859件中 21 - 30件表示
  • ダーティハリー2

    ダーティハリー2から見た麻薬麻薬

    サンフランシスコ市警察のハリー・キャラハンはある事件を追っていた。それは法の網をかいくぐる売春組織や麻薬組織の大物ばかりを狙った殺人事件であった。当初、ハリーは酒びたりの同僚・チャーリーを疑って捜査を開始するが、逆に彼は事件に巻き込まれ殺されてしまう。ダーティハリー2 フレッシュアイペディアより)

  • 覇王伝説 驍

    覇王伝説 驍から見た麻薬麻薬

    かつては温厚な領主が善政を敷いていたが、麻薬を扱う道塵に乗っ取られてからは、歓楽街・長楽を除き、野盗がはびこる地獄島と化した。覇王伝説 驍 フレッシュアイペディアより)

  • ナズ

    ナズから見た麻薬麻薬

    麻薬の売買やギャングスタの生活を題材としたギャングスタ・ラップから、ゲットーの現実や、そこから抜け出そうというポジティブなメッセージ、世界情勢などを題材にしたコンシャス・ラップまで、幅広いを内容のリリックをラップするMCである。ナズ フレッシュアイペディアより)

  • ノーカントリー

    ノーカントリーから見た麻薬麻薬

    アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、麻薬取引の大金を巡って凄惨な殺戮劇が繰り広げられる。ノーカントリー フレッシュアイペディアより)

  • 覚醒剤

    覚醒剤から見た麻薬麻薬

    覚せい剤取締法で規制されている薬物として、『フェニルアミノプロパン』すなわちアンフェタミン、『フェニルメチルアミノプロパン』すなわちメタンフェタミン、及びその塩類やそれらを含有するものがある。後述の法規制に詳しい。これらは、一般に、数度の使用によって強い嗜好性が生じ、習慣性の依存状態となりやすい。日本では他の麻薬と区別され、所持、製造、摂取が厳しく規制されている。フェニル酢酸から合成する手法が一般的であるが、アミノ酸のフェニルアラニンを出発物質として合成することもできる。覚醒剤 フレッシュアイペディアより)

  • フェンタニル

    フェンタニルから見た麻薬麻薬

    フェンタニル(Fentanyl)とは、主に麻酔や鎮痛、疼痛除去の目的で利用される合成麻薬で、強オピオイドの一種である。フェンタニル フレッシュアイペディアより)

  • ジアゼパム

    ジアゼパムから見た麻薬麻薬

    ジアゼパムは不安障害や興奮の治療に用いられる。また、有痛性筋痙攣(いわゆる「こむらがえり」)などの筋痙攣の治療にはベンゾジアゼピン類の中で最も有用であるとされている。鎮静作用を生かし手術などの前処置(いわゆるプレメジ)、そしてアルコールや麻薬(オピオイド)による離脱症状の治療にも用いられる。変わったところでは、軍事的ないしそれに類する狙撃手によって、筋弛緩作用と呼吸を緩やかにする作用から命中率を高めるために用いられることもある。ジアゼパム フレッシュアイペディアより)

  • 耐性 (薬理学)

    耐性 (薬理学)から見た麻薬麻薬

    耐性(たいせい、あるいは寛容、drug tolerance)とは、疾病の治療に用いられる医薬品などを反復して投与するうちに、投与されたヒトや動物が抵抗性を獲得して効力が低下していく現象のこと。薬物耐性とも呼ばれるが、麻薬などの向精神薬に対する耐性のことを特に薬物耐性と呼ぶことも多い。耐性 (薬理学) フレッシュアイペディアより)

  • デザイナードラッグ

    デザイナードラッグから見た麻薬麻薬

    デザイナードラッグ (designer drug) は向精神薬を評価する用語で、現存する麻薬の分子構造を組変えたり、同じような機序を目的とした医薬品設計(drug design)を行い、現行法では対処できなくなっている薬物の事を指す。類似麻薬とも呼ばれる。日本では、行政や規制者が脱法ドラッグの危険性に警鐘を促すために好んでよく使う用語である。広義の意味では、単に現存する薬物の分子構造を組変えた事により作られた薬物の事を指す。デザイナードラッグ フレッシュアイペディアより)

  • 疼痛

    疼痛から見た麻薬麻薬

    鎮痛薬には医療用麻薬、非麻薬性鎮痛薬(オピオイド)、NSAIDs、アセトアミノフェン、鎮痙鎮痛薬、局所麻酔薬というものが知られている。それぞれ作用機序がありNSAIDsの場合はアラキドン酸カスケードのシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することでプロスタグランジン(PG)の産出を阻害することで鎮痛効果を得る。PGは疼痛物質ではないが疼痛を増強する作用があることが知られている。副腎ステロイドはさらに上流のホスホリパーゼA2を阻害し鎮痛作用を得ることが知られているが抗炎症作用が強すぎるため、あまり鎮痛薬としては用いない。PGの作用は疼痛増強以外にも多くが知られるため、NSAIDsは副作用が多いことが知られている。副作用をいかに防ぐかということで様々な種類のNSAIDsが開発されている。アセトアミノフェンの作用機序は2007年現在明らかになっていない(COX-3の阻害薬という説が存在する)。アセトアミノフェンは抗炎症作用がほとんどないことが知られているため、痛みの原因が炎症である場合は効果が薄いと考えられているが副作用が肝傷害のみであるので小児の発熱などには使いやすい薬である。オピオイドはオピオイド受容体にアゴニストとして作用することで鎮痛効果を得られると考えられている。オピオイドには麻薬と非麻薬性鎮痛薬に分類されるが作用機序は変わらないと考えられている。非麻薬性鎮痛薬は弱オピオイドとも言われ、天井効果があることが知られている。疼痛 フレッシュアイペディアより)

859件中 21 - 30件表示

「麻薬・薬物問題」のニューストピックワード