314件中 81 - 90件表示
  • 藤原重頼

    藤原重頼から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    葉室家の傍流にあたる受領層の家系に生まれるが、父重方は三事兼帯を務めた有能な実務官僚であった(『尊卑分脈』)。また親族となる摂津源氏の源頼政の息女(二条院讃岐)を娶ったことが知られる。治承2年(1178年)6月に範子内親王の斎院卜定所となっていた「中御門南、京極西」の重頼の邸宅が翌同3年(1179年)3月に火災により焼失したが、この時宮内権大輔であった(『山槐記』治承2年6月27日条、『玉葉』同3年3月26日条)。平家滅亡後、義兄弟にあたる源頼兼・広綱らと共に鎌倉に仕え、源頼朝の側近の一人となる。文治元年(1185年)10月の勝長寿院落慶供養では会場設営以下の奉行を務めたほか、翌同2年正月の頼朝の鶴岡八幡宮参詣においても側近の一人として随行した(『吾妻鏡』同年10月24日条・同正月3日条)。藤原重頼 フレッシュアイペディアより)

  • 天野政景

    天野政景から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    石橋山の戦いに父とともに源氏方で参戦したことが『吾妻鏡』に記されている。以後、父とともに行動していたと見られ、独自の行動として知られる初出は元久2年(1205年)の牧氏事件に際して、北条政子の意向を受けて長沼宗政・結城朝光・三浦義村らとともに将軍源実朝を北条時政の屋敷から義時の屋敷に移す使者を務めている(『吾妻鏡』元久2年閏7月19日条)。承久元年(1219年)に実朝が鶴岡八幡宮で暗殺された際には、供奉者の中に政景の名があり(『吾妻鏡』)、続く三寅の鎌倉下向の際には随兵として名前が見られる(『承久記』)。天野政景 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原流

    小笠原流から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    明治以降も継承され現在、小笠原清忠が弓馬術礼法教場31世宗家。弓馬術礼法の継承者として、大的式・百々手式・草鹿等の歩射、流鏑馬・笠懸などの騎射の各種の式を明治神宮や熱田神宮、伊勢神宮、靖国神社、鶴岡八幡宮など各地で行っている。小笠原流 フレッシュアイペディアより)

  • 天流

    天流から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    開祖の斎藤伝鬼房は、常陸国真壁郡井手(現、茨城県桜川市)出身と伝えられ、初め塚原卜伝に新当流を学び、、鎌倉の鶴岡八幡宮に参籠中に夢で剣の妙技が記された巻物を天から授かり天流と称したと伝えられる。天流 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪直性

    諏訪直性から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    妻が北条貞時娘の乳母を勤めており、その縁故から鎌倉幕府内における影響力も高かった。史料に初めて名前を見せるのは1299年で、侍所の職員としての活動が見られる。越訴奉行、公文所奉行人、鶴岡八幡宮別当を歴任し、幕府の枢機に参画する。1323年の北条貞時の十三回忌法要の折には、銭百貫と徳行品を調進している。1333年、他の北条一門や被官と共に幕府の滅亡に殉じた。諏訪直性 フレッシュアイペディアより)

  • 平為盛

    平為盛から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    安元元年(1175年)12月に紀伊守、養和元年(1181年)7月に加賀守に任ぜられる。兄平保盛と共に同年9月には熊野討伐に出陣し、寿永元年(1182年)には諸国追討計画(未実施)で南海道方面大将に任ぜられた。『源平盛衰記』には、寿永2年(1183年)5月12日、倶利伽羅峠の戦いで木曾義仲の部将樋口兼光に首をはねられ討死したと記されているが、延慶本『平家物語』には、平家都落ち後に解官された一門として右兵衛佐為盛の名が認められる。『愚管抄』では、為盛は都落ちに際して父・頼盛の使者を務めたと記述されており、平家滅亡後の元暦元年(1185年)9月、従四位上に叙され、建保6年(1218年)には、将軍源実朝の左近衛大将任官に際し、鎌倉に下向し、鶴岡八幡宮拝賀に付き従っている。平為盛 フレッシュアイペディアより)

  • 1948年の日本の女性史

    1948年の日本の女性史から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    5月5日 鎌倉市主催集団お見合い大会、鶴岡八幡宮境内に約100人参加。1948年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 和田合戦女舞鶴

    和田合戦女舞鶴から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    (鶴岡の段)源頼家の遺児善哉丸は、鶴岡八幡宮若宮の別当僧の稚児になっていたが、折から放生会を当て込んで商売をしていた鳥売りに言いがかりを付けられて追いかけられ、そこにいた手車売りも鳥売りとぐるになり、ついには二人して善哉丸をかどわしどこかへ連れて行ってしまう。和田合戦女舞鶴 フレッシュアイペディアより)

  • 足利満隆

    足利満隆から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    ところが、持氏が自ら政務を執り始め、氏憲が失脚すると、自らの立場に危機感を抱いた満隆は持仲や氏憲(禅秀)とともに持氏の排除を計画、応永23年(1416年)に鎌倉において挙兵した(上杉禅秀の乱)。一時は持氏を鎌倉から駿河に追い出し鎌倉を制圧して自ら鎌倉公方を称するが、京都の将軍足利義持はこれを認めず、義持の命を受けた今川範政・上杉憲基らに攻められ鶴岡八幡宮別当坊で禅秀達とともに自殺した。足利満隆 フレッシュアイペディアより)

  • 松田盛秀

    松田盛秀から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    小田原城の奉行と評定衆を務め、それとは別に天文24年(1555年)頃から鎌倉街道の要所であり、北条氏の直轄地である下総国・関宿の代官を兼務するなど、後に北条氏の重臣となる息子・憲秀と同じように早くから重臣として政務に関与していたと思われる。永禄元年(1558年)4月に古河公方・足利義氏が鶴岡八幡宮に参拝した後、小田原城内で招かれた北条氏康主催の宴会では終了の挨拶を宿老達の中で一番はじめに行い 、義氏に馬と太刀を贈呈している。永禄2年(1559年)の役帳では小田原衆の筆頭者が、息子の憲秀になっているので、この頃には家督を譲っていたものと推測される。没年は不明だが、以後の記録に乏しいため、前後に没したと思われる。松田盛秀 フレッシュアイペディアより)

314件中 81 - 90件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード