98件中 21 - 30件表示
  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た静御前

    なお、源頼朝の求めに応じて舞った静御前が源義経を慕う次の歌を詠んだとされるが、当時はまだ舞殿は建立されておらず、若宮社殿の回廊で舞ったとされている。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た徳川家斉

    本宮(上宮)は文政11年(1828年)に徳川家斉が再建した流権現造で、国の重要文化財に指定されている。本宮は大石段上にある。大石段は61段あり、登りきると桜門、その奥に拝殿とつながった本宮がある。石段下にある舞殿は、「下拝殿」ともいう。前面にある建築物は21世紀に入ってから増築されたもので、当初は朱塗りではなく白木造りであった。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た太田道灌

    文明10年(1479年)1月27日、江戸城西方の守護として太田道灌が鶴岡八幡を江戸番町に勧請鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た徳川家慶

    大鳥居(一の鳥居) - 徳川家慶建立鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た観音

    源頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、源義家が勧請した経緯もあり、武家の崇敬を集めた。鎌倉幕府衰退後は、25の僧坊の数も減少し、一時衰退する。戦国時代には里見氏により焼き討ちにあうも(鶴岡八幡宮の戦い)、北条氏綱が再建を果たす。江戸時代に入ると江戸幕府の庇護を受け大規模化が進み、仁王門、護摩堂、輪蔵、神楽殿、愛染堂、六角堂、観音堂 法華堂、弁天堂等を建築し、徳川家光の治世に薬師堂、鐘楼、楼門なども建てられた。また境内には、方五間の多宝大塔、東照宮も存在した。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た宇佐神宮

    宇佐神宮、石清水八幡宮 - 日本三大八幡宮鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た由比ヶ浜

    鶴岡八幡宮の参道は若宮大路と呼ばれる。由比ヶ浜から八幡宮まで鎌倉の中心をほぼ南北に貫いており、京の朱雀大路を模して源頼朝が自らも加わり築いた。二の鳥居からは段葛(だんかずら)と呼ばれる車道より一段高い歩道がある。そこを抜けると三の鳥居があり、境内へと到る。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た河内国

    康平6年(1063年)8月に河内国(大阪府羽曳野市)を本拠地とする河内源氏2代目の源頼義が、前九年の役での戦勝を祈願した京都の石清水八幡宮護国寺(あるいは河内源氏氏神の壺井八幡宮)を鎌倉の由比郷鶴岡(現材木座1丁目)に鶴岡若宮として勧請したのが始まりである。永保元年(1081年)2月には河内源氏3代目の源義家(八幡太郎義家)が修復を加えた。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た建長寺

    JR東日本横須賀線 北鎌倉駅 (徒歩約15分) - 駅を降りると円覚寺があり、途中には建長寺も所在鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た浅草寺

    江戸幕府崩壊後、慶応4年(1868年)3月13日に「神主を兼帯していた僧侶に対して還俗する旨の通達」が明治政府から出され、また明治3年(1870年)に大教宣布がなされると、鶴岡八幡宮においてもいわゆる廃仏毀釈の動きが始まった。同年中に多宝大塔などの仏堂は破壊され、仏像、仏具、什宝、経典なども破壊・焼却処分されるか散佚した。ただし一部は現存し、鎌倉寿福寺、浅草寺、普門院、五島美術館、東京国立博物館に保管されている。鶴岡八幡宮の場合、これらは神主に改名した十二院の社僧が中心となって行った。また、一部残存していた仏堂も、その後の火事で焼失したが、外国人観光客等が撮影した写真が残されている。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

98件中 21 - 30件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード