71件中 11 - 20件表示
  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た高橋信二

    に初の開幕一軍入り。正捕手だった高橋信二の打撃不振で徐々に出番が増え、シーズン終盤からアジアシリーズにかけてはダルビッシュ有、八木智哉とコンビを組んだ。は開幕からしばらくは控えだったが、中盤辺りからダルビッシュの先発時はほぼ必ず鶴岡が先発マスクを被るようになった。その他若手投手先発時にマスクを被ることもあったが、八木の不振もあってか前年と比較すると出番は減少した。また、課題の打撃を克服するための視力矯正手術をシーズンオフに行った。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    は、捕手を固定したい梨田昌孝監督の方針で開幕当初は正捕手だった。ダルビッシュの他、多田野数人、ブライアン・スウィーニーの先発する試合のほとんどにおいても鶴岡が捕手を任されたが、その他の先発投手との相性の悪さを解消できず、高橋や前年まで一軍未出場であった小山桂司に先発マスクを譲ることがあり、またシーズン後半は抑え投手・マイケル中村の登板時に中嶋聡と交代することが増えた。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た建山義紀

    はその年チーム最多勝利の武田勝とのバッテリーを組んだ大野が出場機会を増やし、その分鶴岡の起用は減ってしまった。同年オフに建山義紀がフリーエージェント権を行使してテキサス・レンジャーズに移籍すると、「建山さんに配球のイロハを教わった。(以前の背番号)64にも愛着はあるけど、ほかの人がつけるなら自分だと決めました」と、背番号を建山が着用していた22に変更した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見たボビー・ケッペル

    は長らくバッテリーを組んだダルビッシュが移籍するも、斎藤佑樹やボビー・ケッペル・吉川光夫の先発試合を中心に大野と併用されている状態であったが、中盤に大野が不振で出場選手登録を抹消された頃から重用され始める。最終的には116試合に出場し、打率.266と自己最多の成績を残した。また、吉川とのコンビで最優秀バッテリー賞も獲得した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た武田勝

    はその年チーム最多勝利の武田勝とのバッテリーを組んだ大野が出場機会を増やし、その分鶴岡の起用は減ってしまった。同年オフに建山義紀がフリーエージェント権を行使してテキサス・レンジャーズに移籍すると、「建山さんに配球のイロハを教わった。(以前の背番号)64にも愛着はあるけど、ほかの人がつけるなら自分だと決めました」と、背番号を建山が着用していた22に変更した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見たマイケル中村

    は、捕手を固定したい梨田昌孝監督の方針で開幕当初は正捕手だった。ダルビッシュの他、多田野数人、ブライアン・スウィーニーの先発する試合のほとんどにおいても鶴岡が捕手を任されたが、その他の先発投手との相性の悪さを解消できず、高橋や前年まで一軍未出場であった小山桂司に先発マスクを譲ることがあり、またシーズン後半は抑え投手・マイケル中村の登板時に中嶋聡と交代することが増えた。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た正田樹

    高校時代は、樟南高校の捕手として甲子園に2度(春の第70回選抜高等学校野球大会・夏の第81回全国高等学校野球選手権大会)出場。夏は、準決勝の桐生第一高校(群馬県代表)戦で、後に日本ハムファイターズでチームメイトとなる正田樹と対戦し、自身は1安打を放ったがチームは敗退した。なお、当時の樟南高校のエースは上野弘文で、一学年下には青野毅が在籍していた。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見たブライアン・スウィーニー

    は、捕手を固定したい梨田昌孝監督の方針で開幕当初は正捕手だった。ダルビッシュの他、多田野数人、ブライアン・スウィーニーの先発する試合のほとんどにおいても鶴岡が捕手を任されたが、その他の先発投手との相性の悪さを解消できず、高橋や前年まで一軍未出場であった小山桂司に先発マスクを譲ることがあり、またシーズン後半は抑え投手・マイケル中村の登板時に中嶋聡と交代することが増えた。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見たゴールデングラブ賞

    になると、膝の状態が良くない高橋は一塁手として固定されたが、球団の競争意識の活性化を目的とした梨田の方針転換により、新人の大野奨太と併用されることとなった。それでも八木とダルビッシュが先発の時には必ず先発マスクを被り、またマイケルに替わって抑え投手となった武田久が登板する時には自身も抑え捕手として出場するなど、前年より出場機会を増やし、自身初となるゴールデングラブ賞(捕手部門)を受賞している。同年シーズンの守備率は1位と毛差の2位(.997)、失策はリーグ最少の2、捕逸は第一捕手としてはリーグ2番目に少ない2だった。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見たオリックス・バファローズ

    2年間は一軍出場がなかったが、のフレッシュオールスターゲームに出場して先制本塁打を放ち、最優秀選手に選ばれた。また、シーズン後半に一軍昇格し、9月25日のオリックス・バファローズ戦で一軍初先発出場・初安打・初打点を記録した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示

「鶴岡慎也」のニューストピックワード