6087件中 91 - 100件表示
  • 都城都市圏

    都城都市圏から見た鹿児島県鹿児島県

    都城盆地一帯は古くから「きりしまんじだ」とも称され、圏域の結びつきは強い。江戸時代は薩摩藩でありながらも一貫して都城島津氏(北郷氏)の私領として本藩からはある程度独立した位置づけであったため、産業や文化などにおいて鹿児島とはまた異なる独自の発展を遂げてきた。都城都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄山形屋

    沖縄山形屋から見た鹿児島県鹿児島県

    株式会社沖縄山形屋(おきなわやまかたや)は、かつて沖縄県那覇市牧志の国際通り沿いに存在した日本の百貨店。鹿児島県に本社を置く山形屋の子会社だった。沖縄山形屋 フレッシュアイペディアより)

  • 大淀川

    大淀川から見た鹿児島県鹿児島県

    大淀川(おおよどがわ)は、鹿児島県、宮崎県を流れ太平洋(日向灘・フィリピン海)に注ぐ大淀川水系の本流であり宮崎県を代表する河川である。大淀川 フレッシュアイペディアより)

  • 島津光久

    島津光久から見た鹿児島県鹿児島県

    内政では財政の立て直しのために家老の島津久通に命じて寛永17年(1640年)に長野(現在の鹿児島県薩摩郡さつま町永野)に金山を開発する。しかし、徳川幕府の妨害により寛永20年(1643年)には早くも操業を停止させられるなど苦難の連続で、金山の再開発が始まるのは明暦2年(1656年)であった。光久の治世は、幕府の鎖国政策によりそれまで依存していた海外貿易に収入の期待ができなくなったことから、この金山開発の他、新田開発、洪水対策など、産業振興による収入源の確保が基本政策となった。島津光久 フレッシュアイペディアより)

  • 長善寺 (枕崎市)

    長善寺 (枕崎市)から見た鹿児島県鹿児島県

    長善寺(ちょうぜんじ)は鹿児島県枕崎市にかつて存在した曹洞宗の寺。山号は「福寿山」であった。長善寺 (枕崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 日置

    日置から見た鹿児島県鹿児島県

    日置市(ひおきし) - 鹿児島県の市。日置 フレッシュアイペディアより)

  • 志布志

    志布志から見た鹿児島県鹿児島県

    志布志町 - 鹿児島県曽於郡にあった町。2006年に有明町・松山町と合併し、上記の志布志市の一部となった。志布志 フレッシュアイペディアより)

  • 伊敷

    伊敷から見た鹿児島県鹿児島県

    伊敷村 - 鹿児島県鹿児島郡に1950年(昭和25年)まで存在していた自治体。現在の鹿児島市伊敷地域にあたる。伊敷 フレッシュアイペディアより)

  • 屋久島電工

    屋久島電工から見た鹿児島県鹿児島県

    屋久島電工株式会社(やくしまでんこう、)は、東京都中央区に本社、鹿児島県熊毛郡屋久島町に事業所を置く企業。日本で唯一炭化ケイ素の製造を行うほか、屋久島島内に3か所の水力発電所を有し、農協や九州電力などを通じて島内の一般家庭へ電力の供給を行う。屋久島電工 フレッシュアイペディアより)

  • 第15飛行隊 (陸上自衛隊)

    第15飛行隊 (陸上自衛隊)から見た鹿児島県鹿児島県

    急患空輸では、南西諸島各離島で発生した急病患者が、島内での救命治療が困難な場合、役所など行政機関が所管県庁(この場合、沖縄県または鹿児島県)の防災課を通し、各県知事が自衛隊による災害派遣を法根拠に第15旅団へ要請する。離島での地域格差や医療格差などが深刻化する中、第15飛行隊の急患空輸任務は増加の一途をたどっており世界中の軍隊・警察・消防が運用する航空機レスキューの出動回数と比較しても出動回数は多い。民間運用のドクターヘリと違い、24時間体制でスタンバイしているため夜間の出動も多く、またいかなる天候状況でも飛ばなければならない状況にあるため、パイロットや航空機関士、管制官などを担当する隊員たちの練度と意識は高いといわれている。第15飛行隊 (陸上自衛隊) フレッシュアイペディアより)

6087件中 91 - 100件表示

「鹿児島のできごと」のニューストピックワード