314件中 51 - 60件表示
  • 小山長村

    小山長村から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    『吾妻鏡』での初出は安貞2年5月10日条で流鏑馬の射手を務めた記録で、弓矢に優れており、鶴岡馬場の儀式での射手も務めている。建長から弘長年間には、将軍・宗尊親王の鶴岡八幡宮参詣の供奉人を頻繁に務めている記録が見られる。建長2年(1250年)3月28日、祖父下野入道生西(小山朝政)の十三年忌供養を行う。同年12月28日、伊勢の守藤成以来、長村まで16代相伝した下野国大介職が大神宮雑掌の訴えによって改補されたが、長村の愁訴により、評議によって返却されるべきとされた。小山長村 フレッシュアイペディアより)

  • 平盛時 (御内人)

    平盛時 (御内人)から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    史料上の初見は安貞2年(1228年)10月15日、将軍藤原頼経に進上する馬を引く記録である。その後も歴代執権の椀飯で馬を引く役目を務めている。嘉禎2年(1229年)、鶴岡八幡宮の弓始義で射手を務める。平盛時 (御内人) フレッシュアイペディアより)

  • 狐罠

    狐罠から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    表向きは桐製箪笥を中心とした古民具の再生を稼業としており、その腕の良さは全国に届いている。贋作を裏稼業としているが、陶子ら骨董屋の世界では珍しく名前が知られていない。鶴岡八幡宮のそばの木造モルタルの一軒家に住む。狐罠 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡朝見神社

    八幡朝見神社から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    建久7年(1196年)、大友能直が豊前・豊後の守護となり、入国の際に鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請した。能直は領内に「七社の制」を定め、七社の八幡宮(豊後八幡七社)を創建または再建した。当社はそのときに創建されたものと伝えられ、以降大友家の崇敬を受けた。創建の際、神輿の供をして着任した鶴岡八幡宮の神職、福田土佐守源高政が当社の神主となり、以降高政の子孫が奉職し、姓を福田から神(こう)に改めて現在に至る。当初は龍ヶ岡(現在の乙原)に社地があったが、鶴見山の噴火により社地が崩壊したため、正平3年(1348年)に現在地に遷座した。八幡朝見神社 フレッシュアイペディアより)

  • 江ノ電バス藤沢・手広営業所

    江ノ電バス藤沢・手広営業所から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    建長寺、長谷観音、鎌倉大仏、鶴岡八幡宮、鎌倉宮、江ノ島など鎌倉・江ノ島地域の観光地を巡る。出発地・到着地・経由地により、「よりとも号」「よしつね号」「しずか号」の3コースがある。江ノ電バス藤沢・手広営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 寛喜の飢饉

    寛喜の飢饉から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    特に京都、鎌倉には流民が集中し、市中に餓死者が満ちあふれた。幕府は備蓄米を放出すると共に、鶴岡八幡宮で国土豊年の祈祷を行っている。翌1232年、貞永への改元が行われた。寛喜の飢饉 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡二十五坊

    鶴岡二十五坊から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    源頼朝によって建立された鶴岡八幡宮は、正しくは「鶴岡八幡宮寺」という神仏混淆の宗教施設であった。その社役を務める僧侶である供僧が、八幡宮の北西に設けた二十五の住坊およびその住持職(しき)の総称を鶴岡二十五坊という。ただし数は時代によって変動した。寺院における院家、塔頭、子院に相当する。彼らは八幡宮寺の実権を握り、神主より上位にあった。その長は社務職別当であった。本来は顕密で、特定の宗派ではなかったが、幕末にはすべて真言宗系統であった。鶴岡二十五坊 フレッシュアイペディアより)

  • 北条宗頼

    北条宗頼から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮の参詣や方違など、将軍の外出行事において供奉人を務めることが多かった。1261年、極楽寺邸で笠懸が催された際には、その射手を担当、宗尊親王が更迭されて京都に帰還する際にも供奉を務め、将軍を京都へ送り届けた。北条宗頼 フレッシュアイペディアより)

  • 武田有義

    武田有義から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    有義は文治4年(1188年)、鶴岡八幡宮における大般若経の供養の式の場において、頼朝によって面罵される。この際有義は頼朝の御剣役を命ぜられ、これを渋る様子を見せたところ、かつて平重盛の御剣役を務めていたことを頼朝から指摘され、満座の中で大いにその面目を失った。この事件の影響で、その後は求心力を失ったという。武田有義 フレッシュアイペディアより)

  • 美作朝親

    美作朝親から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    承元3年(1209年)12月、宿所を相対する御家人橘公業と妻女を巡った争論から合戦へと発展しかけ、将軍実朝の命によって駆け付けた北条時房の仲介により事を収めるという騒ぎがあった。建暦2年(1212年)には実朝の鶴岡八幡宮参拝に随行しているほか、建保元年(1213年)2月に設置された学問所番のうち二番の一人としてその名が見えている(『吾妻鏡』)。美作朝親 フレッシュアイペディアより)

314件中 51 - 60件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード