859件中 11 - 20件表示
  • ドイツ無政府主義ポゴ党

    ドイツ無政府主義ポゴ党から見た麻薬麻薬

    全ての麻薬及び薬物の合法化ドイツ無政府主義ポゴ党 フレッシュアイペディアより)

  • 少女鮫

    少女鮫から見た麻薬麻薬

    ある女子高では、問題児ばかりが海に投げ捨てられ鮫に食い殺される事件が頻発していた。実は被害者はみな麻薬常習者であり、高校の中に売人がいたのだった。帰国子女である紫堂涼子(アル)はひょんなことから麻薬組織に巻き込まれるが、最終的に親友をひとり喪いながらも組織を壊滅させることに成功した。少女鮫 フレッシュアイペディアより)

  • ナンシー・レーガン

    ナンシー・レーガンから見た麻薬麻薬

    ナンシーはその控えめなファッションが当時の多くの女性達に真似られたことと、「Just Say No」反麻薬キャンペーンの支援、占星術への傾倒でよく記憶される。実際彼女には、ファーストレディ時代にジョウン・クイグリーという個人的な占星家がいた。占星家達は1981年の大統領暗殺未遂事件以後、夫の安全を守るためとして重用されるようになった。それはホワイトハウスのスケジュールにも影響を及ぼすようになり、重大な困惑の原因となった。日付は占星家のアドバイスによって「よい」日、「普通の」日、避けるべき日と色分けされた。このことが原因でホワイトハウス首席補佐官のドナルド・リーガンはファーストレディと対立することとなり、最終的にリーガンは1987年に辞職した。ナンシー・レーガン フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬取締官

    麻薬取締官から見た麻薬麻薬

    麻薬取締官(まやくとりしまりかん)は、麻薬取締や薬物の不正ルートの解明などの薬物犯罪の捜査や正規麻薬(医療などの目的で許可を受けて合法的に使用される麻薬)の不正使用・横流し・盗難等の監視・捜査を行う厚生労働省の職員である。俗に麻薬Gメン、マトリと呼ばれる。具体的には、厚生労働省の地方支分部局である地方厚生局(地方厚生支局を含む)に設置されている麻薬取締部(沖縄麻薬取締支所を含む)に配属されている。麻薬取締官 フレッシュアイペディアより)

  • メトカチノン

    メトカチノンから見た麻薬麻薬

    メトカチノン(methcathinone)は習慣性薬物で、エフェドリンから合成される麻薬である。麻薬及び向精神薬取締法により麻薬として規制されている物質である。Methylenedioxy-Methcathinoneとなると、メチロン(通称)になる。なお、Methylenedioxy-Methcathinoneの別名はbk-MDMAである。これは、メタンフェタミンのβ-ケトン体であり、先述の麻薬及び向精神薬取締法をすり抜けることができたデザイナーズ・ドラッグであったが、2007年2月に麻薬指定を受け規制されることになった。メトカチノン フレッシュアイペディアより)

  • ドラッグストア・カウボーイ

    ドラッグストア・カウボーイから見た麻薬麻薬

    麻薬を打った時に現れる幻覚を映像で描き、麻薬が人に及ぼす精神状態の変化など、麻薬の魅力と恐怖の両面を描いた作品。ガス・ヴァン・サントの35ミリ映画監督デビュー作。ドラッグストア・カウボーイ フレッシュアイペディアより)

  • カイリー・アイルランド

    カイリー・アイルランドから見た麻薬麻薬

    コロラド州デンバーの郊外に位置する小さな村落で生まれた。両親が離婚する13歳頃までは優等生として成長するも、15歳頃から反抗的になり、ドラッグに手を出したこともあった。これは母親の再婚相手が一家を連れてカリフォルニア州サンディエゴに移るまで続いた。サンディエゴへと移ってからは真面目な学生に戻った。高校を順風満帆に卒業し大学へ入学。大学では放送ジャーナリズムを専攻した。高校時代から大学時代に掛けて、パートタイムでビデオチェーン店の受注の仕事を経験。ポルノ映画についての多くを学んだ機会でもあった。カイリー・アイルランド フレッシュアイペディアより)

  • ジーア/悲劇のスーパーモデル

    ジーア/悲劇のスーパーモデルから見た麻薬麻薬

    『ジーア/悲劇のスーパーモデル』(原題: Gia)は、1998年1月31日にアメリカのケーブルテレビネットワークHBOで放送されたテレビ映画。劇場未公開の作品ではあるものの、アンジェリーナ・ジョリーの名前を一躍世間に知らしめたとして、ファンからは根強い人気を誇る。麻薬に溺れた実在のスーパーモデル、ジア・キャランジの人生を描いている。ジーア/悲劇のスーパーモデル フレッシュアイペディアより)

  • 青少年有害社会環境対策基本法案

    青少年有害社会環境対策基本法案から見た麻薬麻薬

    自民党は2002年4月に法案提出を断念したが「青少年健全育成基本法(2004年参議院提出、審議未了廃案)の早期成立」は2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙におけるマニフェストでも公約されている。なお、2006年7月に党の作業チームが行った「マニフェスト達成状況採点」では唯一、本項目のみが「取り組みが不十分」とされており、これを受けて安倍内閣で少子化対策担当大臣を歴任した高市早苗(党青少年特別委員長)が中心となり2008年、高市と松村龍二(内閣部会会長)はインターネットを対象にした「青少年の健全な育成のためのインターネットの利用による青少年有害情報の閲覧の防止等に関する法律案」(青少年インターネット有害情報規制法)の法案提出を目指す。この法案では性に関する価値観形成に悪影響を与える情報や青少年の残虐性を冗長する情報、犯罪・売春・自殺を誘発する情報、麻薬や自傷行為などによる心身の危険を誘発する情報、特定の青少年に対するいじめに当たる情報、家出などによる犯罪被害を誘発する情報を有害情報と定め、各省庁や政党から独立した行政機関「青少年健全育成推進委員会」を設置する。サイトの運営者や情報発信者には自主的な判断による有害情報の削除または会員制サイトへの移行を促す。プロバイダーや携帯電話各社、インターネットカフェにはフィルタリング (有害サイトアクセス制限)サービスなどにより青少年に有害情報を閲覧させないようにすることを求め、違反した場合は6ヶ月以下の懲役刑や100万円以下の罰金などの罰則規定も設けるとしていたが、野党側との協議により罰則の適用は見送られ6月11日に「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」が成立した。しかし,有害図書・雑誌や映画,DVDに関する法規制は,事前検閲と抵触する危険性が高く,未だ成立していない。青少年育成条例に基づく現行の青少年有害指定は,自治体職員によるコンビにや書店等の現場確認による個別指定方式と,各種自主規制団体による団体指定方式,猥褻表現のページ数または割合による包括指定方式の3通りであるが,罰則の適用例がほとんど無く,コンビニエンスストア等では区分陳列が形骸化しているのが現状である。青少年条例の存在しない長野県では,管下の市町村単位での条例制定による規制が進んでいる。青少年有害社会環境対策基本法案 フレッシュアイペディアより)

  • 須磨海水浴場

    須磨海水浴場から見た麻薬麻薬

    2011年には、花火の打ち上げが横行したり、麻薬使用で逮捕者が出たりするなどの風紀の乱れに対処するため、刺青の露出禁止や、花火など騒音の規制が始まった。須磨海水浴場 フレッシュアイペディアより)

859件中 11 - 20件表示

「麻薬・薬物問題」のニューストピックワード