314件中 71 - 80件表示
  • A&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SP

    A&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SPから見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    →鎌倉の鶴岡八幡宮では誰一人として来ずA&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SP フレッシュアイペディアより)

  • 北条有時

    北条有時から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    承久の乱では兄泰時に随伴して京都へ進撃する軍勢に参加した。将軍の近習、鶴岡八幡宮奉幣使などを歴任、仁治2年(1241年)、42歳の時に評定衆に選抜されるも、同年、評定衆からの辞退を自ら申請するが、受理されなかった。2年後の寛元元年(1243年)に病を理由に引退し、以降、文永7年(1270年)に71歳で没するまで出仕することはなかった。北条有時 フレッシュアイペディアより)

  • 小山氏の乱

    小山氏の乱から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    そして、当時の室町幕府は康暦の政変後の混乱が収拾されておらず、政変を好機とみて南朝方が反撃の姿勢をみせ、春日神木は入京(興福寺の強訴)し、西国でも不穏な動きが生じていた。そうした中で義満が兵を起こして氏満討伐あるいは義政救援を行うことは事実上不可能であり、何よりも小山氏を滅ぼそうとする氏満の強い意思が周囲を圧倒した。既に戦いと並行して太田荘の掌握に努めると共に下河辺荘の一部を頼印の事実上の支配下にあった鶴岡八幡宮に寄進するなど小山氏所領の解体を始めていた。義政の2度にわたる降伏条件の違反の背景には、降伏後に氏満から出された赦免条件が太田荘・下河辺荘を含めた小山氏の所領の大部分の没収が含まれるなどの同氏にとっては過酷な条件内容であったからとも考えられている。小山氏の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 北条忠時

    北条忠時から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1263年、椀飯の儀式に参列。宗尊親王の鶴岡八幡宮参詣に際し供奉を担当。1277年、従五位下に任ぜられ、同時に左近将監となる。同年、北条貞時が元服した折、儀式で馬の牽引を担当した。1281年、引付衆に選ばれる。1284年死去。続拾遺和歌集に歌が一首採録されている。北条忠時 フレッシュアイペディアより)

  • 塩谷朝業

    塩谷朝業から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1218年7月27日(建保6年6月27日) ? 実朝右大将就任の拝賀のため、鶴岡八幡宮に参ずる行列に衛尉の一人として追従する。〔吾妻鏡〕塩谷朝業 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦盛時

    三浦盛時から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1232年、将軍藤原頼経が鶴岡八幡宮を参詣する際に供奉人として参列したのが史料の初見となる。1241年、頼経が明王院北斗堂の供養の為に行列を組んだ時は御家人役の一人に名が見える。宝治合戦後の1247年、京都大番役の再編の際には三浦介として御家人役を分担し、1252年に宗尊親王が鶴岡八幡宮に参詣した際には後陣の随兵として名が見える。三浦盛時 フレッシュアイペディアより)

  • 二階堂行有

    二階堂行有から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    吾妻鏡の記述によれば、1258年までには検非違使となっていた。九条頼経、九条頼嗣、宗尊親王ら、京都から推戴された将軍に近習として仕え活躍し、鶴岡八幡宮の参詣、方違、放生会などに供奉人として参与した。頼嗣が将軍職を更迭され、京都へ帰還する際には路次奉行を勤めた。武芸にも堪能で、流鏑馬の射手や勝長寺院の寺門守護を担当した。1265年に引付衆、1270年には評定衆に列せられ、1272年には安堵奉行に任命されている。二階堂行有 フレッシュアイペディアより)

  • 氏家公頼

    氏家公頼から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    下野国の氏家を根拠地として氏家24郷約2000余町を支配し、氏家氏を称したと伝わる公頼は、建久元年(1190年)の源頼朝の上洛に従うほどの有力御家人であり、建久4年(1193年)と建久6年(1195年)の鶴岡八幡宮の流鏑馬や建久5年(1194年)の由比が浦での笠懸の射手に選ばれるほどの弓の名人でもあった。また、建久4年の永福寺薬師堂の供養会、建久5年の東大寺供養、四天王寺参詣において、源頼朝の随兵として従っている。氏家公頼 フレッシュアイペディアより)

  • 春日部氏

    春日部氏から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    春日部八幡神社 - 春日部重行が鶴岡八幡宮を勧請し武蔵国に創建春日部氏 フレッシュアイペディアより)

  • 春日部重行

    春日部重行から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    天皇を護衛する武者所番衆として新田義貞に仕え、後醍醐天皇の建武の新政を支持した。南朝の新田義貞軍として討幕に参加し、鎌倉、箱根、京都、島根、九州など各地で幕府軍と戦う。特に鎌倉の戦いでは戦功を挙げ、1336年後醍醐天皇から下河辺荘の一部である武蔵国春日部郷 (現在の埼玉県春日部市内牧地区の一部)と上総国山辺郷 (現在の千葉県千葉市緑区の一部)の地頭に任命された。同年6月30日、重行は北朝側の足利尊氏軍と京都鷺の森で戦うが敗戦し自刃した (延元の乱)。遺骨は子の春日部家縄が春日部に持ち帰り最勝院へ埋葬した。1331年から1334年にかけて鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請し春日部八幡神社を創建した。春日部重行 フレッシュアイペディアより)

314件中 71 - 80件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード

  • 九州電力川内原子力発電所1号機

  • ちゃんぽん亭総本家

  • ちゃんぽん亭総本家アラモアナショッピングセンター店(ハワイ州ホノルル)