前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • 2007年の政治

    2007年の政治から見た麻生渡麻生渡

    福岡県:現職で自民・公明支援の麻生渡が当選。2007年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ちんちろまい

    ちんちろまいから見た麻生渡麻生渡

    福岡県知事:麻生渡(特別出演)ちんちろまい フレッシュアイペディアより)

  • 中島孝之

    中島孝之から見た麻生渡麻生渡

    1964年に西南学院大学商学部商学科を卒業した後、福岡県庁に入庁。地方課(現・市町村支援課)課長、商工部長、企画振興部長などを歴任した。1999年、後に全国知事会長となった麻生渡県知事の指名と議会の承認により福岡県副知事に就任。中島孝之 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山收

    秋山收から見た麻生渡麻生渡

    同期に、牧野力、川口融(福岡通商産業局長、原子力発電環境整備機構副理事長)、麻生渡、横堀恵一など秋山收 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年大阪市長選挙

    2007年大阪市長選挙から見た麻生渡麻生渡

    野党側は、参院選勝利の勢いが維持されたとみて、度重なる「政治とカネ」の問題などで現職の太田房江が不出馬を表明した、2008年1月27日の大阪府知事選挙での勝利へと持ち込もうと、大学教授の熊谷貞俊を、民主・社民・国民新の推薦で擁立したが、自民・公明が推薦したタレントで弁護士の新人橋下徹に敗れ、落選した(→2008年大阪府知事選挙参照)。同じような構図は、福岡県の政令市長選挙でも、福岡市長選挙(2006年)・北九州市長選挙(2007年)でそれぞれ、民主が推薦した吉田宏、民主・社民・国民新が推薦した北橋健治が当選したことを受け、福岡県知事選挙への勝利へつなげようと稲富修二を民主・社民推薦で擁立するものの、自民・公明が支援した現職の麻生渡に敗れた例などがある。2007年大阪市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 永次廣

    永次廣から見た麻生渡麻生渡

    県行政とも関わりがあり、福岡県人事委員会委員長を務めた。2009年12月には福岡県町村会による汚職問題の発覚を受けて設けられた「町村会に係る職員倫理調査委員会」メンバーに外部有識者として選ばれ、互選により委員長を務めることとなった。捜査権がない中で調査を進め、2010年3月に最終報告書を麻生渡知事に提出した。永次廣 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野力

    牧野力から見た麻生渡麻生渡

    昭和38年入省組同期には、麻生渡、黒田直樹、秋山収(内閣法制局長官)、横堀恵一(エネ研理事長、国際エネルギー機構パリ本部局長)、佐伯嘉彦(日本製紙連合会理事長)、渡辺光夫(製品安全協会理事長)、高島章(特許庁長官)など。牧野力 フレッシュアイペディアより)

  • 指定金融機関

    指定金融機関から見た麻生渡麻生渡

    かつては、地方公共団体の指定金融機関になることは、地域における信用力を補完し、またコストをかけずとも、巨額の公金を預金として確保できることなどから、各金融機関とも指定獲得競争を展開した。岐阜県のように指定金融機関を巡って地域銀行間が競争をする事例もある。また、福岡県では麻生渡知事が指定金融機関である福岡銀行から政治献金を受けて問題になったことがある。指定金融機関 フレッシュアイペディアより)

  • 真島省三

    真島省三から見た麻生渡麻生渡

    2007年に第16回統一地方選挙として行われた福岡県議会議員選挙で、八幡西区選挙区から立候補し当選。この時は真島が唯一の共産党所属県議だった。当時福岡県知事だった麻生渡に県町村会をめぐる汚職について追及した。しかし次の選挙では議席を守れず落選。この選挙では共産党が県議会での議席を全て失う結果となり、これを機に国政に活動の場を求めるようになる。真島省三 フレッシュアイペディアより)

  • 第14回統一地方選挙

    第14回統一地方選挙から見た麻生渡麻生渡

    福岡県:麻生渡(無現?)第14回統一地方選挙 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示