422件中 21 - 30件表示
  • 鎌倉けしや闇絵巻

    鎌倉けしや闇絵巻から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    第12話「残心のススキ野」で悲しい夢に魘され、泣き濡れながら目が覚めるという繰り返しで不眠症に陥る女子高生。菜乃葉と同じ高校の生徒。弓道部の部員。中学まで埼玉県で暮らしていたが、高校の時に鎌倉に引っ越した。夏休みに遊びに来た東京の友人を鶴岡八幡宮・源頼朝のお墓・鎌倉宮・瑞泉寺・永福寺跡の公園を通って杉本寺と案内して以降、謎の夢に悩まされていた。前世で結婚して3日目で出征する夫を待ち続けた女性だったが、夫は帰ることはなかった。しかし、転生した夫に再会した。鎌倉けしや闇絵巻 フレッシュアイペディアより)

  • 愛染明王

    愛染明王から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    愛染明王堂(静岡県下田市) - 鶴岡八幡宮寺旧蔵、伝・仏師運慶の作。愛染明王 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡神

    八幡神から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    源頼朝が鎌倉幕府を開くと、八幡神を鎌倉へ迎えて鶴岡八幡宮とし、御家人たちも武家の守護神として自分の領内に勧請した。それ以降も、武神として多くの武将が崇敬した。また室町幕府が樹立されると、足利将軍家は足利公方家ともども源氏復興の主旨から、歴代の武家政権のなかでも最も熱心に八幡信仰を押し進めた。八幡神 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉国宝館

    鎌倉国宝館から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鎌倉国宝館(かまくらこくほうかん)は、神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮境内の東側にある市立博物館である。鎌倉国宝館 フレッシュアイペディアより)

  • 2月13日

    2月13日から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1219年 (建保7年1月27日) - 鎌倉幕府第3代将軍の源実朝が鶴岡八幡宮で甥の公暁により暗殺。公暁も即日殺害される。2月13日 フレッシュアイペディアより)

  • やぐら

    やぐらから見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    神武寺の弥勒やぐらに安山岩製の弥勒菩薩座像があるが、その背面に「大唐高麗舞師 本朝神楽博士 従五位上行 左近将監 中原朝臣光氏(行年七十三)」とある。この中原光氏は『吾妻鏡』などにも登場する楽人で、鶴岡八幡宮の木造弁才天坐像(裸形着装像、重要文化財)の寄進者である。やぐら フレッシュアイペディアより)

  • イチョウ

    イチョウから見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    その後、仏教寺院などに盛んに植えられ、日本にも薬種として伝来したと見られるが、年代には諸説ある。果実・種子として銀杏(イチャウ)が記載される確実な記録は、室町時代(15世紀)後期の『新撰類聚往来』以降で、鶴岡八幡宮の大銀杏や、新安海底遺物(1323年に当時の元の寧波から日本の博多に航行中に沈没した難破船)からの発見については疑問もある。イチョウ フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    浅草寺の文献上の初見は鎌倉時代の『吾妻鏡』である。同書によれば、治承5年(1181年)、鎌倉の鶴岡八幡宮造営に際し、浅草から宮大工を呼び寄せている。また、建久3年(1192年)、鎌倉の勝長寿院で後白河法皇の四十九日法要が営まれた際、浅草寺の僧が参加している。後深草院二条の『とはずがたり』には、彼女が正応3年(1290年)浅草寺に参詣した時の様子が描写されている。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡宮

    八幡宮から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    近代社格制度においては宇佐神宮、石清水八幡宮、筥崎宮、鹿児島神宮の四社が官幣大社の社格に列し、特に宇佐神宮、石清水八幡宮、筥崎宮(※また近年は筥崎宮に代えて、鶴岡八幡宮)の三社が日本三大八幡宮とされる。八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 流鏑馬

    流鏑馬から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    『吾妻鏡』には源頼朝が西行に流鏑馬の教えを受け復活させたと記されている。鎌倉時代には「秀郷流」と呼ばれる技法も存在し、武士の嗜みとして、また幕府の行事に組み込まれたことも含めて盛んに稽古・実演された。北条時宗の執権時代までに、鶴岡八幡宮では47回の流鏑馬が納められたとされる。だが、しかし、個人の武勇に頼っていた時代から、兵法や兵器が進化して足軽や鉄砲による集団戦闘の時代である室町時代・安土桃山時代と、時を経るに従い、一時廃れた。流鏑馬 フレッシュアイペディアより)

422件中 21 - 30件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード