169件中 11 - 20件表示
  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た前田章宏

    CSの調整で出場した10月11日のみやざきフェニックスリーグ対中日戦の2回に本塁突入した際に、前田章宏と交錯して右足首を傷めて負傷交代した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た大谷翔平

    ''、開幕マスクで勝利したが、同年も大野と併用起用となった。4月は好ブロックで完封試合を作るなど順調だったが、5月5日からの先発マスクで6連敗した(チームは9連敗)。6月1日の対中日戦で出た2年ぶりの本塁打が新人・大谷翔平の初勝利を援護する逆転弾となった。6月16日の対ソフトバンク戦では8回同点二死一二塁の場面で代打起用されるとプロ初のヘッドスライディングでブライアン・ファルケンボーグから内野安打をもぎ取り、稲葉篤紀の勝ち越し打を呼んだ。6月26日の同カードでは10回無死二塁の場面でバントした所、一塁手の中村晃が悪送球し、チームは同年初のサヨナラ勝利で最下位を脱出した。7月1日に監督推薦でオールスターへ選出された。オールスターでは7月19日第1戦で4回守備から途中出場して澤村拓一から安打したが2盗塁・同点打を許した。第2戦は6回の守備のみ出場して1盗塁・1失点を許した。8月10日の対千葉ロッテ戦11回同点一死三塁の場面で代打起用され、藤岡貴裕からプロ11年目にして初のサヨナラタイムリー打を放った。8月23日の対オリックス戦では初めて指名打者で先発出場して2打点を挙げた。9月14日から先発マスクで6連敗し、チームは前年優勝からの最下位に終わった。最終的に76試合に先発出場して(指名打者1試合)、フル出場した41試合で24勝17敗、3完封勝利だった。移籍してきた木佐貫洋とのコンビで初勝利・完封勝利を含む9勝を挙げたものの、他の主力投手では負け越してチームの借金の大半を背負った。盗塁阻止率もリーグワーストの.188だった。打撃では規定未到達ながら自己最高の打率.295で終えた。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た武田久

    ''、2年連続開幕マスクとなったが3月4月は高橋や新人の大野奨太との併用となった。同年は八木が復調して再びコンビを組み、5月12日の対楽天戦ではフル出場して9回1失点完投勝利しチームも単独首位へと導いた。5月19日の対巨人戦では自身2度目の4打点を挙げた。翌日5月20日の同カードでは打っては勝ち越し二塁打、守っては2度のピンチを肩で救い、チームの貯金を11に伸ばした。8月19日にチーム単位の集団インフルエンザ感染による発熱で大野とともに離脱し、5月から右膝痛で一塁手および指名打者となっていた高橋やバッテリーコーチ兼任の40歳の中嶋がスタメンマスクを被る事態を招いた。その影響で福岡 Yahoo! JAPANドームで7戦全勝していたダルビッシュも敗戦しチームは5連敗した。8月22日に治療を終えてチームに合流した。10月4日の対ソフトバンク戦では1点ビハインド4回二死満塁の場面で大隣憲司から押し出し四球をもぎ取り同点とし、チームの猛攻を呼んで優勝マジック1を点灯させた。10月6日の対西武戦では2回に先制のタイムリー二塁打を打ち、リーグ優勝に貢献した。最終的にレギュラーシーズンでは自己最多となる122試合に出場、83試合に先発出場し、フル出場した52試合では43勝9敗、3完封勝利だった。ダルビッシュ(同年のMVP)、八木先発時のほぼ全ての試合で先発マスクを被り高い勝率を残した。また大野マスクで3敗していたプロ3年目・糸数敬作と6月30日からコンビを組み、プロ初勝利・プロ初完投を含む4勝を挙げ、リーグ優勝決定日も試合を作った。また抑え投手・武田久が登板する時に自身も抑え捕手として出場し、前年より出場機会を増やした。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た工藤公康

    クライマックスシリーズ第2ステージではダルビッシュが先発した2試合で先発出場した。10月13日第1戦は2安打1得点、守っては7回2失点のリードで勝利に貢献した。10月18日第5戦ではダメ押しのタイムリー打で成瀬善久をノックアウトし、守っては8回1失点のリードで日本シリーズ進出を決めた。日本シリーズは4試合出場したが無安打に終わった。10月27日第1戦は中日打線を9回1失点に抑えるリードで、ダルビッシュを1999年ダイエー・工藤公康以来のシリーズタイ記録13奪三振完投へ導き先勝に貢献した。チームは第2・第3試合を高橋信二先発マスクで落とし、10月31日第4戦で吉川とのコンビで先発機会を得たが、初回の味方のミスをカバーできず敗戦、11月1日第5戦はダルビッシュを8回1失点とリードしたが、その犠牲フライの1点が決勝打となり中日に完全試合を喫し、日本シリーズ敗退となった。余談にはなるが後述する丁度10年後の2017年11月1日の対横浜DeNA戦で所属するチーム(福岡ソフトバンク)こそ代わったものの、ノーヒットノーラン目前のところからチーム初ヒットをこの日の先発投手である濱口遥大から放っている。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た北川博敏

