422件中 61 - 70件表示
  • 松平正信

    松平正信から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    兄の利綱が早世したため、代わって嫡子となり父の跡を継いだ。この際、弟の松平季綱(正朝)に3000石を分与した。万治2年(1659年)2月21日、奏者番となり、貞享3年(1686年)10月9日まで務めた。この間、高力隆長改易による島原城受け取りの上使、鶴岡八幡宮の修造奉行、日光東照宮の石垣修理奉行を務めた。元禄3年(1690年)に隠居し、家督を次男の正久に譲った。松平正信 フレッシュアイペディアより)

  • 太白山

    太白山から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    仙台平野の広い範囲から眺められるのみならず、太平洋・仙台湾の沖合いからも容易に確認することが可能。その姿は縄文時代から人々の親しみと信仰の対象となってきたと考えられており、平安時代初期の大同2年(807年)には山頂に貴船神社()が祀られ、奥州合戦最中の文治5年(1189年)には源頼朝が鶴岡八幡宮勧請した生出森八幡神社(、)も鎮座する。太白山 フレッシュアイペディアより)

  • 頼助 (北条氏)

    頼助 (北条氏)から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    修行を積んで鎌倉に戻り、弘安4年(1281年)4月16日、元寇の危機を前に執権・北条時宗の命により、宿老の仁を差し置いて異国降伏祈祷を行う。弘安6年(1283年)8月、北条氏出身者として初めて鶴岡八幡宮の10代別当となる。円教寺、遍照寺、左女牛若宮等の別当、東寺長者などを歴任し、正応5年(1292年)、大僧正・東大寺別当に就任。永仁4年(1296年)、53歳で死去。頼助 (北条氏) フレッシュアイペディアより)

  • 伊東一刀斎

    伊東一刀斎から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    『一刀流極意』(笹森順造)によると「高上金剛刀を極意とし英名を走せていた中条流の達人鐘捲自斎通宗を江戸に訪ね、就いて自斎から中条流の小太刀や自斎の工夫になる中太刀を学んだ。弥五郎(一刀斎)は日夜一心不乱に鍛錬の功を積んだので(中略)自斎は深く感心して自流の極意、奥秘の刀たる妙剣、絶妙剣、真剣、金翅鳥王剣、独妙剣の五点を悉く弥五郎に授けた」という。ほかにも、自ら編み出した極意として、愛人に欺かれて刺客に寝込みを襲われ、逆襲したときに生まれたという秘太刀「払捨刀」、他に刃引・相小太刀・越身、鶴岡八幡宮に参籠して無意識のうちに敵を斬り、悟りを得たという「夢想剣」などがある(溝口派一刀流伝書、他流伝書)。「景久師、回國他流戰三十三なりと、没日は七日なりと。年號つまびらかならず」(『一刀流歴代略』)とあるようにその後一刀斎は諸国を遍歴し、勝負すること33度、ただの一度も敗れなかったという。伊東一刀斎 フレッシュアイペディアより)

  • 小袿

    小袿から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鎌倉時代中期の源氏物語の注釈書である『異本紫明抄』によると小袖ほどの丈(つまり身長すれすれくらい)で、三重(中倍のある)の仕立てで、裏には単文(ひとえもん。単衣につかうような菱文)の綾を用いるという。鶴岡八幡宮には鎌倉時代の遺品がある。この下に表着や打衣、重ね袿と単を着て、略礼装とした。小袿 フレッシュアイペディアより)

  • 1219年

    1219年から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    2月13日(建保7年1月27日) - 鶴岡八幡宮で源実朝が甥の公暁に暗殺される1219年 フレッシュアイペディアより)

  • 大庭御厨

    大庭御厨から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    源頼朝は同年の富士川の戦いで平家を敗走させ、関東の支配を確立した。大庭景親は斬首されたが、大庭御厨は大庭氏の元に残った。大庭景義は頼朝側に付いていたのである。治承5年7月8日(1181年8月19日)、鶴岡若宮造営遷宮にあたり、大庭御厨庤(神館)の一古娘(巫女)が源頼朝の命で参上奉仕した。しかし建暦3年(1213年)、和田合戦が起きる。大庭景兼は連座し、大庭景宗の系統は滅亡。鎌倉景政の直系である長江氏などは残ったが、鎌倉党は解体していった。大庭御厨 フレッシュアイペディアより)

  • 面高頼俊

    面高頼俊から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    永禄4年(1561年)、頼俊は父の英俊と共に、島津貴久の名代として相模国鶴岡八幡宮へ参詣、永禄6年(1563年)に帰国する際は京都八幡に立ち寄り、御正躰三つを頼俊が背負って鹿児島の清水八幡へ運んだ。武将としての活躍は永禄9年(1566年)10月より見え、日向国伊東氏の三ツ山城攻めに参加して軍功をなし、永禄11年(1568年)の大口城攻めの際は、菱刈氏の武将牧野次郎を討ち取るなど、その後も度々軍功をなした。面高頼俊 フレッシュアイペディアより)

  • letters2〜愛に帰ろう〜

    letters2〜愛に帰ろう〜から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    ※『鶴岡八幡宮奉納コンサート 鎌倉音楽祭2010』テーマソングletters2〜愛に帰ろう〜 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉胤富

    千葉胤富から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    永禄3年(1560年)、越後国の上杉謙信が古河公方の足利義氏を攻めたとき、北条氏康の要請を受けて援軍を送った。翌永禄4年(1561年)には里見氏の家臣・正木信茂の侵攻を受けて、臼井城や小弓城を奪われる。同年、上杉謙信が11万の大軍を率いて小田原城を攻めたときは、後北条氏に援軍を派遣した。しかしその後和睦して、鶴岡八幡宮で行われた謙信の関東管領就任式に参列。小山高朝と諸将の首位の座を争い、謙信の仲裁によって胤富が首座となった。千葉胤富 フレッシュアイペディアより)

422件中 61 - 70件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード