1071件中 71 - 80件表示
  • フィクシング・ア・ホール

    フィクシング・ア・ホールから見た麻薬麻薬

    この曲は直訳すると「穴を修理する」となるが、スラング読みだと「(覚せい剤などの)液体の麻薬を注射した跡」となってしまうためBBCでは放送禁止に指定されてしまったというエピソードを持つ。ポールはこの曲の意味を雨漏りする屋根を直すという意味で、考えを変えないと言う意味の比喩だと言っている。フィクシング・ア・ホール フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴォー

    スティーヴォーから見た麻薬麻薬

    そして、このDVDの一部を撮影中に、公共物破壊、麻薬所持の疑いで逮捕された。スティーヴォーは、同じアパートに住む隣人を追い出すことを目的に、その隣人の部屋の外壁を叩き壊し、穴を開けていたという。すべては本人によってビデオ録画されており、CBSの情報番組『TMZ』が入手した映像には、「コイツを追い出したいか」と叫ぶスティーヴォーに対して、「オオー」という野次馬の声が入っている。午前5時ごろに隣人が市民逮捕し、駆けつけた警察官が家の中を調べたところ、少量の麻薬が見つかったとのこと。スティーヴォー フレッシュアイペディアより)

  • トンマーゾ・ブシェッタ

    トンマーゾ・ブシェッタから見た麻薬麻薬

    数多くの麻薬取引で悪名を馳せるが、本人は麻薬を扱ったことは1度もないと言い、麻薬取引を強く否定している。トンマーゾ・ブシェッタ フレッシュアイペディアより)

  • パガド

    パガドから見た麻薬麻薬

    1990年代、アパルトヘイトの解消が進められた南アフリカでは、有色人種の失業率が急激に上昇するとともに治安の悪化が深刻化、麻薬組織や暴力行為を働く集団が勢力を増し、人々の生活を脅かし始めた。西ケープ州に住むイスラム教徒一部は自警団を組織、コミュニティ内の安全の確保に動いた。自警団は、その後急速に発展しパカドが誕生した。パガド フレッシュアイペディアより)

  • アツミゲシ

    アツミゲシから見た麻薬麻薬

    であるが、第二次大戦後に一般的になった、刈り取った植物体を有機溶媒に浸出させるといった化学的手法を用いれば、本種からモルヒネなど、麻薬成分に指定されたアルカロイドを効率的に抽出することが可能である。ゆえに、日本では本種とソムニフェルム種の全面的な原則栽培禁止があへん法に謳われており、毎年5-6月の開花期になると、各地の保健所が中心となって、植えてはいけないけしの周知徹底を図るキャンペーンが張られているが、上述したように、駆除の現実はいたちごっこと化している。アツミゲシ フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド赤十字社

    フィンランド赤十字社から見た麻薬麻薬

    フィンランド赤十字はAIDSヘルプラインをもち、AIDSに関するキャンペーンを催しており、HIV患者と家族の発見、教育、援助を行っている。麻薬、アルコールに対する対策計画では防止と早期治療を求めている。また、これらのことに対応する学校カウンセラー、熟練したボランティアコミュニティーを持っている。フィンランド赤十字社 フレッシュアイペディアより)

  • テキサス (原子力ミサイル巡洋艦)

    テキサス (原子力ミサイル巡洋艦)から見た麻薬麻薬

    その後カリフォルニア州アラメダに母港を変更、テキサスはカール・ヴィンソン戦闘グループと共に「ウェストパック 1988 Westpac 1988」に参加し対空指揮艦の役割を果たす。この4回目の配備では日本、スービック海軍基地、オマーン、ケニアなどへの親善訪問も行われた。1989年には作戦活動およびサンフランシスコのハンターズ・ポイント造船所で短期間のオーバーホールを行う。その後年末には南アメリカの沖合で対麻薬作戦に従事した。テキサス (原子力ミサイル巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • 可児川

    可児川から見た麻薬麻薬

    2004年まで可児川堤防やその周辺には麻薬の原料になることで知られるアツミゲシが生育していた。可児川 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・シェイ

    ロバート・シェイから見た麻薬麻薬

    シェイは1960年代末、PLAYBOY誌の編集部でロバート・アントン・ウィルソンと出会った。その後親交を深め、セックス、ドラッグ、宗教、アナキズム、陰謀論をひとまとめにした小説《イルミナティ》を共同執筆することになった。彼らは親友だが、哲学や政治の面では意見が合わず、そのことが却って同作品に多面的視点を導入することになり、小説として豊かなものになっている。ロバート・シェイ フレッシュアイペディアより)

  • 第132歩兵大隊 (フランス軍)

    第132歩兵大隊 (フランス軍)から見た麻薬麻薬

    大隊は、フランス3軍(陸軍、海軍、空軍)から集まった訓練兵250名/年を受け入れて、購入された犬260頭/年と伴に訓練を受ける。教育内容としては大きく2つに分けられ、爆発物対策と麻薬対策の教育となる。第132歩兵大隊 (フランス軍) フレッシュアイペディアより)

1071件中 71 - 80件表示

「麻薬・薬物問題」のニューストピックワード