859件中 81 - 90件表示
  • 2C-I

    2C-Iから見た麻薬麻薬

    2C-I(にしーあい、化学:C10H14INO2)は幻覚剤の一種で、服用により幻覚作用を表す合成麻薬。白?淡褐色の結晶状の粉、柔軟性があるフワフワした感じの粉などが日本において流通している物の外観。フェネチルアミン系の薬物であるため、2C-BやMDMAのデザイナードラッグと評されることも多々ある。味は苦い。2C-I フレッシュアイペディアより)

  • グレナダ沿岸警備隊

    グレナダ沿岸警備隊から見た麻薬麻薬

    グレナダ沿岸警備隊(- えんがんけいびたい、Grenadian Coast Guard)は、グレナダ政府の2つの軍事部門の1つで、捜索、救助並びに麻薬の差し押さえを任務とする。グレナダ沿岸警備隊 フレッシュアイペディアより)

  • 強盗罪

    強盗罪から見た麻薬麻薬

    利益が不法という意味ではなく、利益を得る方法が不当という意味である。通説的見解によれば、民法では保護されない不法原因給付であっても刑法では保護されうる。例えば、麻薬の購入資金を預かり、これを不法に領得する目的で暴行・脅迫を加えた場合、二項強盗罪が成立する(最判昭和35年8月30日刑集14巻10号1418頁、強盗殺人のケース)。強盗罪 フレッシュアイペディアより)

  • 私立T女子学園

    私立T女子学園から見た麻薬麻薬

    外見は可愛いが、心は砂漠。「外面如菩薩内心如夜叉」を地で行く。自己中心的な性格だが、竹田ほど口は悪くなく、事を荒立てずに毒を吐くことが多い。そのため、ボコられることはまずない世渡り上手。ただし犯罪やサボりの常習犯で、麻薬やヤクザといった闇の世界にも通じている。そのため、本格的に命を狙われたことは数多い。家は上流階級なので、これら行動は単に彼女の趣味の様である。英語はバイリンガル並みに喋れ、フランス語も読める。全般的にテストの成績も良いが、進学願望はない。胸がないのが悩みで、ガーリッシュな格好をするようになってからも、何度も少年に間違えられている。帰宅部の部長であるが、活動内容は部員(クズちゃん)から部費を巻き上げるだけである。オカマの兄とケンカばかりしていたが、途中から仲良く会話もするようになり、心底険悪な仲でもない。私立T女子学園 フレッシュアイペディアより)

  • ジェレマイア・ライト

    ジェレマイア・ライトから見た麻薬麻薬

    『アメリカ合衆国政府は彼ら(アフリカ系アメリカ人達)にドラッグを与え、より大きな刑務所をつくり、三回重罪加重懲役法を成立させたくせに、我々(アフリカ系アメリカ人)に「神よアメリカに祝福を (God bless America) 」と唱わせようとする。とんでもないことだ。このようなことをする国に対して聖書は「神よアメリカに断罪を (God damn America) 」と唱えよと教えている。我が市民(アフリカ系アメリカ人達)を人間以下に扱っているアメリカに神よ断罪を。自分があたかも神であるかのように、かつ至上の存在であるかのようにふるまっているアメリカに神よ断罪を』ジェレマイア・ライト フレッシュアイペディアより)

  • トンマーゾ・ブシェッタ

    トンマーゾ・ブシェッタから見た麻薬麻薬

    数多くの麻薬取引で悪名を馳せるが、本人は麻薬を扱ったことは1度もないと言い、麻薬取引を強く否定している。トンマーゾ・ブシェッタ フレッシュアイペディアより)

  • アイパー滝沢

    アイパー滝沢から見た麻薬麻薬

    また、歌の中に放送禁止用語になりそうな言葉(恐らく「ヤク」「シャブ」などであろう)がある場合、自ら「ホンホン」というハミングで隠すという芸当も見せる(「白いホンホンホンを密輸する」など)が、実際には「ホンホホンホホン」と聞こえる。また、矢沢永吉のものまねをすることがある。アイパー滝沢 フレッシュアイペディアより)

  • 薬剤師法

    薬剤師法から見た麻薬麻薬

    5条 相対的欠格事由 : 心身の障害、麻薬、大麻、あへん中毒、罰金刑以上の刑に処せられたもの、薬事に関する犯罪、不正を行った者には、免許を与えないことができる。薬剤師法 フレッシュアイペディアより)

  • 国際麻薬統制委員会

    国際麻薬統制委員会から見た麻薬麻薬

    国際麻薬統制委員会(International Narcotics Control Board、略称:INCB)は、国際連合の機関の1つで、薬物関連国際条約の実施を目的とした準司法性と独立性を有する統制機関である。ウィーンに所在を置く。麻薬及び向精神薬の規制施行の監視、ならびに、前駆物質の規定において、重要な任務を果たしている。国際麻薬統制委員会 フレッシュアイペディアより)

  • シビレタケ属

    シビレタケ属から見た麻薬麻薬

    シビレタケ属(Psilocybe)とはモエギタケ科のキノコの属のひとつ。世界で広く分布している。この属は多くの種で幻覚化合物を含まないにもかかわらず、幻覚作用からよく知られた種であり、マジックマッシュルームとして広く知られている。幻覚作用を起こす物質としてシロシンやシロシビンを含んでいることが多く、ほとんどの種類が法律で麻薬として規制されている。傷つけると青く変色する種が多いが、変色しない種もある。シビレタケ属 フレッシュアイペディアより)

859件中 81 - 90件表示

「麻薬・薬物問題」のニューストピックワード