422件中 31 - 40件表示
  • 市谷本村町

    市谷本村町から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    町名は、市谷の「本村」であったことによると考えられる。正和元年(1312)の鶴岡八幡宮文書に「市谷孫四郎」という人物が見えることから、このあたりは鶴岡八幡宮の所領であり、市谷亀岡八幡宮が勧請されたものと推定されている。本村町は市谷亀岡八幡宮の氏子区域である。市谷本村町 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉文化

    鎌倉文化から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    いずれも称名寺所蔵で絹本著色。「四将像」の名で伝世した肖像画として、文化史的にも価値が高い。画像の製作時期はいずれも像主の生存年代に近い。4像とも国宝である。附(つけたり)指定された顕弁像は貞顕の兄に当たり、鶴岡八幡宮の別当として僧正となった人物である。鎌倉文化 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道21号横浜鎌倉線

    神奈川県道21号横浜鎌倉線から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    300mほど下ってすぐ大きく右へカーブすると、左手は鶴岡八幡宮の境内である。外堀に沿って300mほど先を左にほぼ直角に折れると、八幡宮前(はちまんぐうまえ)交差点となる。ここを先頭に、渋滞が巨福呂坂洞門付近まで延びていることが多い。神奈川県道21号横浜鎌倉線 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀線

    横須賀線から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1889年(明治22年)に大船駅 - 横須賀駅間が開業した。もともと横須賀線は日本海軍の軍港都市として知られる横須賀への輸送を目的として建設された路線であり、現在の北鎌倉駅付近では円覚寺境内を横切り、また鎌倉駅付近では鶴岡八幡宮の段葛を寸断して線路が敷設されるなど、用地買収も比較的強引に行われた。横須賀線 フレッシュアイペディアより)

  • 北条氏綱

    北条氏綱から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    翌大永5年(1525年)2月に氏綱は和睦を破って岩付城を奪還するが、朝興は山内上杉憲房・憲寛父子との連携のもとで逆襲を行い、大永5年から大永6年(1526年)にかけて武蔵の諸城を奪い返し、相模国玉縄城にまで迫った。朝興は関東管領山内上杉家、古河公方、甲斐の武田信虎のみならず、早雲時代には後北条氏と友好関係にあった上総国の真里谷武田氏、小弓公方そして安房国の里見氏とも手を結んで包囲網を形成し、氏綱は四面楚歌に陥った。同年5月には里見氏の軍勢が鎌倉を襲撃し、鶴岡八幡宮が焼失している。ただし、大永7年(1527年)には氏綱と小弓公方・足利義明の間で和睦が成立して、真里谷武田氏や里見氏も氏綱と停戦しており、この段階で房総諸勢力は包囲網から脱落していたとする見方も出されている。享禄3年(1530年)に嫡男・氏康が朝興方の軍勢と多摩川河原の小沢原で戦い、これに大勝したものの、享禄4年(1531年)には朝興に岩付城を奪回されている。北条氏綱 フレッシュアイペディアより)

  • 草燃える

    草燃えるから見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    善哉は、都で僧侶としての修行を積み、公暁と名を改めて鎌倉に帰ってきた。孫の成長を政子は大いに喜ぶが、頼家の血筋を嫌う北条の下では将軍後継者になる可能性はなく、鶴岡八幡宮別当の役目を当てがわれる。公暁はこれに不満を持つが、いずれ自らを押し立てて打倒北条を果たすことを狙っていた三浦義村の薦めにより一旦同意する。公暁は仏事の勤めもそこそこに、武芸の鍛錬と、三浦氏の若君・駒若丸との同性愛にうつつを抜かす。草燃える フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉八幡宮

    鎌倉八幡宮から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鎌倉八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 車大路

    車大路から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    若宮大路との四つ角北側の東西両サイドの歩道で、近年の道路工事の際に室町時代の鶴岡八幡宮「一の鳥居」(浜の大鳥居)と推定される木造柱根が発掘されている。現在も残る江戸前期の石造「一の鳥居」より約200メートル北(山)側になるが、ここを「車大路」が通っていた傍証とされる。車大路 フレッシュアイペディアより)

  • 江ノ電バス藤沢・手広営業所

    江ノ電バス藤沢・手広営業所から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    建長寺、長谷観音、鎌倉大仏、鶴岡八幡宮、鎌倉宮、江ノ島など鎌倉・江ノ島地域の観光地を巡る。出発地・到着地・経由地により、「よりとも号」「よしつね号」「しずか号」の3コースがある。江ノ電バス藤沢・手広営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 血洗川

    血洗川から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    血洗川の近く、切通しの岩窟中に行基作と伝えられる地蔵があった(現在は大磯町国府本郷の西長院にあり「身代わり地蔵」と呼ばれている)。縁起によれば、源頼朝が鶴岡八幡宮に参拝した際、狼藉をはたらいた者がおり、梶原景時の子悪太郎景義が疑いをかけられた。この地蔵に帰依していた悪太郎はお参りに来た際に畠山重忠によって討たれた。だが、悪太郎の身体には傷はなく、代わりにこの地蔵が血を流し、その腕も刀傷を受けたかのようであった。その時に地蔵が流した血を洗ったことにより、この名がついたと言われている。血洗川 フレッシュアイペディアより)

422件中 31 - 40件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード