前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示
  • 超タイムショック各回の概要

    超タイムショック各回の概要から見た麻木久仁子麻木 久仁子

    2次予選の教科別タイムショックにて、麻木久仁子が初のパーフェクトを、宮崎美子も教科別12アンサーズでパーフェクトを達成した。しかし、レギュラー問題での達成者はでなかった。決勝ではクイズの女王の麻木、宮崎、敗者復活戦で勝ち上がってきた東貴博の3人が激突。2巡目で東、3巡目で麻木が失格となり宮崎美子が初代チャンピオンになった。超タイムショック各回の概要 フレッシュアイペディアより)

  • クイズタイムショック

    クイズタイムショックから見た麻木久仁子麻木 久仁子

    パーフェクト(すなわち、1分間12問全問正解)を達成すると、田宮・山口・生島時代は天井から大量の紙吹雪と風船(山口担当の後期は風船がなく、天井に吊るされたくす玉が割られて紙吹雪だけ)が降りながら(田宮時代の途中から解答席の周りのランプが点滅した。山口時代には時計台ランプが回転しながら点滅して解答席の周りのランプが点滅しながら椅子が降下した。生島時代は上昇する椅子ではないため、降下しなかった)。鹿賀・中山&新山時代では天井から降らせる代わりにキャノン砲と呼ばれる機械式のクラッカーから大量の銀色の紙吹雪と紙テープが降り、同時に消灯していた秒針部分が一定のパターンで点滅し時計台周りのライトが色を変えながら回転し、ファンファーレが鳴る。ただし「タイムショック 芸能界クイズマスター決定戦」以降、優勝決定のみキャノン砲から大量の紙テープが舞うのみになり、紙吹雪は入っていない(田宮・山口時代は連続して紙吹雪と風船を降らせることが可能だった。例を上げると2007年10月放送の「プライベートタイムショック」で和田アキ子がパーフェクトを達成した時や、2008年3月27日放送の麻木久仁子と宮崎美子がパーフェクトを達成した時は、紙テープは降らず、電飾のみの演出)。クイズタイムショック フレッシュアイペディアより)

  • 木村晋介

    木村晋介から見た麻木久仁子麻木 久仁子

    昭和40年代には、TBSラジオで、7時間半のワイド番組「木村弁護士正義の友達」のパーソナリティを勤めた。比較的最近では「関口宏の東京フレンドパークII」に出演したこともある(1998年10月26日OA。パートナーは麻木久仁子、獲得金貨は2枚)。2006年11月5日に「熱血!平成教育学院」の特番に出演した際には、成績はけして良いとは言えなかった(この時、和服姿に扇子を持つといういでたちで出演した)。木村晋介 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ王

    クイズ王から見た麻木久仁子麻木 久仁子

    1990年代半ばにクイズ王関連の番組が次々と終了し、クイズ王のブームは沈静化したが、「クイズ王」という一つのブランドは(『料理の鉄人』の「鉄人」と同様)マニア以外の一般視聴者にも膾炙した。辰巳琢郎やラサール石井、麻木久仁子らが「芸能界のクイズ王」と呼ばれ始めたのもこの頃であろう。クイズ王 フレッシュアイペディアより)

  • 麻木久仁子のニッポン政策研究所

    麻木久仁子のニッポン政策研究所から見た麻木久仁子麻木 久仁子

    麻木久仁子をメインパーソナリティとし、各界の専門家をゲストに招いて現状の分析や政策提言などを聞くトーク番組。麻木久仁子のニッポン政策研究所 フレッシュアイペディアより)

  • DHC COUNTDOWN jp

    DHC COUNTDOWN jpから見た麻木久仁子麻木 久仁子

    - 深野のパートナーが早坂あきよから麻木久仁子に交代。DHC COUNTDOWN jp フレッシュアイペディアより)

  • 抜き打ちテスト (めちゃ×2イケてるッ!)

    抜き打ちテスト (めちゃ×2イケてるッ!)から見た麻木久仁子麻木 久仁子

    光浦靖子は過去に参加したうち初回から4回連続で成績トップを達成した。第6回では、天敵・麻木久仁子との頂上決戦を2点差で制して「できまん」の称号を得たが、第8回では麻木に敗れV5を逃した。また、メンバーをまとめる存在である矢部浩之は第1回で低成績(ワースト3位)となり、岡村先生に「プッチバカ」と命名された。矢部はゲストのみが試験に参加する時も影の司会進行役として出演している。抜き打ちテスト (めちゃ×2イケてるッ!) フレッシュアイペディアより)

  • 驚きももの木20世紀

    驚きももの木20世紀から見た麻木久仁子麻木 久仁子

    司会を三宅裕司と麻木久仁子(初期は黒木瞳などが短期間で交替)が務め、毎週1つのテーマ・人物にスポットを当てて、ゲストコメンテーターとともに語り合う番組。主にゲストとして出演していたのは漫画家の黒鉄ヒロシやジャーナリストの鳥越俊太郎や放送作家の高田文夫などだった。取り上げるテーマにはスキャンダラスなものも多く、番組開始当初は日本テレビ系『知ってるつもり?!』と比較され俗物的な扱いを受けていたが、回を進めるごとにテーマと内容に幅広さと深さを見せ、視聴者からの支持を集めた。驚きももの木20世紀 フレッシュアイペディアより)

  • プレッシャーSTUDY

    プレッシャーSTUDYから見た麻木久仁子麻木 久仁子

    やくみつる、宮崎美子、有賀さつき、麻木久仁子、金田一秀穂、辰巳琢郎、村上てつや、パックン、伊集院光、吉村作治プレッシャーSTUDY フレッシュアイペディアより)

  • 27時間テレビ

    27時間テレビから見た麻木久仁子麻木 久仁子

    司会/中居正広、西山喜久恵 出場チーム/バスストップ(飯島直子・網浜直子)、ナースのお仕事3(観月ありさ・神田うの)、花村大介(ユースケ・サンタマリア・水野美紀・いしだ壱成)、翼をください!(菅野美穂・陣内孝則)、ジュブナイル(香取慎吾・麻木久仁子・鈴木杏)27時間テレビ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示

「麻木久仁子」のニューストピックワード