    '、開幕から26打席無安打と打撃不振に陥り、5月まで打率は1割台だったが、6月7日の対横浜戦ではプロ初の1試合4安打、同じく初の2試合連続本塁打を記録するなど調子を上げ、6月は月間62打数18安打の打率.290、3本塁打、11打点を残した。8月17日の対千葉ロッテ戦の2点リード二死一二塁守備の場面では井口資仁の右翼への打球方向を見て立っていた所、一塁から本塁を狙った今江敏晃の体当たりのようなスライディングにより転倒させられて激高し、あわや乱闘の騒ぎとなった。翌日の同カードでは5回に二度のブロックでピンチを救った。8月19日の同カードでは新人・中村勝を5回まで無失点とリードしたが6回にサブローに満塁本塁打を浴びてチームの自力優勝を消滅させた。9月21日の対オリックス戦では9回2点リード二死二三塁の場面で北川博敏にタイムリー打を打たれたが本塁を狙ったアーロム・バルディリスの体当たりを受けながらもボールを死守して勝利し、眼下にいたオリックスの自力CS進出を消滅させた。最終的に83試合で先発マスクを被り、フル出場した48試合では37勝10敗1分け、7完封勝利だった。ダルビッシュ有、新外国人のボビー・ケッペルとのコンビで各12勝を上げたが、他の先発投手ではあまり結果が出ず、同年最多勝の武田勝と組んだ大野の台頭を許した。盗塁阻止率はリーグ2位タイの.333だった。オフの11月20日に来季の背番号が22'へ変更されることが発表された。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た今江敏晃

    '、開幕から26打席無安打と打撃不振に陥り、5月まで打率は1割台だったが、6月7日の対横浜戦ではプロ初の1試合4安打、同じく初の2試合連続本塁打を記録するなど調子を上げ、6月は月間62打数18安打の打率.290、3本塁打、11打点を残した。8月17日の対千葉ロッテ戦の2点リード二死一二塁守備の場面では井口資仁の右翼への打球方向を見て立っていた所、一塁から本塁を狙った今江敏晃の体当たりのようなスライディングにより転倒させられて激高し、あわや乱闘の騒ぎとなった。翌日の同カードでは5回に二度のブロックでピンチを救った。8月19日の同カードでは新人・中村勝を5回まで無失点とリードしたが6回にサブローに満塁本塁打を浴びてチームの自力優勝を消滅させた。9月21日の対オリックス戦では9回2点リード二死二三塁の場面で北川博敏にタイムリー打を打たれたが本塁を狙ったアーロム・バルディリスの体当たりを受けながらもボールを死守して勝利し、眼下にいたオリックスの自力CS進出を消滅させた。最終的に83試合で先発マスクを被り、フル出場した48試合では37勝10敗1分け、7完封勝利だった。ダルビッシュ有、新外国人のボビー・ケッペルとのコンビで各12勝を上げたが、他の先発投手ではあまり結果が出ず、同年最多勝の武田勝と組んだ大野の台頭を許した。盗塁阻止率はリーグ2位タイの.333だった。オフの11月20日に来季の背番号が22'へ変更されることが発表された。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た松永昂大

    ''、1月に第3子が誕生したこともあり家族を札幌に置いての単身赴任となった。前年の正捕手・細川亨が左肩痛で出遅れ、鶴岡はオープン戦で打率.417と打撃好調だったため、3月28日の対千葉ロッテ戦では開幕マスクを被り、フル出場して勝利した。3月29日の同カードの6回2点リード無死満塁の場面で松永昂大から四球を選んで移籍後初打点を挙げた。4月1日に行われた古巣の日本ハムとの試合でルイス・メンドーサから移籍後初安打を打った。開幕3戦目以降は先発に勝ち星が付かない事が続き、4月は細川と併用となり、5月以降は完全に第2捕手扱いとなり、期待されていた打撃も6月上旬まで打率1割台と極度の不振でオールスター以降は完全に細川に正捕手を奪われた。6月6日の対広島戦では九里亜蓮からプロ初となる1イニング2長打を放った。6月9日の対阪神戦では同年に移籍したジェイソン・スタンリッジを初完封勝利に導いた。7月4日の対楽天戦では細川の負傷交代で4回守備からマスクを被り、9回同点一死一二塁の場面では福山博之から二塁打を放って移籍後初のサヨナラタイムリーで初のお立ち台に立った。7月8日のオリックスとの首位攻防戦では走者が三塁にいる状態で2併殺を含む3凡退とチャンスを潰し、チームは対オリックス戦4連敗を喫して2位に転落した。8月2日の対日本ハム戦で2本の犠飛で古巣から初打点を挙げた。最終的にレギュラーシーズンは49試合で先発マスクを被り、フル出場した19試合では15勝4敗、2完封勝利だった。中田とのコンビでは開幕5連勝を含む9勝を挙げて中田の二桁勝利に貢献したが、他の投手とは目立つ成績を残せなかった。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た稲葉篤紀

