1071件中 61 - 70件表示
  • 違法薬物

    違法薬物から見た麻薬麻薬

    違法薬物 フレッシュアイペディアより)

  • 憂鬱アンドロイド

    憂鬱アンドロイドから見た麻薬麻薬

    ネオ・ノイドの一員。森口に麻薬を渡した。憂鬱アンドロイド フレッシュアイペディアより)

  • 森田草楽堂

    森田草楽堂から見た麻薬麻薬

    麻薬卸売販売             森田草楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 選考採用

    選考採用から見た麻薬麻薬

    近年、京都市職員による不祥事(覚せい剤使用(1996年から2006年までに覚せい剤や麻薬使用で逮捕された職員は20人)、収賄、傷害、私文書偽造、暴行)などが相次いで報道され、しかも不祥事を起こした職員が特定の部門に集中していることから選考採用によって長年不適格な者を採用し続けていた弊害が厳しく批判されている。選考採用 フレッシュアイペディアより)

  • ブツ

    ブツから見た麻薬麻薬

    違法な物品 : 例えば麻薬・覚醒剤の類をこのように呼ぶ。これは売買の際にそのような物品を所持しているだけでも逮捕に相当する犯罪行為であるため、これの所持を秘匿するために代替語として用いているケースである。概ね麻薬密売では相互が同じ目的でその場に居るため符丁として「ブツ」といえば麻薬のことを指すが、不特定多数に対してブツといっても通じない。同様の歪曲表現には「白い粉」もある。ブツ フレッシュアイペディアより)

  • 芸能界ドラッグ汚染

    芸能界ドラッグ汚染から見た合成麻薬麻薬

    芸能人として高い知名度を持つ人物が覚醒剤・合成麻薬・大麻・コカインといった違法薬物等を所持・摂取していたことが発覚し、逮捕される事例は後を絶たず、時に社会ニュース・芸能ゴシップの両面を巻き込んで大きな社会的話題となることがある。その中には歌手・ミュージシャン・俳優・タレントなどとして芸能界で高いステイタスを確立している人物や、たとえ一時期であっても時代の寵児として絶頂期を送り日本芸能史に燦然たる足跡を残した人物も少なからず見られる。芸能界ドラッグ汚染 フレッシュアイペディアより)

  • 芸能界ドラッグ汚染

    芸能界ドラッグ汚染から見た違法薬物麻薬

    芸能界ドラッグ汚染(げいのうかいドラッグおせん)とは、日本の芸能界において、違法薬物(ドラッグ)関連の事犯に関連して各種芸能人・タレントが逮捕される事件が繰り返されていることである。芸能界ドラッグ汚染 フレッシュアイペディアより)

  • アンティル諸島駐屯フランス軍

    アンティル諸島駐屯フランス軍から見た麻薬麻薬

    海軍は海域司令官の下で、フォール=ド=フランスに基地を置き、約500人が配置されている。海軍部隊は特に治安維持、そのなかでも広大な海域で繰り広げられる麻薬密輸との戦いを重視しており、漁業取締や水路業務をしつつ年間8,000時間に及ぶ海上監視活動と訓練を実施している。この海域におけるフランスの排他的経済水域の範囲は150,000平方キロメートルあり、南米大陸から流入する麻薬はカリブ海諸国を中継してアメリカ合衆国やヨーロッパ諸国に流入している。アンティル諸島駐屯フランス軍 フレッシュアイペディアより)

  • プリズン・ガール

    プリズン・ガールから見た麻薬麻薬

    ニューヨークに語学留学中の朋美は、麻薬の売買をしている恋人と付き合い続けていた。その後、麻薬取引の共謀罪に問われて実刑判決を言い渡されたため、刑務所に入れられたというもの。プリズン・ガール フレッシュアイペディアより)

  • 夜回り先生 (漫画)

    夜回り先生 (漫画)から見た麻薬麻薬

    原作:水谷修、漫画:土田世紀で、主に家族愛、麻薬、児童虐待、万引き、いじめなど社会問題になっていることをよく描いている。水谷は当初、「子どもたちとの大切な記録を単なる娯楽で汚されたくない」と漫画化には反対していたが、土田が描いた「ブランコ」(第1巻収録)を読み絶賛1。帯にも「亡くした子どもたちが、土田さんの絵を通して生き返ってくる。うれしくて哀しくて涙で読めません。」と寄せている。本作品のストーリーは水谷が高校の現役教師だった頃のものである。また、水谷以外は全てゲストキャラクターである為、明確な登場人物が存在しない。舞台は主に横浜市内となっている。夜回り先生 (漫画) フレッシュアイペディアより)

1071件中 61 - 70件表示

「麻薬・薬物問題」のニューストピックワード