前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • 地方自治情報センター

    地方自治情報センターから見た麻生渡麻生渡

    理事:麻生渡(福岡県知事、全国知事会会長)地方自治情報センター フレッシュアイペディアより)

  • 日本農林漁業振興会

    日本農林漁業振興会から見た麻生渡麻生渡

    副理事長:飯塚昌男、植村正治、奥田碩、麻生渡日本農林漁業振興会 フレッシュアイペディアより)

  • 地域創造

    地域創造から見た麻生渡麻生渡

    麻生渡 全国知事会会長地域創造 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年大阪市長選挙

    2007年大阪市長選挙から見た麻生渡麻生渡

    野党側は、参院選勝利の勢いが維持されたとみて、度重なる「政治とカネ」の問題などで現職の太田房江が不出馬を表明した、2008年1月27日の大阪府知事選挙での勝利へと持ち込もうと、大学教授の熊谷貞俊を、民主・社民・国民新の推薦で擁立したが、自民・公明が推薦したタレントで弁護士の新人橋下徹に敗れ、落選した(→2008年大阪府知事選挙参照)。同じような構図は、福岡県の政令市長選挙でも、福岡市長選挙(2006年)・北九州市長選挙(2007年)でそれぞれ、民主が推薦した吉田宏、民主・社民・国民新が推薦した北橋健治が当選したことを受け、福岡県知事選挙への勝利へつなげようと稲富修二を民主・社民推薦で擁立するものの、自民・公明が支援した現職の麻生渡に敗れた例などがある。2007年大阪市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 指定金融機関

    指定金融機関から見た麻生渡麻生渡

    かつては、地方公共団体の指定金融機関になることは、地域における信用力を補完し、またコストをかけずとも、巨額の公金を預金として確保できることなどから、各金融機関とも指定獲得競争を展開した。現在でも岐阜県のように指定金融機関を巡って地域銀行間が競争をする事例もある。また、福岡県では麻生渡知事が指定金融機関である福岡銀行から政治献金を受けて問題になったことがある。指定金融機関 フレッシュアイペディアより)

  • 添田町

    添田町から見た麻生渡麻生渡

    前町長の山本文男は、1971年に就任して以来、10期40年近く町長を務めた。2007年1月16日に告示された町長選挙では、山本以外に立候補者が無く、10期目の当選を果たした。存命ならば2011年初頭まで町長職を務める勘定となっていた。また、全国町村会の会長を、1999年から2010年3月まで10年余り務め、当時全国知事会会長を務める麻生渡(当時福岡県知事)と協調して、地方の声を政府に伝える役割を担っていた。添田町 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野力

    牧野力から見た麻生渡麻生渡

    昭和38年入省組同期には、麻生渡、黒田直樹、秋山収(内閣法制局長官)、横堀恵一(エネ研理事長、国際エネルギー機構パリ本部局長)、佐伯嘉彦(日本製紙連合会理事長)、渡辺光夫(製品安全協会理事長)、高沢信行(立地公害局工業再配置課長時に撚糸工連事件)、高島章(特許庁長官)など。牧野力 フレッシュアイペディアより)

  • 第14回統一地方選挙

    第14回統一地方選挙から見た麻生渡麻生渡

    福岡県:麻生渡(無現?)第14回統一地方選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 立花町連続差別ハガキ事件

    立花町連続差別ハガキ事件から見た麻生渡麻生渡

    2006年12月7日、福岡県会議員吉村敏男(民主党福岡県連副代表)が福岡県議会で初めてこの問題を取り上げ、福岡県知事麻生渡に「県内においても八女郡立花町において、2003年12月から町職員に対し、同和地区出身者であることを理由に、仕事をかわるように、辞めるように要求する匿名はがきが連続して送りつけられる極めて悪質な差別事件が発生しています。現在、立花町や関係機関により、解決に向けた取り組みがなされていますが、今なお事件解決のめどは立っておらず、いっときも早い解決が強く望まれます。そこで知事に伺います。県として立花町差別はがき事件に対する取り組み、さらには人権、同和問題解決に向けて啓発の一層の取り組みが重要と考えますが、見解をお聞きします」と質問した。これに対して麻生は「立花町におきます差別事件につきましては、まことに遺憾なことでございます。法務局、地元の立花町など関係機関と対策会議を設けて連携をしながら取り組んでいるわけでございますが、今後とも解決に向けました取り組みを幅広く積極的に進めてまいる考えでございます」と答えた。立花町連続差別ハガキ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋

    小川洋から見た麻生渡麻生渡

    2011年4月10日に執行された福岡県知事選挙で初当選。立候補にあたっては自由民主党福岡県連合会所属の一部党員から擁立の動きがあり、その後引退を決めていた麻生渡(やはり元特許庁長官)も「後継者」に指名。2月11日、福岡市内で正式に立候補する意思を示した。その際特定政党の支援は受けず、「県民党」の立場で立候補することも表明。小川洋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示