    ''、開幕マスクで勝利したが、同年も大野と併用起用となった。4月は好ブロックで完封試合を作るなど順調だったが、5月5日からの先発マスクで6連敗した(チームは9連敗)。6月1日の対中日戦で出た2年ぶりの本塁打が新人・大谷翔平の初勝利を援護する逆転弾となった。6月16日の対ソフトバンク戦では8回同点二死一二塁の場面で代打起用されるとプロ初のヘッドスライディングでブライアン・ファルケンボーグから内野安打をもぎ取り、稲葉篤紀の勝ち越し打を呼んだ。6月26日の同カードでは10回無死二塁の場面でバントした所、一塁手の中村晃が悪送球し、チームは同年初のサヨナラ勝利で最下位を脱出した。7月1日に監督推薦でオールスターへ選出された。オールスターでは7月19日第1戦で4回守備から途中出場して澤村拓一から安打したが2盗塁・同点打を許した。第2戦は6回の守備のみ出場して1盗塁・1失点を許した。8月10日の対千葉ロッテ戦11回同点一死三塁の場面で代打起用され、藤岡貴裕からプロ11年目にして初のサヨナラタイムリー打を放った。8月23日の対オリックス戦では初めて指名打者で先発出場して2打点を挙げた。9月14日から先発マスクで6連敗し、チームは前年優勝からの最下位に終わった。最終的に76試合に先発出場して(指名打者1試合)、フル出場した41試合で24勝17敗、3完封勝利だった。移籍してきた木佐貫洋とのコンビで初勝利・完封勝利を含む9勝を挙げたものの、他の主力投手では負け越してチームの借金の大半を背負った。盗塁阻止率もリーグワーストの.188だった。打撃では規定未到達ながら自己最高の打率.295で終えた。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た高橋信二

    ''、プロ入り後初めて開幕を一軍で迎えたが、正捕手だった高橋信二が故障により5月の月間打率.063という打撃不振となったことから併用起用となりスターティングメンバーに定着した。5月13日に札幌ドームで行われた対横浜ベイスターズ戦で秦裕二の初球ストレートを左中間席に運び初本塁打を記録し、これが決勝打となった。5月18日の対阪神タイガース戦では逆転タイムリー打を含む3安打でプロ初の猛打賞を記録した。5月19日の対広島東洋カープ戦では八木智哉をリードし8回を無失点に抑えて自身初の完封勝利(降雨コールド)を果たした。6月20日から7月7日まで球団タイ記録となる45年ぶりの11連勝の際に10試合で先発出場した。最終的にレギュラーシーズンは67試合に先発出場し、フル出場した16試合では10勝6敗、5完封勝利だった。スタメン時はプロ2年目のダルビッシュ有と15試合、同年の新人王・プロ1年目・八木と14試合とのバッテリーで大幅に勝ち越した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た武田勝

    クライマックスシリーズ第1ステージは10月11日第1戦で8番捕手としてフル出場を果たし、ダルビッシュを9回1失点の完投勝利に導き、6回には4点目となるダメ押し犠飛も放った。第2ステージは3試合に先発出場し10打数4安打2打点と2勝に貢献した。10月18日第2戦に8番捕手でフル出場し、ダルビッシュを3安打完封勝利に導き、打っては3回にヒットで出塁して先制の走者として生還、ダメ押しの犠飛と活躍。10月19日第3戦では西武先発・帆足和幸との相性から人生初の2番打者として起用され、3回の4得点に繋がる安打、8回の追加点に繋がる犠打など勝利に貢献した。これはプロ野球のポストシーズンで初となる捕手の2番起用となった。8月25日以来となる武田勝とのコンビで連日の先発起用だったが、制球に苦しんだ武田を強気なリードで5回2失点(自責点1)とリードした。第4戦は2安打1打点と活躍したが、先発・スウィーニーと組んで3回で7失点と序盤で試合を壊した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

169件中 11 - 20件表示

「鶴岡慎也」のニューストピックワード

  • ヤマトイワナは死滅

  • 県くらし環境部長

  • 湧水(ゆうすい)の全量を大井川水系に戻すことは対話を開始した前提であり、JR東海は守る責務がある