859件中 31 - 40件表示
  • コーヒー

    コーヒーから見た麻薬麻薬

    コーヒーには軽度の習慣性があるとされる。これはカフェインによる作用だと言われている。カフェインには軽い依存症を引き起こす働きがある。また一日に300mg以上(コーヒー3杯に相当)のカフェインを常用する人には、カフェイン禁断頭痛と呼ばれる一種の禁断症状が現れることがある。これは最後のカフェイン摂取から24時間以上経過すると偏頭痛様の症状が現れるものである。このカフェイン禁断頭痛は症状が現れてから、カフェインを摂取することで30分以内に消失するが、カフェインを摂取しない場合は2日程度継続する。ただし、これらの症状は麻薬類やニコチン、アルコールと比較して、きわめて軽微なものだと考えられており、規制や年齢制限などは必要ないと考えられている。コーヒー フレッシュアイペディアより)

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群から見た麻薬麻薬

    当初、アメリカでエイズが広がり始めたころ、原因不明の死の病に対する恐怖感に加えて、感染者にゲイや麻薬の常習者が多かったことから感染者に対して社会的な偏見が持たれたことがあった。現在は病原体としてHIVが同定され、異性間性行為による感染や出産時の母子感染も起こり得ることが知られるようになり、広く一般的な問題として受け止められている。後天性免疫不全症候群 フレッシュアイペディアより)

  • ケシ

    ケシから見た麻薬麻薬

    栽培植物としての歴史は古く、紀元前5000年頃と考えられるスイスの遺跡から本種の種子が発見されている(どのように利用されていたかは不明)。四大文明が興った頃にはすでに薬草として栽培されていたとされ、シュメールの楔形文字板にも本種の栽培記録がある。本種の薬用利用はそこからエジプトを経てギリシャに伝わったと考えられ、ローマ帝国を経てヨーロッパ全土に広まった。その間に帝国の退廃を映して利用法も麻薬用へと変貌を遂げ、大航海時代を経てアヘン原料として世界各地に広まった。ケシ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアン・マフィア

    ロシアン・マフィアから見た違法薬物麻薬

    2009年におけるイタリアの検事報告は、ロシア国外に活動するロシアンマフィアの人員総数を30万以上と見積もっている。南ドイツ新聞の報告によれば、ヨーロッパに活動するロシアンマフィアの人員総数はおよそ16万と見積もられ、イタリア系の7万を超える最大勢力となっている。中でも初の進出国かつ最大の『受け入れ国』と言われるポーランドでは2万名以上が活動しているものと見られている。イタリアにおいてはコーサ・ノストラと提携したうえで農林関係産業と船舶業者を事実上の完全支配下に置き、スペインにおいては違法薬物ならびに違法銃器市場の9割を掌握していると見られている。ロシアン・マフィア フレッシュアイペディアより)

  • メデジン・カルテル

    メデジン・カルテルから見た麻薬麻薬

    メデジン・カルテル(Cártel de Medellín)は、コロンビアの犯罪組織。パブロ・エスコバルによりコロンビアのメデジンに創立された、麻薬密売者の組織化されたネットワークで、主に1970年代及び1980年代を通して活動した。メデジン・カルテル フレッシュアイペディアより)

  • 空の境界

    空の境界から見た麻薬麻薬

    いたって平凡な若者だが、ただ一点「物を探す」ということに関してだけは、まるで冗談のような才能を見せる(橙子の噂を聞いて実際に会ってみたいと考え、彼女が張っていた結界をものともせず「伽藍の堂」にたどり着いた。また、小川マンションの調査を行なった際には、わずか一晩で設計図、建設期間、建設に関わった主な作業員の名前、構造、水道管の配置、オーナー会社、各住人の家族構成、勤め先、前の住所まで網羅した調査書を仕上げてみせた。さらに、玄霧皐月(後述)について調べた際はわずか1日で、しかも日本から出ることなく、十数年前ウェールズに住んでいた彼の少年時代の事情を知る者を見つけてしまう)。そのため、橙子に探偵になるよう勧められたこともある。父親が薬剤店を営んでいる人間と知り合いで、麻薬などにも詳しい。空の境界 フレッシュアイペディアより)

  • 薬物依存症

    薬物依存症から見た麻薬麻薬

    医学上は、あらゆる薬物への依存が薬物依存症に含められる。また「薬物」を法制上禁止されている薬物という意味合いに捉え、特に麻薬や違法とされる向精神薬、覚せい剤などによる薬物依存症のことを指す言葉として用いられることもある。一般的に幻覚剤には強い依存性はなく、さらに他の薬物の依存症の治療に良好な結果が見られるものもある。薬物依存症 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た麻薬麻薬

    江戸時代からほとんどの団体は「一家」を冠し、傘下に「組」を冠する団体を置いていた。また、明治から昭和にかけて複数の一家が集まった「会」、「連合」などが現れた。平成の現在も「会」の傘下に「一家」を置き、さらにその傘下に「組」や「興業」を置く団体が多いが最大勢力の山口組に関しては他の暴力団に比べ新興組織であるため例外と言える。社会に対しては企業や右翼団体、また近年ではNPO法人を装うこともある。 「シノギ(凌ぎ)」と呼ばれる資金獲得行為には、いわゆる「みかじめ料」(縄張り内で一般人が商業を営む際の挨拶代や権利代。用心棒料)徴収などの恐喝行為(及び、意に沿わない者や建造物等に対する放火や銃撃)、売春の斡旋、覚醒剤や麻薬などの薬物取引、集団での野生動物の密猟、テロ行為、銀行や郵便局、宝石店や博物館、美術館等の襲撃、万引きや強盗等の窃盗、賭博開帳、誘拐による身代金、闇金融などの非合法な経済活動、何らかの理由で公に出来ない交渉事を請け負うことが多い。また、日本刀や銃器などを用いた団体間の抗争を行うことがあり、それによる殺人事件も数多く行っている。刺青、指詰め、盃事(さかずきごと)などの特殊な文化を持つ。 構成員は社会的には「暴力団員」と呼ばれるが、その他にも「ヤクザ」(転じて「ヤーさん」、「ヤっちゃん」等)、「極道」、「渡世人(とせいにん)」、、「ゴロツキ」、「稼業人(かぎょうにん)」、「筋者」等、年少者の場合は「不良」、下級構成員の場合は「チンピラ」等と呼ばれる。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • P-3 (航空機)

    P-3 (航空機)から見た麻薬麻薬

    アメリカ税関向け。麻薬密輸機取締り用に一時使用。4機改造。P-3 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • リバティーシティ

    リバティーシティから見た麻薬麻薬

    リバティーシティが「アメリカ最悪の街」と呼ばれる理由としては、全体的に治安が悪く凶悪犯罪が多発し、また上に述べたような移民の人種ごとに規模の異なる犯罪組織が存在しており、殺人、麻薬取引、窃盗などの犯罪行為に及んでいる事が挙げられる。さらにLCPD(Liberty City Police Department、リバティーシティ市警)の、必要とあらば軍隊まで動員する過剰防衛の傾向や、悪徳警官の収賄などの不安定な内情もあり、市民の不安は留まるところを知らず、同都市は「Great place to leave(脱出するのに最適な場所)」などという不名誉な呼び名を与えられている。リバティーシティ フレッシュアイペディアより)

859件中 31 - 40件表示

「麻薬・薬物問題」のニューストピックワード