422件中 11 - 20件表示
  • 古河宿

    古河宿から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    八幡神社(北新町): 古河公方・足利成氏が鎌倉の鶴岡八幡宮を城内・諏訪曲輪の地に勧請したのに始まるとされる。「諏訪八幡神社」とも呼ばれる。寛永13年(1636年)、城の拡張のため現在地に移転。現在も市内本町(北新町)にある。古河宿 フレッシュアイペディアより)

  • 若宮大路

    若宮大路から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    若宮大路(わかみやおおじ)は、神奈川県鎌倉市の由比ヶ浜(滑川交差点)から鶴岡八幡宮に通じる参道であり、同市の目抜き通りの一つ。若宮大路 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉常秀

    千葉常秀から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    建久元年(1190年)の源頼朝の上洛に従い、祖父の譲りによって左兵衛尉に任ぜられる。5年後の頼朝上洛にも随行して東大寺の大仏殿落成供養に随行している。正治2年(1200年)には、源頼家に供奉して鶴岡八幡宮に参詣する。建仁3年(1203年)には源親広とともに鎌倉中寺社奉行に任ぜられた。元久2年(1205年)の畠山重忠の乱には北条義時に従って後陣に詰めた。千葉常秀 フレッシュアイペディアより)

  • 浄光明寺

    浄光明寺から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    往時は10近い子院があったが、江戸時代に入ると伽藍は荒廃、本堂さえ失われる状態であったという。寛文8年(1668年)、僧侶の勧進、鶴岡八幡宮寺相承院元喬僧都の援助などを得て仏殿を再興、法灯は保たれた。子院に関しては、幕末には慈恩院を残すのみであったという。慈恩院は、足利直義が自ら殺害させた護良親王の鎮魂のために建立したもので、浄光明寺に現存する地蔵菩薩像(通称矢拾地蔵)は慈恩院に伝わったものという。浄光明寺 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮辻子

    宇都宮辻子から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    宇都宮辻子は、鎌倉時代に鎌倉の鶴岡八幡宮から由比ヶ浜(相模湾)に向かって南北に延びる若宮大路の二の鳥居のすぐ南側(現住所では鎌倉市小町二丁目付近)にあった小道(辻子)で、若宮大路とその東側の小町大路の間を東西に結んでいた。下野国宇都宮社の神職で、平安時代末期に京で左衛門尉を務めるなど鎌倉幕府の有力御家人となった宇都宮朝綱ら宇都宮氏の鎌倉の居館がこの界隈にあったことからこの名で呼ばれた。鎌倉幕府(政庁)は第3代執権北条泰時によってそれまでの大倉から宇都宮辻子に南面する北側の地に移転され、宇都宮辻子幕府と呼ばれた。現在は宇都宮辻子幕府跡に宇都宮稲荷神社が鎮座しその面影を残す。宇都宮辻子 フレッシュアイペディアより)

  • 大内惟義

    大内惟義から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    正治元年(1199年)、頼朝が死去した直後に起こった三左衛門事件では、首謀者の後藤基清らを拘束して院に引き渡した(『明月記』2月14日条)。正治2年(1200年)正月6日、鎌倉で椀飯の沙汰人を務めるが、同月24日には京都で梶原景時与党の追捕を命じられ、2月26日には2代将軍・源頼家の鶴岡八幡宮参詣に御後筆頭として随行するなど、京都と鎌倉を頻繁に往復していた様子がうかがえる。『吾妻鏡』ではその後しばらく所見しなくなり、建暦2年(1212年)3月20日、在京奉公の労により地頭職を拝領したとあるので、在京して鎌倉と京の連絡役を務めていたと思われる。この間の元久2年(1205年)の牧氏事件では北条時政により新将軍に担がれた異母弟の平賀朝雅が北条義時の命により誅殺されているが、惟義は事件に連座せず朝雅が有していた伊勢・伊賀守護を引き継いだ。なお『吾妻鏡』建暦2年(1212年)7月7日条には「駿河前司惟義」とあり、これ以前に相模守から駿河守に遷任していた。建保元年(1213年)8月の3代将軍・源実朝の移徙では、執権・北条義時の次位として随行している。大内惟義 フレッシュアイペディアより)

  • 野木宮合戦

    野木宮合戦から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    20日、志田義広は鎌倉を攻める兵を挙げ、30000余騎を率い下野国・野木宮へと到る。源頼朝は下河辺行平と小山朝政に対応を託し、小山朝政の弟長沼宗政と従兄弟関政平は、朝政を助けるため鎌倉を発し下野国に向かった。関政平はその途路で志田義広の軍に加わり、源頼朝は翌日から鶴岡八幡宮で東西の戦いの静謐を祈り始める。野木宮合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 巨福呂坂

    巨福呂坂から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    巨福呂坂(こぶくろざか)は、神奈川県鎌倉市に存在する切通しで鎌倉七口のひとつ。小袋坂とも書く。鶴岡八幡宮裏手の雪ノ下から山之内(現在のJR北鎌倉駅付近)を結ぶ道。巨福呂坂 フレッシュアイペディアより)

  • 静御前

    静御前から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    同年4月8日、静は頼朝に鶴岡八幡宮社前で白拍子の舞を命じられた。静は、静御前 フレッシュアイペディアより)

  • 東慶寺

    東慶寺から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    金沢区富岡の慶珊寺に明治維新後の廃仏毀釈で鎌倉の鶴岡八幡宮十二坊より移された十一面観音があり、胎内の銘文により1332年(正慶元年)の仏師院誉作と判明しているが、これと極めて良く似ている。東慶寺 フレッシュアイペディアより)

422件中 11 - 20件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード