1071件中 31 - 40件表示
  • ロシアン・マフィア

    ロシアン・マフィアから見た違法薬物麻薬

    2009年におけるイタリアの検事報告は、ロシア国外に活動するロシアンマフィアの人員総数を30万以上と見積もっている。南ドイツ新聞の報告によれば、ヨーロッパに活動するロシアンマフィアの人員総数はおよそ16万と見積もられ、イタリア系の7万を超える最大勢力となっている。中でも初の進出国かつ最大の『受け入れ国』と言われるポーランドでは2万名以上が活動しているものと見られている。イタリアにおいてはコーサ・ノストラと提携したうえで農林関係産業と船舶業者を事実上の完全支配下に置き、スペインにおいては違法薬物ならびに違法銃器市場の9割を掌握していると見られている。ロシアン・マフィア フレッシュアイペディアより)

  • 責任能力

    責任能力から見た麻薬麻薬

    心神喪失および心神耗弱の例としては、精神障害や知的障害・発達障害などの病的疾患、麻薬・覚せい剤の使用によるもの、飲酒による酩酊などが挙げられる。ここにいう心神喪失・心神耗弱は、医学上および心理学上の判断を元に、最終的には「そのものを罰するだけの責任を認め得るか」という裁判官による規範的評価によって判断される。特に覚せい剤の使用に伴う犯罪などに関してはこの点が問題となることが多いが、判例ではアルコールの大量摂取や薬物(麻薬、覚せい剤など)などで故意に心神喪失・心神耗弱に陥った場合、刑法第39条第1項・第2項は適用されない(「原因において自由な行為」論)としている。責任能力 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ無政府主義ポゴ党

    ドイツ無政府主義ポゴ党から見た麻薬麻薬

    全ての麻薬及び薬物の合法化ドイツ無政府主義ポゴ党 フレッシュアイペディアより)

  • コーサ・ノストラ

    コーサ・ノストラから見た麻薬麻薬

    ボスを頂点とするピラミッド型の構造を持ち、忠誠心と暴力による恐怖支配によって組織を維持した。秘密結社でもあり、組織について沈黙を守るよう定める血の掟によって、その実態が表面化することは少なかった。麻薬・売春などの犯罪はもとより、公共工事への介入など、その活動は多岐に渡る。コーサ・ノストラ フレッシュアイペディアより)

  • 東京ギャング対香港ギャング

    東京ギャング対香港ギャングから見た麻薬麻薬

    石井輝男監督による"ギャング映画"6作目。東映(東映東京撮影所、以下、東撮)製作の"ギャング映画"全11作では9作目に当たる。東映初の海外ロケーションを実施し、香港、マカオで一週間ロケを敢行した。麻薬取引を巡り東京と香港のギャング組織が血で血を洗う死闘を繰り広げる。東京ギャング対香港ギャング フレッシュアイペディアより)

  • 市街戦

    市街戦から見た麻薬麻薬

    戦争の勝敗が主要都市の制圧にかかっていることは歴史的に見ても多い。第二次世界大戦においては、スターリングラード攻防戦やベルリン攻防戦、また、現代においても、朝鮮戦争のソウル会戦、ベトナム戦争のテト攻勢、第四次中東戦争のスエズの戦い、ソマリア内戦におけるモガディシュの戦闘など多くの市街戦が行われてきた。ブラジルのリオデジャネイロではファヴェーラ(スラム)を根城とする麻薬ギャング組織を撲滅するために、リオデジャネイロ州軍警察所属の特殊警察作戦部隊BOPEが、スラムでの市街戦を現在も経験している。現代では抗議のために集まったデモ隊が武装して暴徒化すると、警察では対処が難しくなり軍が投入され市街戦に発展することもある。このような状況ではスポーツライフルや猟銃、火炎瓶などが使われる。市街戦 フレッシュアイペディアより)

  • ナンシー・レーガン

    ナンシー・レーガンから見た麻薬麻薬

    ナンシーはその控えめなファッションが当時の多くの女性達に真似られたことと、「Just Say No」反麻薬キャンペーンの支援、占星術への傾倒でよく記憶される。実際ナンシーには、ファーストレディ時代にジョウン・クイグリーという個人的な占星家がいた。占星家達は1981年の大統領暗殺未遂事件以後、夫の安全を守るためとして重用されるようになった。それはホワイトハウスのスケジュールにも影響を及ぼすようになり、重大な困惑の原因となった。日付は占星家のアドバイスによって「よい」日、「普通の」日、避けるべき日と色分けされた。このことが原因でホワイトハウス首席のドナルド・リーガン補佐官はファーストレディと対立することとなり、最終的にリーガン補佐官は1987年に辞職した。ナンシー・レーガン フレッシュアイペディアより)

  • ナズ

    ナズから見た麻薬麻薬

    文学性の高い深みのあるリリックは高く評価されている。題材は、麻薬の売買やギャングスタの生活を題材としたギャングスタ・ラップから、ゲットーの現実や、そこから抜け出そうというポジティブなメッセージ、世界情勢などを題材にしたコンシャス・ラップまで幅広い。ナズ フレッシュアイペディアより)

  • リバティーシティ

    リバティーシティから見た麻薬麻薬

    リバティーシティが「アメリカ最悪の街」と呼ばれる理由としては、全体的に治安が悪く凶悪犯罪が多発し、また、上に述べたような移民の人種ごとに規模の異なる犯罪組織が存在しており、殺人、麻薬取引、窃盗などの犯罪行為に及んでいる事が挙げられる。さらにLCPD(Liberty City Police Department、リバティーシティ市警)の、必要とあらば軍隊まで動員する過剰防衛の傾向や、悪徳警官の収賄などの不安定な内情もあり、市民の不安は留まるところを知らず、同都市は「Great place to leave(脱出するのに最適な場所)」などという不名誉な呼び名を与えられている。リバティーシティ フレッシュアイペディアより)

  • 覇王伝説 驍

    覇王伝説 驍から見た麻薬麻薬

    かつては温厚な領主が善政を敷いていたが、麻薬を扱う道塵に乗っ取られてからは、歓楽街・長楽を除き、野盗がはびこる地獄島と化した。覇王伝説 驍 フレッシュアイペディアより)

1071件中 31 - 40件表示

「麻薬・薬物問題」のニューストピックワード