1071件中 81 - 90件表示
  • デヨ (駆逐艦)

    デヨ (駆逐艦)から見た麻薬麻薬

    1990年8月にカリブ海で対麻薬オペレーションを完了した後、デヨは空母フォレスタル戦闘グループの一部として1991年5月に地中海へ展開した。その後1994年には原子力空母ジョージ・ワシントン戦闘グループの一部として再び地中海に展開している。デヨ (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • グレナダ沿岸警備隊

    グレナダ沿岸警備隊から見た麻薬麻薬

    グレナダ沿岸警備隊(グレナダえんがんけいびたい、Grenadian Coast Guard)は、グレナダ政府の2つの軍事部門の1つで、捜索、救助並びに麻薬の差し押さえを任務とする。グレナダ沿岸警備隊 フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・ゲリラ・ファミリー

    ブラック・ゲリラ・ファミリーから見た麻薬麻薬

    BGFは人種差別の撤廃と囚人の地位向上を目的としており、メンバーの大部分はアフリカ系アメリカ人だった。やがてBGFは合衆国各地の刑務所に規模を広げていき、麻薬の売買や刑務所内における暴動の指揮を行っている。ブラック・ゲリラ・ファミリー フレッシュアイペディアより)

  • ドイル (フリゲート)

    ドイル (フリゲート)から見た麻薬麻薬

    最後の任務は、南方軍(SOUTHCOM)管轄地域における武器密輸取締り(CIT)任務であり、同任務に従事すべく2010年10月2日に母港・メイポート海軍補給基地を出港し、SOUTHCOM隷下で武器や麻薬の密売取締りを主任務とする統合タスクフォース「南方統合組織間協力タスクフォース」(JIATF South、JIATFS)に加わり、CIT任務に従事した。本任務中には、実際に捜査・逮捕などの権限を有する沿岸警備隊の法執行要員(LEDET)を同乗させるとともに、第42軽対潜ヘリコプター飛行隊(HSL-42)とも共同して任務に当たり、実際に東太平洋上において行われようとしていた武器密売を阻止、容疑者を拘束する成果を挙げている。ドイル (フリゲート) フレッシュアイペディアより)

  • ニグロフォビア

    ニグロフォビアから見た麻薬麻薬

    ヒロインはニューヨークの高級住宅に住む白人女子高生。オープニングでは、自室でくつろいで麻薬をやっている。黒人の使用人を雇っている一方、ハイスクールでは黒人たちにいじめられている。ニグロフォビア フレッシュアイペディアより)

  • 気まぐれな狂気

    気まぐれな狂気から見た麻薬麻薬

    長い刑務所暮らしを終えたチンピラのレイモンドは、恋人のアディと共に人生をやり直そうとするが、なかなか上手くはいかない。ついに嫌気がさした彼は、刑務所で知り合ったカーティスとマーカス、そしてアディを誘って、ディーラーの元からドラッグを盗み出す計画を立てるのだった。しかし、計画の実行当日に予想外の事態が発生する。なんと留守だと思っていたディーラーがそこにいたのだ。動揺する一同、するとカーティスがディーラーと取引相手を射殺してしまう。しかも死んだ取引相手を調べると、隠しマイクとカメラを身に付けた潜入捜査官だということが判明する。これにより、麻薬を持って国外に逃亡するしかなくなった一同は、たまたま草原にピクニックに来ていたカップルを人質にとり、メキシコへと向かうのだった。だが、実はマーカスも潜入捜査官の一人であり、彼らの逃亡先を警察へ知らせるメモを残していた。気まぐれな狂気 フレッシュアイペディアより)

  • ナイト・トーキョー・デイ

    ナイト・トーキョー・デイから見た合成麻薬麻薬

    尚、本作品の撮影には押尾学も出演していたが、本人による合成麻薬MDMAの所持・服用による(※:いわゆる押尾学事件)によって本人出演部分が日本版では全てカットされ、編集されている。オリジナル版には押尾学が登場するシーンも収録。ナイト・トーキョー・デイ フレッシュアイペディアより)

  • ラストデイズ

    ラストデイズから見た麻薬麻薬

    深い森の中を、独り言をつぶやきながら、下向きがちにあてどなく散歩する若者がいる。彼は、麻薬の矯正施設を抜け出した、若者の間でカリスマ視されるミュージシャン、ブレイクである。彼は、現役の頃の自分を慕う人々がたむろする家に戻るが、誰も彼に近づこうとしない。時はゆっくりと、終結に向かって過ぎていく。ラストデイズ フレッシュアイペディアより)

  • セカ

    セカから見た麻薬麻薬

    豊富なカリスマ性とファンの人気を通して、セカは一種のアンダーグラウンドなカルト有名人の地位を確立した。そして、彼女はポルノ業界を守るための主張者・スポークスマンとしてテレビトークショーに出演した(ニナ・ハートレーのように)。セカと元ポルノスター、ジェリー・バトラーは、チャック・ヘンリーがホストを務めるテレビ番組「330 」に出演した。セカは彼女がどんなにポルノを楽しんでいたか、財政的な問題は二の次だったかについて話した。ジェリーはさえぎった。「ああ本当に? それなら、なぜ、あなたの出演料は、映画一本につき15,000ドルから30,000ドルの間だったんですか?」 チャックはそれからジェリーに業界でのドラッグの使用について尋ねた。ジェリーは、多くの男優、女優、プロデューサー、監督が多大なプレッシャーの下にいるため、ドラッグを使っていると認めた。セカが「私は、業界の人々がなぜドラッグを必要とするのかについては、想像することができません」と言ったとき、バトラーは反撃した。「1978年はどうなのですか? 私は、あなたが一年中ドラッグのリハビリテーション中であったと聞いていますが。」セカ フレッシュアイペディアより)

  • アニエロ・デラクローチェ

    アニエロ・デラクローチェから見た麻薬麻薬

    1975年に亡くなったカルロ・ガンビーノは自分の後継者として組織のナンバー2と目されていたデラクローチェではなく血縁関係にあったポール・カステラーノを指名した。ガンビーノが亡くなってから1ヵ月後それまでしばらく脱税の容疑で収監されていたデラクローチェが出所、デラクローチェと一家の幹部で会議が行われた。その気になれば、デラクローチェはガンビーノ一家の中でも抜群の人気があったため、ガンビーノの指名を無視して投票に持ち込めば自らボスになれたかもしれないがデラクローチェはガンビーノの望みを尊重し素直に従った。このことに1番ショックだったのはゴッティたちデラクローチェの部下だった。カステラーノは以前から麻薬取引に積極的だったゴッティやアンジェロ・ルッジェーロらを嫌っていたと言われている。しかし、そのことが原因で今まで派閥抗争と比較的縁がなかったガンビーノ一家に、ポール派とニール派の2つの派閥を作り出すことになってしまう。ポールもニールのことを恐れてか、ボス就任後も本来は御法度とされているニールの麻薬ビジネスを黙認していた。アニエロ・デラクローチェ フレッシュアイペディアより)

1071件中 81 - 90件表示

「麻薬・薬物問題」のニューストピックワード