422件中 41 - 50件表示
  • 定豪

    定豪から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    治承4年(1180年)に仁和寺の寛遍(忍辱山流の祖)の門人兼豪より、大和国忍辱山円成寺にて伝法潅頂を受ける。文治元年(1185年)、34歳でようやく法橋に任ぜられるなど、必ずしも僧侶として恵まれた立場にはいなかった。そこで、時期は不明であるが源頼朝がいた鎌倉に下り、建久2年(1191年)には鶴岡八幡宮の供僧に補任され、2年後には同地の宿老僧10名の1人とされる。正治元年(1199年)には、文覚失脚後を受けて神護寺を継承した性我の譲りによって勝長寿院の別当になった。建仁2年(1202年)、51歳にしてようやく法眼に任じられた。定豪 フレッシュアイペディアより)

  • 快元 (真言宗)

    快元 (真言宗)から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    経歴には不明な点が多いが、鶴岡二十五坊の1つである相承院に属し、永正2年(1505年)に鶴岡八幡宮の供僧となる。大永6年(1526年)の大永鎌倉合戦で焼失した鶴岡八幡宮の再建事業に従事し、享禄5年5月18日(1532年6月21日)から天文11年5月14日(1542年6月26日)までの造営日記である『快元僧都記』を記した。快元 (真言宗) フレッシュアイペディアより)

  • 細川定禅

    細川定禅から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    はじめ鶴岡若宮の別当であったが、兄の顕氏や従兄弟の和氏と共に足利尊氏に仕えた。建武2年(1335年)の中先代の乱では尊氏に従って功績を挙げた。その後、尊氏の命を受けて四国・中国の国人衆を糾合し、翌建武3年(1336年)1月、尊氏の京都乱入と同時に攻め入り、武功を挙げている。同年2月、顕氏や和氏と共に再び四国に渡海し、同地の諸大名や国人衆を糾合した。5月の湊川の戦いでも武功を挙げている。細川定禅 フレッシュアイペディアより)

  • 細川皇海

    細川皇海から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮の別当を務めていたとされており、その経緯から三位律師と号されたという。僧侶の身分にあったのは確かだと思われるが、南北朝の動乱が始まると兄の顕氏や定禅らと共に足利尊氏に従って南朝方と戦っている。主に土佐で南朝勢力と戦っていたとされているが、暦応3年/興国元年(1340年)末の記録を最後に史料から忽然と姿を消しているため、恐らくはこの前後に死去したものと推測される。細川皇海 フレッシュアイペディアより)

  • 1月27日 (旧暦)

    1月27日 (旧暦)から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    承久元年(ユリウス暦1219年2月13日) - 鎌倉・鶴岡八幡宮で源実朝が甥の公暁により暗殺。源氏の正統が断絶1月27日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 一幡

    一幡から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鎌倉幕府北条氏編纂書である『吾妻鏡』では、家督相続は一幡に関東28ヶ国の守護・地頭職を譲り、時政が後ろ盾となっている千幡に関西38ヶ国の守護・地頭職が譲るとする決定に比企能員が反発し、頼家に讒言して時政と実朝の討伐を計った。時政が先手を打って能員を殺害し、一幡の住む小御所を襲撃して比企一族を滅ぼしたとしている。一幡と若狭局も、その時に一族と共に焼死したという。事件が起こった年の『吾妻鏡』正月2日条には、一幡が鶴岡八幡宮に参拝した際、巫女が神懸かり「今年中に関東に大事が起ころう。若君(一幡)が家督を継ぐ事はない。崖上の樹の根はすでに枯れている。人々はそれを知らずして梢の緑を頼みとしているのだ」と叫んだ、と一幡の死を暗示的に書いている。一幡 フレッシュアイペディアより)

  • 真田アサミのどるちぇJamSession

    真田アサミのどるちぇJamSessionから見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    11(2012年5月9日) - 鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)真田アサミのどるちぇJamSession フレッシュアイペディアより)

  • 鶴ヶ岡八幡宮

    鶴ヶ岡八幡宮から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鶴ヶ岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 和知八幡神社

    和知八幡神社から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    『芸藩通志』によれば、鎌倉時代の承元年間(1207年-1211年)に和知村の古城山城城主広沢与三実方が鎌倉鶴岡八幡宮より勧請したと伝わるという。実方は平安時代末の藤戸合戦における功績に因り建久3年(1192年)7月に備後国三谿郡の中、12郷を与えられて所領としたというが、そこには和知村は含まれていなかったと見られるので、実際には実方の孫の実村かその息実成の時代に勧請されたものと思われる。因みに実成は父実村の所領を兄である実綱と中分して和知庄を領した事から和知(智)氏を称し、また、乾元元年(1302年)に安芸国厳島神社を詣でた後深草院二条はその帰路、同年末に実成の居館に寄寓したが、その後兄実綱の居館に移った事が原因で実成兄弟があわや合戦という事態となり、彼女の知人で両人の「伯父」(実は従兄弟)に当たる広沢氏の惣領、行実の仲裁で事なきを得ている。和知八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 狐罠

    狐罠から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    表向きは桐製箪笥を中心とした古民具の再生を稼業としており、その腕の良さは全国に届いている。贋作を裏稼業としているが、陶子ら骨董屋の世界では珍しく名前が知られていない。鶴岡八幡宮のそばの木造モルタルの一軒家に住む。狐罠 フレッシュアイペディアより)

422件中 41 - 50件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード