314件中 31 - 40件表示
  • 河越泰重

    河越泰重から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    仁治2年(1241年)8月25日、将軍頼経の曼荼羅供の義に随兵として参列。仁治4年(1243年)7月17日、将軍の御共結番に選ばれる。寛元(1244年)6月13日、新将軍藤原頼嗣の元服、御行始めの義で先陣の随兵一番を務める。同年8月15日、5代将軍となった藤原頼嗣とその父で前将軍藤原頼経の鶴岡八幡宮放生会御参に先陣の随兵先頭を務める。河越泰重 フレッシュアイペディアより)

  • 永福寺跡

    永福寺跡から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    永福寺跡(ようふくじあと)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある史跡。永福寺は鎌倉時代初期、源頼朝が中尊寺の二階大堂、大長寿院を模して建立した寺院で、鶴岡八幡宮、勝長寿院とならんで当時の鎌倉の三大寺社の一つであった。二階建てであった事から二階堂とも称された。現在、永福寺跡周辺が「二階堂」と呼ばれているのも、この建物が由来となっている。昭和58年(1983年)から開始された調査で翼廊などが発見され、国の指定史跡となった。永福寺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 車大路

    車大路から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    若宮大路との四つ角北側の東西両サイドの歩道で、近年の道路工事の際に室町時代の鶴岡八幡宮「一の鳥居」(浜の大鳥居)と推定される木造柱根が発掘されている。現在も残る江戸前期の石造「一の鳥居」より約200メートル北(山)側になるが、ここを「車大路」が通っていた傍証とされる。車大路 フレッシュアイペディアより)

  • 豊島有経

    豊島有経から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    文治5年(1189年)の頼朝の鶴岡八幡宮供養に供奉。豊島有経 フレッシュアイペディアより)

  • 豊島屋 (製菓業)

    豊島屋 (製菓業)から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    株式会社豊島屋(としまや)は、神奈川県鎌倉市にある老舗菓子店。鶴岡八幡宮の参道脇の本店をはじめ、鎌倉市・逗子市に6店舗の直営店を有する。主力商品である鳩サブレーは神奈川県を代表する銘菓として有名。なお、東京都千代田区にある酒類醸造販売業の豊島屋本店、長野県岡谷市にある醸造業の豊島屋との関連はない。豊島屋 (製菓業) フレッシュアイペディアより)

  • 大道寺周勝

    大道寺周勝から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    河越夜戦の後、河越城の城代となった父・大道寺盛昌に代わって鎌倉代官となり、父の死後に河越城代となる。鎌倉の寺社領の検地を行うとともにその再建にも尽くした。天文23年(1553年)の武田信玄による駿河侵攻に対して北条氏康が北条氏繁・松田憲秀・大道寺周勝らをつれて今川義元の救援に駆けつけている。永禄元年(1558年)に行われた古河公方足利義氏の鶴岡八幡宮参詣の際にこれを迎える準備を行っている。大道寺周勝 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆山権現

    伊豆山権現から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    台密・東密の影響が大きく、多くの修験者が伊豆山(走湯山)に入山して関東の修験霊場として栄えた。伊豆山権現は箱根権現と合わせて二所権現と呼ばれ、鎌倉時代には鶴岡八幡宮に次いで関東武士の信仰を集めた。天正18年(1590年)豊臣秀吉の小田原の役で伊豆山権現と神宮寺の密厳院は焼亡したが、文禄3年(1594年)から慶長17年(1612年)にかけて徳川家康は高野山から快運を招聘し、神宮寺に走湯山般若院の称号を与えて伊豆山三所権現を復興した。これにより江戸時代の伊豆山は12の僧坊と7つの修験坊を有するなど繁栄を取り戻した。また走湯山般若院は真言宗伊豆派(当時)の本山として関東一円に大きな勢力を誇った。伊豆山権現 フレッシュアイペディアより)

  • 青蓮寺 (鎌倉市)

    青蓮寺 (鎌倉市)から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    本尊は鎌倉時代作の木造弘法大師坐像で、国の重要文化財に指定されている。この木像は両膝等の関節が鎖によって結ばれ、動かすことのできる珍しい仏像で、俗に鎖大師とも呼ばれる。秘仏で毎年大晦日を初め年に5回開帳されている。この大師像はもともと、鶴岡八幡宮にあったが、明治に起きた廃仏毀釈のあおりを受けこの寺へ移され今に至っている。青蓮寺 (鎌倉市) フレッシュアイペディアより)

  • 波多野有常

    波多野有常から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    7年後の文治4年(1188年)4月3日、鶴岡八幡宮での流鏑馬に召されて優れた技量を見せ、頼朝から賞賛を受けて父の遺領中で随一の一村(松田郷)を与えられた。波多野有常 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮の戦い

    鶴岡八幡宮の戦いから見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮の戦い(つるがおかはちまんぐうのたたかい)とは、大永6年11月12日(1526年12月15日)に相模国の北条氏綱と安房国の里見義豊との間で戦われた合戦。当初里見軍は玉縄城を目標としていたが、鎌倉に突入し、兵火が鶴岡八幡宮に燃え移って焼失したことからこの名がある。大永鎌倉合戦(たいえいかまくらかっせん)とも。鶴岡八幡宮の戦い フレッシュアイペディアより)

314件中 31 - 40件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード

  • 九州電力川内原子力発電所1号機

  • ちゃんぽん亭総本家

  • ちゃんぽん亭総本家アラモアナショッピングセンター店(ハワイ州ホノルル)