422件中 71 - 80件表示
  • 円覚寺庭園

    円覚寺庭園から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    前庭は横須賀線や県道21号が通って旧形を損じ、方形の広場は痕跡をとどめないが、円覚寺総門の手前の線路を隔てた踏切の向かい側には「白鷺池(びゃくろち)」と称する左右相対の方形の池が広がり、両池にかかる石橋「降魔橋」が現存して、総門に通じている。白鷺池はその半分近くが埋められてしまったが、春にはサクラ、秋には紅葉など四季折々の自然の情景が池の周囲を飾っている。なお、「白鷺池」の名前は、円覚寺開山無学祖元が宋より鎌倉入りした際に、鶴岡八幡宮の神使がシラサギに身を変えて案内したという伝承に由来する。円覚寺庭園 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤伝鬼房

    斎藤伝鬼房から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    通説では、天正9年(1581年)11月、鎌倉の鶴岡八幡宮で参籠中に修験者と出会い、ともに術について語り合い、実際に試合して吟味などするうちに一夜が明けた。伝鬼が修験者の刀術、流名を尋ねると、修験者は黙って太陽を指さして立ち去った。このことから、覚えた秘剣に「天流」と名付けたという。斎藤伝鬼房 フレッシュアイペディアより)

  • 1948年の日本の女性史

    1948年の日本の女性史から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    5月5日 鎌倉市主催集団お見合い大会、鶴岡八幡宮境内に約100人参加。1948年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 寒河江八幡宮

    寒河江八幡宮から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    社伝によれば、源頼義・源義家親子が前九年の役の際八幡神に祈って戦勝したので、寛治7年(1093年)に京都男山八幡宮を勧請し八幡原(現・寒河江市若葉町・元町)に創建したと伝える。建久2年(1191年)、寒河江に入った大江親広が改めて鶴岡八幡宮から分霊を勧請し、八幡原の八幡社と合祀して現在地に社殿を創建して大江氏(寒河江氏)の産土神とした。谷地八幡宮・溝延八幡宮とともに「寒河江荘三八幡」と称され、武家の崇敬を受けた。現在の本殿は貞享3年(1686年)に拝殿は安永4年(1775年)に建築された。1940年(昭和15年)に県社に昇格した。寒河江八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉江の島七福神

    鎌倉江の島七福神から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮 : 雪の下に所在する神社。旗上弁財天を祀っている。鎌倉江の島七福神 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋貞次

    高橋貞次から見た鎌倉八幡宮鶴岡八幡宮

    1919年東京の中央刀剣会養成工となり、以後大正年間より古刀の作風を研究し、五ヶ伝に精通した。1936年故郷松山に鍛錬場を開く。翌々1938年には第一回刀剣展にて内閣総理大臣賞を受賞し、1940年には鎌倉八幡宮の御宝御神刀を鍛えている。高橋貞次 フレッシュアイペディアより)

  • 浦賀道

    浦賀道から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    戸塚からは東海道本線、横須賀線と並行する経路をとり、鎌倉へと南下する。鎌倉の雪下(鶴岡八幡宮付近)では六浦道や藤沢宿、江ノ島へ向かう道が接続し、名越切通しを抜けて葉山方面へと進む。葉山大道では引き続き相模湾側を南下し三崎へ向かう三崎道が分岐し、東へと進路を変える。その後は半島を横断し、衣笠駅付近を経由して大津で上記の経路に合流する。浦賀道 フレッシュアイペディアより)

  • 小田島荘

    小田島荘から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    藤原師通から忠実、忠通、基実と伝領された荘園は、基通の頃に鎌倉時代へと入る。この時代に地頭を務めたのは中条氏であり、建長3年(1251年)小田島五郎左衛門尉義春は将軍家鶴岡八幡参宮随兵を務めた。しかし、鎌倉末期には北条氏領となっていたようである。小田島荘 フレッシュアイペディアより)

  • 和田合戦女舞鶴

    和田合戦女舞鶴から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    (鶴岡の段)源頼家の遺児善哉丸は、鶴岡八幡宮若宮の別当僧の稚児になっていたが、折から放生会を当て込んで商売をしていた鳥売りに言いがかりを付けられて追いかけられ、そこにいた手車売りも鳥売りとぐるになり、ついには二人して善哉丸をかどわしどこかへ連れて行ってしまう。和田合戦女舞鶴 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮仕置

    宇都宮仕置から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    天正18年(1590年)7月13日、関東に台頭していた相模国の後北条氏を小田原城にて降伏させた豊臣秀吉は、同17日に鎌倉に入り鶴岡八幡宮を参詣する。鎌倉への滞在は2日間のみで、同19日には鎌倉を出立、6日後の7月25日に下総国結城城に入って、自身の養子になっていた秀康(徳川家康の次男)を結城氏の養嗣子にすることや同氏に小山氏・壬生氏などの旧領が与えられることが正式に決められ、翌7月26日に下野国宇都宮城に入城した。宇都宮での秀吉の滞在期間は合計11日間に達し、会津への巡察行軍を行って再び宇都宮に入城するまでの8月4日から同14日まで10日間を含めると、その期間は20日間にも及んだ。なお、帰途は8月20日には駿府城に入城していることから、翌15日には宇都宮を出立したとみられている。秀吉が宇都宮での滞在期間が長期に亘った理由として、公的には折からの長雨のためとされているが、26日の秀吉の宇都宮着陣に先立ち、既に常陸の佐竹義宣、南部の南部信直が宇都宮入りしており、また秀吉が宇都宮に着いた翌々28日には伊達政宗が奥州への迎えの為として宇都宮入りするなど、関東、奥羽の大名達が宇都宮に出頭しているため、秀吉の宇都宮城滞在中の時点で奥州仕置は方針はほぼ決定されていたとみられている。また、7月13日の時点で秀吉傘下の五奉行のうち増田長盛配下が先に宇都宮に着いており、宇都宮城を接収していたとも云われている。当時、宇都宮城は宇都宮氏の勢力下にあったが、宇都宮氏は居城を多気山城に移していたため政治的摩擦は殆ど無かったと云われている。ほか、宇都宮には秀吉着城前までに金森長近や京極高次らの豊臣家臣も駐留していた。宇都宮仕置 フレッシュアイペディアより)

422件中 71 - 80件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード