79件中 11 - 20件表示
  • 2010年の北海道日本ハムファイターズ

    2010年の北海道日本ハムファイターズから見た鶴岡慎也鶴岡慎也

    11月20日 - 以下の選手の背番号の変更を発表した。石井裕也が27から13、鶴岡慎也が64から22、中嶋聡が32から27、糸井嘉男が26から7、鵜久森淳志が65から44、佐藤賢治が69から52に変更。また移籍の根本朋久の背番号を32にしたことも発表したことを発表2010年の北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 上野弘文

    上野弘文から見た鶴岡慎也鶴岡慎也

    朝日中学校では軟式野球部に所属。高校時代、1998年のセンバツ(初戦敗退)、1999年の夏の甲子園(準決勝進出)に出場。高校では鶴岡慎也が同級生、青野毅が一学年下にいた。社会人時代は安藤優也、川岸強、金子千尋、吉見一起らと同僚であった。2006年には抑えのエースとして都市対抗野球大会に出場。上野弘文 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の福岡ソフトバンクホークス

    2013年の福岡ソフトバンクホークスから見た鶴岡慎也鶴岡慎也

    11月30日 - 日本ハムからFAの鶴岡慎也がソフトバンク移籍を表明2013年の福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 中村真人 (野球)

    中村真人 (野球)から見た鶴岡慎也鶴岡慎也

    初盗塁:2008年9月7日、対北海道日本ハムファイターズ20回戦(札幌ドーム)、4回表に二盗(投手:多田野数人、捕手:鶴岡慎也中村真人 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 栂野雅史

    栂野雅史から見た鶴岡慎也鶴岡慎也

    初奪三振:2006年5月25日、対北海道日本ハムファイターズ3回戦(東京ドーム)、9回表に鶴岡慎也から見逃し三振栂野雅史 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ガルシア (1978年生の内野手)

    ルイス・ガルシア (1978年生の内野手)から見た鶴岡慎也鶴岡慎也

    初盗塁:2011年8月5日、対北海道日本ハムファイターズ11回戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)、6回裏に二盗(投手:ボビー・ケッペル、捕手:鶴岡慎也ルイス・ガルシア (1978年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 小林至

    小林至から見た鶴岡慎也鶴岡慎也

    在任中の主な業績としては、パリーグの共同事業会社「パシフィックリーグマーケティング」の初代執行役員として、同社の黎明期の経営を支えた。チーム編成においては、三軍制や成果報酬の年俸制度など、球界の常識を破る刺激的な方策を次々と打ち出した。また、内川聖一、細川亨、中田賢一、寺原隼人、鶴岡慎也、ロベルト・ペタジーニ、アレックス・カブレラ、ブラッド・ペニー、ジェイソン・スタンリッジ、デニス・サファテ、李大浩、リック・バンデンハークなど、内外の大物選手を次々と獲得したり、フロントと現場での大胆な人事交流を促進するなど、刺激的なチーム人事をもって、王貞治会長や秋山幸二監督を支えた。在任中の戦績は、ソフトバンクが親会社になってからの初優勝を含むリーグ優勝3回、日本一2回。その一方で、成果報酬の年俸制度を導入したことや、大物選手を次々と獲得したことで、主力選手との軋轢・確執が報じられるなど、選手との関係には苦慮していたと言われる。小林至 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の北海道日本ハムファイターズ

    2013年の北海道日本ハムファイターズから見た鶴岡慎也鶴岡慎也

    11月30日 - 日本ハムからFAの鶴岡慎也がソフトバンク移籍を表明2013年の北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見た鶴岡慎也鶴岡慎也

    4月11日 - 鶴岡慎也(鹿児島県、野球)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た鶴岡慎也鶴岡慎也

    11月20日 - 日本ハムは以下の選手の背番号の変更を発表した。石井裕也が27から13、鶴岡慎也が64から22、中嶋聡が32から27、糸井嘉男が26から7、鵜久森淳志が65から44、佐藤賢治が69から52に変更。また移籍の根本朋久の背番号を32にしたことも発表したことを発表2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

79件中 11 - 20件表示