98件中 61 - 70件表示
  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た北鎌倉駅

    JR東日本横須賀線 北鎌倉駅 (徒歩約15分) - 駅を降りると円覚寺があり、途中には建長寺も所在鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た横須賀線

    最寄駅:JR東日本横須賀線または江ノ島電鉄 鎌倉駅 (東口から徒歩10分)鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見たメートル

    この参道は、二の鳥居の辺りでは幅4メートルほどだが、三の鳥居では幅が約3メートル程度となっており、先に進むほど徐々に細くなっている。人間の目の錯覚を利用し、参道を実際より長く見せ、奥の本殿を厳かに見せるための設計との説がある。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た庶流

    また境内には「源平池」として、北条政子が掘らせたと伝わる池がある。源氏池には島が3つ、平家池には島が4つ浮かび、それぞれ産と死を表すという。源氏池の島には旗上弁天社がある。源平池には横切るように石造の橋が架けられ「太鼓橋」と称される。創建当時は木造で、朱塗りだったため「赤橋」と呼ばれた。北条氏の庶流・赤橋家の苗字はこの橋の名称に由来する。現在は柵で締め切られているが昭和時代までは自由に通行可能で、橋上は記念撮影のスポットとして良く使われていた。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た鎌倉国宝館

    以上の国宝・重要文化財のうち建造物以外の大部分は鎌倉国宝館に寄託されている。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た鎌倉幕府

    源頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、源義家が勧請した経緯もあり、武家の崇敬を集めた。鎌倉幕府衰退後は、25の僧坊の数も減少し、一時衰退する。戦国時代には里見氏により焼き討ちにあうも(鶴岡八幡宮の戦い)、北条氏綱が再建を果たす。江戸時代に入ると江戸幕府の庇護を受け大規模化が進み、仁王門、護摩堂、輪蔵、神楽殿、愛染堂、六角堂、観音堂 法華堂、弁天堂等を建築し、徳川家光の治世に薬師堂、鐘楼、楼門なども建てられた。また境内には、方五間の多宝大塔、東照宮も存在した。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た江ノ島電鉄線

    最寄駅:JR東日本横須賀線または江ノ島電鉄 鎌倉駅 (東口から徒歩10分)鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た仲哀天皇

    神功皇后 (じんぐうこうごう) - 第14代仲哀天皇の妃、応神天皇の母鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た若宮大路

    鶴岡八幡宮の参道は若宮大路と呼ばれる。由比ヶ浜から八幡宮まで鎌倉の中心をほぼ南北に貫いており、京の朱雀大路を模して源頼朝が自らも加わり築いた。二の鳥居からは段葛(だんかずら)と呼ばれる車道より一段高い歩道がある。そこを抜けると三の鳥居があり、境内へと到る。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た羽曳野市

    康平6年(1063年)8月に河内国(大阪府羽曳野市)を本拠地とする河内源氏2代目の源頼義が、前九年の役での戦勝を祈願した京都の石清水八幡宮護国寺(あるいは河内源氏氏神の壺井八幡宮)を鎌倉の由比郷鶴岡(現材木座1丁目)に鶴岡若宮として勧請したのが始まりである。永保元年(1081年)2月には河内源氏3代目の源義家(八幡太郎義家)が修復を加えた。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

98件中 61 - 70件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード