314件中 11 - 20件表示
  • 神奈川県道21号横浜鎌倉線

    神奈川県道21号横浜鎌倉線から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    300mほど下ってすぐ大きく右へカーブすると、左手は鶴岡八幡宮の境内である。外堀に沿って300mほど先を左にほぼ直角に折れると、八幡宮前(はちまんぐうまえ)交差点となる。ここを先頭に、渋滞が巨福呂坂洞門付近まで延びていることが多い。神奈川県道21号横浜鎌倉線 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮辻子

    宇都宮辻子から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    宇都宮辻子は、鎌倉時代に鎌倉の鶴岡八幡宮から由比ヶ浜(相模湾)に向かって南北に延びる若宮大路の二の鳥居のすぐ南側(現住所では鎌倉市小町二丁目付近)にあった小道(辻子)で、若宮大路とその東側の小町大路の間を東西に結んでいた。下野国宇都宮社の神職で、平安時代末期に京で左衛門尉を務めるなど鎌倉幕府の有力御家人となった宇都宮朝綱ら宇都宮氏の鎌倉の居館がこの界隈にあったことからこの名で呼ばれた。鎌倉幕府(政庁)は第3代執権北条泰時によってそれまでの大倉から宇都宮辻子に南面する北側の地に移転され、宇都宮辻子幕府と呼ばれた。現在は宇都宮辻子幕府跡に宇都宮稲荷神社が鎮座しその面影を残す。宇都宮辻子 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀線

    横須賀線から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    大船駅から先は本来の横須賀線区間となり、三浦半島をおおむね南東方向へ進む。大船駅を出ると根岸線からの連絡線が合流し、鎌倉車両センターへの引込線が分かれる。湘南モノレールをくぐると、かつて2006年(平成18年)に廃止されたJR東日本の車両工場である鎌倉総合車両センター(大船工場)への引込線が分かれていた。円覚寺付近にある北鎌倉駅を過ぎると、沿線には鎌倉の寺院が点在する。次は鶴岡八幡宮最寄り駅の鎌倉駅で、江ノ島電鉄線も接続している。同駅付近は盆地となっており、前後をトンネルで抜ける。左へカーブして東へ進路を変えると逗子駅。同駅は横須賀線の運行拠点のひとつとなっているほか、京急逗子線の新逗子駅が近接しており、同線沿線にある総合車両製作所(旧東急車輛製造)からの車両輸送用の専用線が横須賀線から分岐している。また駅から1kmほど南西に逗子海岸がある。横須賀線 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉文化

    鎌倉文化から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    いずれも称名寺所蔵で絹本著色。「四将像」の名で伝世した肖像画として、文化史的にも価値が高い。画像の製作時期はいずれも像主の生存年代に近い。4像とも国宝である。附(つけたり)指定された顕弁像は貞顕の兄に当たり、鶴岡八幡宮の別当として僧正となった人物である。鎌倉文化 フレッシュアイペディアより)

  • 野木宮合戦

    野木宮合戦から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    20日、志田義広は鎌倉を攻める兵を挙げ、30000余騎を率い下野国・野木宮へと到る。源頼朝は下河辺行平と小山朝政に対応を託し、小山朝政の弟長沼宗政と従兄弟関政平は、朝政を助けるため鎌倉を発し下野国に向かった。関政平はその途路で志田義広の軍に加わり、源頼朝は翌日から鶴岡八幡宮で東西の戦いの静謐を祈り始める。野木宮合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 草燃える

    草燃えるから見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    善哉は、都で僧侶としての修行を積み、公暁と名を改めて鎌倉に帰ってきた。孫の成長を政子は大いに喜ぶが、頼家の血筋を嫌う北条の下では将軍後継者になる可能性はなく、鶴岡八幡宮別当の役目を当てがわれる。公暁はこれに不満を持つが、いずれ自らを押し立てて打倒北条を果たすことを狙っていた三浦義村の薦めにより一旦同意する。公暁は仏事の勤めもそこそこに、武芸の鍛錬と、三浦氏の若君・駒若丸との同性愛にうつつを抜かす。草燃える フレッシュアイペディアより)

  • 古河宿

    古河宿から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    八幡神社(北新町): 古河公方・足利成氏が鎌倉の鶴岡八幡宮を城内・諏訪曲輪の地に勧請したのに始まるとされる。「諏訪八幡神社」とも呼ばれる。寛永13年(1636年)、城の拡張のため現在地に移転。現在も市内本町(北新町)にある。古河宿 フレッシュアイペディアより)

  • 2月13日

    2月13日から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1219年 (建保7年1月27日)- 鎌倉幕府第3代将軍の源実朝が鶴岡八幡宮で甥の公暁により暗殺。公暁も即日殺害される。2月13日 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

     浅草寺の文献上の初見は鎌倉時代の『吾妻鏡』である。同書によれば、治承5年(1181年)、鎌倉の鶴岡八幡宮造営に際し、浅草から宮大工を呼び寄せている。また、建久3年(1192年)、鎌倉の勝長寿院で後白河法皇の四十九日法要が営まれた際、浅草寺の僧が参加している。後深草院二条の『とはずがたり』には、彼女が正応3年(1290年)浅草寺に参詣した時の様子が描写されている。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 流鏑馬

    流鏑馬から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    『吾妻鏡』には源頼朝が西行に流鏑馬の教えを受け復活させたと記されている。鎌倉時代には「秀郷流」と呼ばれる技法も存在し、武士の嗜みとして、また幕府の行事に組み込まれたことも含めて盛んに稽古・実演された。北条時宗の執権時代までに、鶴岡八幡宮では47回の流鏑馬が納められたとされる。だが、しかし、個人の武勇に頼っていた時代から、兵法や兵器が進化して足軽や鉄砲による集団戦闘の時代である室町時代・安土桃山時代と、時を経るに従い、一時廃れた。流鏑馬 フレッシュアイペディアより)

314件中 11 - 20件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード

  • 九州電力川内原子力発電所1号機

  • ちゃんぽん亭総本家

  • ちゃんぽん亭総本家アラモアナショッピングセンター店(ハワイ州ホノルル)