169件中 51 - 60件表示
  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た田村藤夫

    日本シリーズでは全6試合に出場し5試合で先発マスクを被った。11月1日第2戦では指を骨折したまま一軍に復帰したダルビッシュをリードし、ツーランホームランの2失点のみに抑えて勝利した。第3戦では糸数をリードしたが3本のソロ本塁打を打たれて敗戦。11月5日第5戦では8回代打から守備についたが、1点リードから追いつかれ、再び勝ち越した9回にも同年負けなしの武田久をリードしたが本塁打を2本浴びて逆転サヨナラ負けの原因となった。11月7日第6戦では途中交代する7回まで2失点に抑えたが完封負けした。シーズン守備率は嶋基宏(.99699)と6糸差の2位(.99693)で、捕逸も2と少なかったことから三井ゴールデン・グラブ賞を初受賞した。球団としては1993年の田村藤夫以来の捕手での受賞となった。ダルビッシュがクイックモーションが苦手だった事で盗塁阻止率は.238とリーグ5位だった。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見たジョッシュ・スチュワート

    ''、二軍41試合で打率.282という好調から7月24日にサンマリンスタジアム宮崎で行われたフレッシュオールスターゲームに8番捕手として先発出場して長峰昌司から先制本塁打を放ち、同試合の最優秀選手賞を受賞した。9月3日に一軍へ昇格、9月7日の対西武戦で代打起用によりプロ初出場を果たし、松坂大輔にライトフライに打ち取られたが、守備では岩本勉をリードし6者連続の凡退に抑えた。9月19日の対西武戦では本拠地・札幌ドームでの初出場を果たした。9月25日の対オリックス・バファローズ戦では9番捕手として初のスタメン出場・フル出場を果たし、守備では9回2失点に抑えて勝利に貢献、4回第2打席でジョッシュ・スチュワートからタイムリー打を放ってプロ初安打・初打点を記録、さらに二盗を成功してプロ初盗塁も記録した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た秦裕二

    ''、プロ入り後初めて開幕を一軍で迎えたが、正捕手だった高橋信二が故障により5月の月間打率.063という打撃不振となったことから併用起用となりスターティングメンバーに定着した。5月13日に札幌ドームで行われた対横浜ベイスターズ戦で秦裕二の初球ストレートを左中間席に運び初本塁打を記録し、これが決勝打となった。5月18日の対阪神タイガース戦では逆転タイムリー打を含む3安打でプロ初の猛打賞を記録した。5月19日の対広島東洋カープ戦では八木智哉をリードし8回を無失点に抑えて自身初の完封勝利(降雨コールド)を果たした。6月20日から7月7日まで球団タイ記録となる45年ぶりの11連勝の際に10試合で先発出場した。最終的にレギュラーシーズンは67試合に先発出場し、フル出場した16試合では10勝6敗、5完封勝利だった。スタメン時はプロ2年目のダルビッシュ有と15試合、同年の新人王・プロ1年目・八木と14試合とのバッテリーで大幅に勝ち越した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見たフレッシュオールスターゲーム

    ''、二軍41試合で打率.282という好調から7月24日にサンマリンスタジアム宮崎で行われたフレッシュオールスターゲームに8番捕手として先発出場して長峰昌司から先制本塁打を放ち、同試合の最優秀選手賞を受賞した。9月3日に一軍へ昇格、9月7日の対西武戦で代打起用によりプロ初出場を果たし、松坂大輔にライトフライに打ち取られたが、守備では岩本勉をリードし6者連続の凡退に抑えた。9月19日の対西武戦では本拠地・札幌ドームでの初出場を果たした。9月25日の対オリックス・バファローズ戦では9番捕手として初のスタメン出場・フル出場を果たし、守備では9回2失点に抑えて勝利に貢献、4回第2打席でジョッシュ・スチュワートからタイムリー打を放ってプロ初安打・初打点を記録、さらに二盗を成功してプロ初盗塁も記録した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た埼玉西武ライオンズ

    社会人野球の三菱重工横浜(2001年より三菱重工横浜硬式野球クラブ)へ進み3番打者を任され、後に日本ハムでチームメイトとなる石井裕也とバッテリーを組んでいた。に日本ハムの入団テストを受けたが不合格となった。に再び日本ハムの入団テストを受けて合格し、11月20日2002年度プロ野球ドラフト会議で日本ハムファイターズから8巡目指名を受けて入団。同クラブでは1993年石井貴(元・埼玉西武ライオンズ)以来のプロ野球選手となった。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見たゴールデングラブ賞

    日本シリーズでは全6試合に出場し5試合で先発マスクを被った。11月1日第2戦では指を骨折したまま一軍に復帰したダルビッシュをリードし、ツーランホームランの2失点のみに抑えて勝利した。第3戦では糸数をリードしたが3本のソロ本塁打を打たれて敗戦。11月5日第5戦では8回代打から守備についたが、1点リードから追いつかれ、再び勝ち越した9回にも同年負けなしの武田久をリードしたが本塁打を2本浴びて逆転サヨナラ負けの原因となった。11月7日第6戦では途中交代する7回まで2失点に抑えたが完封負けした。シーズン守備率は嶋基宏(.99699)と6糸差の2位(.99693)で、捕逸も2と少なかったことから三井ゴールデン・グラブ賞を初受賞した。球団としては1993年の田村藤夫以来の捕手での受賞となった。ダルビッシュがクイックモーションが苦手だった事で盗塁阻止率は.238とリーグ5位だった。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見たオリックス・バファローズ

    ''、二軍41試合で打率.282という好調から7月24日にサンマリンスタジアム宮崎で行われたフレッシュオールスターゲームに8番捕手として先発出場して長峰昌司から先制本塁打を放ち、同試合の最優秀選手賞を受賞した。9月3日に一軍へ昇格、9月7日の対西武戦で代打起用によりプロ初出場を果たし、松坂大輔にライトフライに打ち取られたが、守備では岩本勉をリードし6者連続の凡退に抑えた。9月19日の対西武戦では本拠地・札幌ドームでの初出場を果たした。9月25日の対オリックス・バファローズ戦では9番捕手として初のスタメン出場・フル出場を果たし、守備では9回2失点に抑えて勝利に貢献、4回第2打席でジョッシュ・スチュワートからタイムリー打を放ってプロ初安打・初打点を記録、さらに二盗を成功してプロ初盗塁も記録した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た北海道日本ハムファイターズ

    2018年から復帰する北海道日本ハムファイターズでは2012年から選手会長を務めた。実弟は東邦ガス硬式野球部に所属の鶴岡和紘(捕手)。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た最優秀バッテリー賞

    ''、開幕マスクで勝利したが大野と併用起用され、7月上旬の大野の抹消をきっかけに正捕手となった。鶴岡の誕生日である4月11日に北九州市民球場で行われた対ソフトバンク戦では先制打を放ち、八木を3年ぶりの完封勝利に導いた。4月20日の対オリックス戦で2年目の斎藤佑樹を初の完封勝利に導いた。6月25日に捕手部門のファン投票1位でオールスター選出が発表された。オールスターは全3試合に出場した。7月20日第1戦で9番捕手で先発出場し無安打、7回4失点だった。第2戦・第3戦は守備のみの出場だった。8月21日に旭川スタルヒン球場で行われた対オリックス戦では5回に2本のタイムリー打で3打点を挙げ、1966年東映時代に並ぶ1イニング11得点の球団記録に貢献した。9月28日に2位西武を本拠地で迎えた首位攻防戦で先発マスクを被り、吉川を完封勝利に導いて優勝マジック4を点灯させた。最終的にレギュラーシーズンは94試合でスタメンマスクを被り、フル出場した59試合では44勝9敗6分、10完封勝利(1完封引き分け)だった。同年のMVPを受賞した吉川とのコンビでは14勝を挙げて、10月23日に最優秀バッテリー賞を初受賞した。日本ハムでは1993年金石昭人?田村藤夫以来の受賞だった。また4月以降勝ち星に見放されていた武田勝と7月10日にコンビを組んで勝ち越し打を放ち武田の誕生日を白星で飾ると、その後4連勝して最終的に7勝2敗の成績を残した。打撃では打率.266と自己最高の成績を残した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た甲斐拓也

    ''、細川が退団(後に楽天へ移籍)したにもかかわらず、甲斐拓也を初めとする若手捕手抜擢の影響で、宮崎春季キャンプをB組でスタート。レギュラーシーズンでは開幕から一軍に入ったものの、実際には甲斐・高谷に次ぐ3番手捕手という扱いで、一軍公式戦への出場が29試合(スタメン起用は4試合)にとどまった。チームのリーグ優勝・クライマックスシリーズ突破で迎えた横浜DeNAベイスターズとの日本シリーズでは、11月2日の第5戦(横浜)8回表1死から代打に起用。チームがそれまで無安打無得点に抑えられていたDeNA先発の濱口遥大から二塁打を放って、1人の投手による日本シリーズ史上初のノーヒットノーラン達成を阻止した。しかし、レギュラーシーズン中の8月22日に海外FA権を再度取得したことから、スタメンでの出場機会を求めて他球団への移籍を決意。チームの日本シリーズ制覇2日後の11月7日には、球団を通じて自身2度目のFA権行使を申請するとともに、ソフトバンクを退団する意向を表明した。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

169件中 51 - 60件表示

「鶴岡慎也」のニューストピックワード

  • ヤマトイワナは死滅

  • 県くらし環境部長

  • 湧水(ゆうすい)の全量を大井川水系に戻すことは対話を開始した前提であり、JR東海は守る責務がある