月に義実の郎党が箱根山で山賊の字王藤次を捕らえたことで許されている。岡崎義実 フレッシュアイペディアより)

  • 歌川豊広

    歌川豊広から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    「頼朝一代絵巻」 絹本着色一巻 鶴岡八幡宮所蔵歌川豊広 フレッシュアイペディアより)

422件中 111 - 120件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード