314件中 41 - 50件表示
  • 間宮康俊

    間宮康俊から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1532年から北条氏綱がはじめた鶴岡八幡宮の造営工事に天文5年(1536年)から奉行として参加している。間宮康俊 フレッシュアイペディアより)

  • 本庄時家

    本庄時家から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    『吾妻鏡』によれば、仁治2年(1241年)5月6日条、「臨時の定評あり。昨(きのう)の式日、鶴岡の神事によって延引するが故なり。外記左衛門尉俊平を奉行として本庄四郎左衛門尉時家所帯を召し放されると云々。これ小林小次郎時景が所従藤平太が妻女、路次を通るのところ、時家馬二疋(ひき)を押し取り、口付小次郎が男をからめ取りをはんぬ」「狼藉(ろうぜき)の科に行はるべきの由、時景訴へ申すによってなり。狼藉により時家所領没収」とある。本庄時家 フレッシュアイペディアより)

  • 長光

    長光から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    太刀 銘長光(神奈川・鶴岡八幡宮長光 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏三神社

    源氏三神社から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    壺井は、源頼信が香炉峰の館を建て、河内源氏の本拠地とした地である。2代目の源頼義が、京都郊外(京都府八幡市)の石清水八幡宮を河内源氏の本拠地に勧請し、河内源氏の氏神としたものである。河内源氏の東国進出の際、源頼義が壺井八幡宮を鎌倉に分社したのが鶴岡若宮で、鶴岡八幡宮の前身である。源氏三神社 フレッシュアイペディアより)

  • 平岡実俊

    平岡実俊から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    建長6年(1254年)、実俊が千葉頼胤に宛てた、鶴岡八幡宮の行事で流鏑馬の射手を担当することを催促する趣旨の奉書が現存しており、史料として貴重視されている。平岡実俊 フレッシュアイペディアより)

  • 葛西殿

    葛西殿から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    時頼はすでに宝寿丸という男子をもうけていたが庶子であり、正妻から嫡子が生まれる事を強く望んでおり、鶴岡八幡宮に懐妊祈願を行っている。建長2年(1250年)12月、懐妊が明かになると、時頼と重時は安産祈願のために所領や分国での殺生を禁断し、さかんに加持祈祷を行った。この頃、重時の娘と時頼の妾三河局との間に諍いがあったと見られ、父重時は時頼に申し入れて三河局を他所に移させている(この三河局は、宝寿丸の母讃岐局と同一と見られる)。建長3年(1251年)5月15日、時頼の母松下禅尼の甘縄邸で時宗を出産。葛西殿 フレッシュアイペディアより)

  • 海野幸氏

    海野幸氏から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    御家人となった幸氏は、弓の名手として『吾妻鏡』に何度も登場する。早くも文治6年(1190年)には、頼朝の射手として弓始めに参加しており、建久4年(1193年)5月の源頼朝による富士の裾野での狩では、藤沢二郎、望月三郎(重隆)、祢津二郎らとともに弓の名手と記述される。嘉禎3年(1237年)7月にも執権北条泰時の孫時頼に流鏑馬を指南、更に鶴岡八幡宮で騎射の技を披露し、周囲の者達から「弓馬の宗家」と讃えたと伝わっている。海野幸氏 フレッシュアイペディアより)

  • 足利持仲

    足利持仲から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1409年(応永16年)に異母兄の足利持氏と同時に元服が行われ、将軍足利義持より一字を与えられて持仲と称した。1416年(応永23年)上杉禅秀に擁せられ、養父の足利満隆と共に持氏に反乱し(上杉禅秀の乱)、持氏を追放して、一時的に鎌倉を配下に収める。しかし室町幕府の後援による持氏の攻撃に遭い負け、鶴岡八幡宮雪ノ下の坊で自殺した。足利持仲 フレッシュアイペディアより)

  • 横地城

    横地城から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    6代: 横地太郎師重(1235?1277)弓の名手で、鎌倉鶴岡八幡宮の弓始儀式を勤めた横地城 フレッシュアイペディアより)

  • 河越経重

    河越経重から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    康元元年(1256年)6月、6代将軍宗尊親王の鶴岡八幡宮放生会供奉人に選ばれた記録が『吾妻鏡』初見に見られる。その後も将軍の寺社御参の先陣随兵を務め、文応元年(1260年)1月、芸能に秀でた御家人が選抜される将軍近習である昼番衆五番となる。弘長3年(1266年)7月に宗尊将軍が鎌倉を追放された際にも少数の供奉人の中に選ばれ、帰洛に従っている。河越経重 フレッシュアイペディアより)

314件中 41 - 50件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード

  • 九州電力川内原子力発電所1号機

  • ちゃんぽん亭総本家

  • ちゃんぽん亭総本家アラモアナショッピングセンター店(ハワイ州ホノルル)