前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
859件中 1 - 10件表示
  • OZ/オズ

    OZ/オズから見た麻薬麻薬

    『オズ』では人種差別、暴力、麻薬、同性愛といった難しいテーマや汚い言葉、セックスシーン、排泄行為など従来では放送不可能な事柄が、大胆に生々しく描写されている。また、企画・脚本はトム・フォンタナ一人が担当しているため、番組は1年間にわずか8本しか製作されておらず、これが番組の質の向上を手助けしている。OZ/オズ フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国の諜報・情報機関

    朝鮮民主主義人民共和国の諜報・情報機関から見た麻薬麻薬

    これらの情報機関は、青瓦台襲撃未遂事件、ラングーン事件、軍事境界線を経由した数多くの侵入事件、潜水艦による侵入事件、金正日の妻の甥である李韓永の暗殺事件、金東植スパイ事件、大韓航空機爆破事件、日本人拉致、麻薬製造と密輸、不審船、武器の密売、偽札製造、偽旅券製造、親北朝鮮派の組織化、情報宣伝活動などさまざまな工作を行っているとされる。朝鮮民主主義人民共和国の諜報・情報機関 フレッシュアイペディアより)

  • LSD (薬物)

    LSD (薬物)から見た麻薬麻薬

    日本では1970年に麻薬に指定された。LSD (薬物) フレッシュアイペディアより)

  • レンズマン

    レンズマンから見た麻薬麻薬

    ウィリアム・"ワイルド・ビル"・ウィリアムス: キムの偽名。ユーフロジーヌ及びトレッシリアの潜入捜査の際に使用。ユーフロジーヌ工作の当初は「荒くれながら腕は確かな隕石鉱夫」という設定であったが、バーゲンホルムが故障して立ち往生した遭難船を救助した際、船長から感謝と尊敬を受けるも、要らぬ注目を浴びることを避けるためにキムの機転でその場で麻薬(ベントラム)を大量服用して白痴的醜態を晒し、「元は優秀な技術者だったが、酒と麻薬(ベントラム)で身を持ち崩し、隕石鉱夫になった」という設定に微妙に書き換えられた。この機転により、きっかけさえあれば再度紳士に戻るだろうというキャラクターと、鉱夫として優秀でいつか価値の高い鉱石を発見してもおかしくないであろう理由が裏書きされることになり、この経歴を利用しトレッシリア工作で再度ワイルド・ビル・ウィリアムスの名前を利用した。二度同じ偽名を利用したのはこの名前のみである。キムはこの役を演じる為、演技ではなく実際に麻薬中毒者となった。陽気で歌が好きだが下手。レンズマン フレッシュアイペディアより)

  • 月光のカルネヴァーレ

    月光のカルネヴァーレから見た麻薬麻薬

    麻薬を密売する少年ギャング・バンビーニの一員として暮らす孤児。かなりの博識で、ロメオに助けられてからは観光ガイドとしてロメオと組んでいる。バンビーニに所属していた時は相手になめられないようにという理由で、男として振る舞っていた。性格は意地っ張りだがガイドとしては有能である。スリをしていたこともあり、手先が器用。月光のカルネヴァーレ フレッシュアイペディアより)

  • ラリパッパ

    ラリパッパから見た麻薬麻薬

    ラリパッパとは、シンナーや麻薬を使用したような状態のこと。ラリパッパ フレッシュアイペディアより)

  • 児童ポルノ

    児童ポルノから見た麻薬麻薬

    メールや郵便などで他人の児童ポルノの画像や本を送りつけたり、相手の所持品の中に他人の児童ポルノの写真を(本人に知られないように)紛れ込ませた後、警察に通報するだけで特定の個人や団体を簡単に社会的に抹殺することが可能となる。児童ポルノ(特にデジタルカメラやイメージスキャナなどで作成されたデータ)は拳銃や麻薬と異なり、入手や複製が容易であり、実際に作成することも可能なので、こうした冤罪が横行する可能性が大きくなる(場合によっては、フォトレタッチの合成写真で児童ポルノを作成される可能性もありえる)。前項に記された様にイギリスでは同様の冤罪事件が現実に発生している。児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • オピオイド

    オピオイドから見た麻薬麻薬

    オピオイド自体、現在は鎮痛剤のひとつとして用いられることが多いが麻薬の仲間である。ケシから作られたアヘンにはモルヒネが含まれている。アヘンは昔から快楽を得る薬として用いられてきた。モルヒネの脳への移行性を高めたもの(エステル化などを施し、脂溶性を高めBBB透過性を高める)がヘロインである。ヘロインには2007年現在医学的適応はない。また、麻薬以外に社会問題になりやすい物質として覚醒剤があげられる。覚醒剤に近いとされるメチルフェニデートには精神科領域ではナルコレプシーに対する医学的適応が存在する。医療用の麻薬、覚醒剤は歴史的には目的外利用による麻薬、覚醒剤の乱用を広めるという負の役割も果たしてきた。オピオイド フレッシュアイペディアより)

  • ラッキー・ルチアーノ

    ラッキー・ルチアーノから見た麻薬麻薬

    その後、麻薬ビジネスや売春業などで儲けるようになると、世界屈指の一流ホテル、ウォルドルフ=アストリアの豪華なスイートルームにチャールズ・ローズなる偽名で住んだ。若い頃の彼はしゃれた格好をしたニューヨークのプレイボーイで常に美女軍団を連れてストーク・クラブで大盤振る舞いをしていた。ラッキー・ルチアーノ フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬・覚せい剤乱用防止センター

    麻薬・覚せい剤乱用防止センターから見た麻薬麻薬

    財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センター(まやく・かくせいざいらんようぼうしせんたー、Drug Abuse Prevention Center DAPC)は、麻薬、覚せい剤の乱用防止のため設立された、日本の厚生労働省・警察庁管轄の財団法人である。本部は東京都港区虎ノ門2-7-9にある。麻薬・覚せい剤乱用防止センター フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
859件中 1 - 10件表示

「麻薬・薬物問題」のニューストピックワード