98件中 11 - 20件表示
  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た源頼家

    建保7年(1219年)1月27日、源頼家の子で八幡宮の別当を務めていた公暁がこの銀杏の木に隠れて待ち伏せ、源実朝を殺害したという伝説があり、隠れ銀杏という別名がある。この伝説が知られるようになったのは江戸時代になってからの事であり、当時の史料にはない話であり、当時の樹齢を考えると、人が隠れることのできる太さにはまだ成長していなかったという説もあるため真偽は不明。伝説を疑問視する説もあれば、公暁が身を隠したのは先代の樹であり現在の樹は2代目であるとする説もある。1955年(昭和30年)より神奈川県の天然記念物に指定され、鶴岡八幡宮のシンボルとして親しまれていた。樹齢800年とも1000年余ともいわれていた。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た里見実堯

    大永6年(1526年)11月12日、里見義豊・実堯と北条氏綱の間の合戦で社殿が焼失(鶴岡八幡宮の戦い)鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た源義経

    なお、源頼朝の求めに応じて舞った静御前が源義経を慕う次の歌を詠んだとされるが、当時はまだ舞殿は建立されておらず、若宮社殿の回廊で舞ったとされている。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た応神天皇

    応神天皇 (おうじんてんのう) - 第15代天皇鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た土御門天皇

    祭神:後鳥羽天皇、土御門天皇、順徳天皇 - いずれも承久の乱で流された天皇鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た後鳥羽天皇

    祭神:後鳥羽天皇、土御門天皇、順徳天皇 - いずれも承久の乱で流された天皇鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た徳川家光

    源頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、源義家が勧請した経緯もあり、武家の崇敬を集めた。鎌倉幕府衰退後は、25の僧坊の数も減少し、一時衰退する。戦国時代には里見氏により焼き討ちにあうも(鶴岡八幡宮の戦い)、北条氏綱が再建を果たす。江戸時代に入ると江戸幕府の庇護を受け大規模化が進み、仁王門、護摩堂、輪蔵、神楽殿、愛染堂、六角堂、観音堂 法華堂、弁天堂等を建築し、徳川家光の治世に薬師堂、鐘楼、楼門なども建てられた。また境内には、方五間の多宝大塔、東照宮も存在した。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た里見義豊

    大永6年(1526年)11月12日、里見義豊・実堯と北条氏綱の間の合戦で社殿が焼失(鶴岡八幡宮の戦い)鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た順徳天皇

    祭神:後鳥羽天皇、土御門天皇、順徳天皇 - いずれも承久の乱で流された天皇鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た豊臣秀吉

    逸話として、豊臣秀吉が小田原征伐の後に参拝したが、その際に祀られていた頼朝像を見て「我と御身は共に微小の身から天下を平らげた。しかし御身は天皇の後胤であり、父祖は関東を従えていた。故に流人の身から挙兵しても多く者が従った。我は氏も系図も無いが天下を取った。御身より我の勝ちなり。しかし御身と我は天下友達なり。」と言うと、笑いながら頼朝像の背中をポンポンと叩いたという。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

98件中 11 - 20件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード