71件中 21 - 30件表示
  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た北海道日本ハムファイターズ

    鶴岡 慎也(つるおか しんや、1981年4月11日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(捕手)。2012年から選手会長を務める。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た最優秀バッテリー賞

    は長らくバッテリーを組んだダルビッシュが移籍するも、斎藤佑樹やボビー・ケッペル・吉川光夫の先発試合を中心に大野と併用されている状態であったが、中盤に大野が不振で出場選手登録を抹消された頃から重用され始める。最終的には116試合に出場し、打率.266と自己最多の成績を残した。また、吉川とのコンビで最優秀バッテリー賞も獲得した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た秦裕二

    初本塁打:2006年5月13日、対横浜ベイスターズ2回戦(札幌ドーム) - 7回裏無死、秦裕二から鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見たジョッシュ・スチュワート

    初安打・打点:同上(4回表・第2打席) - ジョッシュ・スチュワートから適時打鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た小山桂司

    は、捕手を固定したい梨田昌孝監督の方針で開幕当初は正捕手だった。ダルビッシュの他、多田野数人、ブライアン・スウィーニーの先発する試合のほとんどにおいても鶴岡が捕手を任されたが、その他の先発投手との相性の悪さを解消できず、高橋や前年まで一軍未出場であった小山桂司に先発マスクを譲ることがあり、またシーズン後半は抑え投手・マイケル中村の登板時に中嶋聡と交代することが増えた。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た九州男

    九州男 『ONE LIFE』(偶数打席、- 2011年)鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た八木智哉

    に初の開幕一軍入り。正捕手だった高橋信二の打撃不振で徐々に出番が増え、シーズン終盤からアジアシリーズにかけてはダルビッシュ有、八木智哉とコンビを組んだ。は開幕からしばらくは控えだったが、中盤辺りからダルビッシュの先発時はほぼ必ず鶴岡が先発マスクを被るようになった。その他若手投手先発時にマスクを被ることもあったが、八木の不振もあってか前年と比較すると出番は減少した。また、課題の打撃を克服するための視力矯正手術をシーズンオフに行った。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た石井裕也 (野球)

    石井裕也 - 三菱重工横浜硬式野球クラブ時代の同僚。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た日本の高校野球

    高校時代は、樟南高校の捕手として甲子園に2度(春の第70回選抜高等学校野球大会・夏の第81回全国高等学校野球選手権大会)出場。夏は、準決勝の桐生第一高校(群馬県代表)戦で、後に日本ハムファイターズでチームメイトとなる正田樹と対戦し、自身は1安打を放ったがチームは敗退した。なお、当時の樟南高校のエースは上野弘文で、一学年下には青野毅が在籍していた。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た埼玉西武ライオンズ

    初出場:2005年9月7日、対西武ライオンズ18回戦(インボイスSEIBUドーム) - 7回表二死に代打、投手は松坂大輔鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「鶴岡慎也」のニューストピックワード