314件中 21 - 30件表示
  • 北条氏綱

    北条氏綱から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    翌大永5年(1524年)2月に氏綱は和睦を破って岩付城を奪還するが、朝興は山内上杉憲房・憲寛父子との連携のもとで逆襲を行い、大永5年から大永6年(1525年)にかけて武蔵の諸城を奪い返し、相模国玉縄城にまで迫った。朝興は関東管領山内上杉家、古河公方、甲斐の武田信虎のみならず、早雲時代には後北条氏と友好関係にあった上総国の真里谷武田氏、小弓公方そして安房国の里見氏とも手を結んで包囲網を形成し、氏綱は四面楚歌に陥った。同年5月には里見氏の軍勢が鎌倉を襲撃し、鶴岡八幡宮が焼失している。享禄3年(1530年)に嫡男・氏康が朝興方の軍勢と多摩川河原の小沢原で戦い、これに大勝したものの、享禄4年(1531年)には朝興に岩付城を奪回されている。北条氏綱 フレッシュアイペディアより)

  • 愛染明王

    愛染明王から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    愛染明王堂(静岡県下田市) - 鶴岡八幡宮寺旧蔵、伝・仏師運慶の作。愛染明王 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉市

    鎌倉市から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1928年(昭和3年)の鎌倉山の分譲を嚆矢に、1930年(昭和5年)の横須賀線列車の電車化以降、戦前・戦後を通じて大規模な住宅開発が行われるようになり、東京近郊のベッドタウンとしての性格が強くなっていった。とりわけ、高度経済成長期の大規模開発の波は「昭和の鎌倉攻め」とも形容される。この時期に起こった鶴岡八幡宮裏の「御谷」開発中止を求める、作家大佛次郎を中心とした市民運動は、古都保存法制定の契機となり、異論はあるが日本におけるナショナル・トラスト運動の嚆矢ともいわれている。鎌倉市 フレッシュアイペディアより)

  • 義経 (NHK大河ドラマ)

    義経 (NHK大河ドラマ)から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    メインディレクター・黛りんたろうの独特の美学に基づいた演出は、「時代絵巻」ともいえる美しい映像表現を生み出した。五条の大橋、壇ノ浦の戦い、鶴岡八幡宮での舞といった物語のクライマックスとなる場面において、それぞれ桜、金粉、紅葉を大量に撒き散らす大胆な演出を試みている。最終回での「義経が自害した後、持仏堂の屋根から“白く輝く光”が噴き出す」という演出は脚本の金子成人との打ち合わせで生まれた。義経 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 八幡神

    八幡神から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    源頼朝が鎌倉幕府を開くと、八幡神を鎌倉へ迎えて鶴岡八幡宮とし、御家人たちも武家の主護神として自分の領内に勧請した。それ以降も、武神として多くの武将が崇敬した。また室町幕府が樹立されると、足利将軍家は足利公方家ともども源氏復興の主旨から、歴代の武家政権のなかでも最も熱心に八幡信仰を押し進めた。八幡神 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤伝鬼房

    斎藤伝鬼房から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    通説では、天正9年(1581年)11月、伝鬼31歳のとき、鎌倉の鶴岡八幡宮で参籠中に修験者と出会い、ともに術について語り合い、実際に試合して吟味などするうちに一夜が明けた。伝鬼が修験者の刀術、流名を尋ねると、修験者は黙って太陽を指さして立ち去った。このことから、覚えた秘剣に「天流」と名付けたという。斎藤伝鬼房 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉八幡宮

    鎌倉八幡宮から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鎌倉八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐貫広綱

    佐貫広綱から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    治承4年(1180年)5月、以仁王の挙兵にあたり、平家方の同族である足利忠綱の軍勢に属して以仁王・源頼政の追討に加わり、『平家物語』「橋合戦」に名が見られる。その後、源頼朝に臣従して鎌倉の御家人となり、養和元年(1181年)7月20日、鶴岡八幡宮宝殿上棟式典で源義経・畠山重忠と共に大工に賜る馬を引いている。佐貫広綱 フレッシュアイペディアより)

  • 仙波氏

    仙波氏から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    応安元年(1368年)の武蔵平一揆では他の村山党諸氏と同じく河越氏に従って挙兵するも敗北、仙波氏も衰退する。その後は仙波二郎のように室町幕府に仕え、享徳の乱以降は扇谷上杉氏に従うが河越夜戦で上杉氏が衰退すると後北条氏の家臣となる。仙波久種は鶴岡八幡宮造営奉行に任命され、その子・仙波次種は北条氏政に仕えた。以降、相模国や伊豆国に知行を得、江戸時代の旗本の仙波氏の家系が生まれた。仙波氏 フレッシュアイペディアより)

  • 笠原信為

    笠原信為から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    北条早雲、氏綱、氏康の3代にわたって仕えた宿老で、伊豆21家の筆頭格であり北条氏綱の時代には五家老を務め配下の小机衆を率いて、重用された。里見義豊によって鶴岡八幡宮が焼き討ちを受けたため、その再建のために造営総奉行を命じられると、同じく奉行の大道寺盛昌とともに普請にあたっている。また享禄2年(1529年)、早雲寺殿(北条早雲)の御茶湯料として熊野堂5貫文を雲松院に寄進している。笠原信為 フレッシュアイペディアより)

314件中 21 - 30件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード

  • 九州電力川内原子力発電所1号機

  • ちゃんぽん亭総本家

  • ちゃんぽん亭総本家アラモアナショッピングセンター店(ハワイ州ホノルル)