179件中 91 - 100件表示
  • 麻薬

    麻薬から見た肝臓

    経口摂取の場合、主に小腸から吸収され、肝臓で一旦解毒された後血液に混じるため、肝臓で分解される物質で直接脳内で作用させたい場合は、経口摂取以外の方法を採られる。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見たキノコ

    キノコのうち向精神性作用をもつもの(テングタケ、ベニテングタケ)麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た覚せい剤取締法

    麻薬及び向精神薬取締法では、一般市民に対して違法麻薬の所持・譲渡・製造・医療目的以外・輸出/輸入が厳しく規制されている。また上記内で毒性の強い麻薬は、覚せい剤取締法やあへん法、繊維など麻薬以外の用途を有する大麻は大麻取締法の特別刑法によって規制が行われている。またこれら麻薬関連法のうち大麻取締法のみ医薬品としての使用を禁止しており、昨今欧米で薬効が注目されている医療大麻問題として法規制の見直しを唱える国内団体も存在する。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た精神世界

    定義2、3に該当する麻薬 LSD は、1960年代後半に欧米を中心に爆発的に広まり、ヒッピームーブメントを生みだした。音楽、文学、映像、絵画、ファッションなどに大きな影響を与え、ベトナム戦争の反戦運動や精神世界、東洋哲学、エコロジーなどへの関心を集めた。中心人物として、元ハーバード大学教授のティモシー・リアリーや、『カッコーの巣の上で』を書いたケン・キージーなどがあげられる。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見たマレーシア

    麻薬の乱用により犯罪が誘発されることからほとんどの国では治安維持のために法規制されており許可無く製造・所持・使用すると刑罰が科される。スリランカ、マレーシア、シンガポール、中華人民共和国のようにアジア諸国には死刑を科す国も存在する。受刑者移送条約の非締結国で罪を犯した場合、日本より重い刑期をむかえることになる。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見たレバノン

    少量の生産販売で多額の利益が得られる事から、多くの国の反政府ゲリラや民兵組織が資金源として麻薬産業を保有する事が多い。また、同様の理由で、かつ、中央政府の支配力が及ばない事から貧しい農家が「究極の換金作物」として麻薬植物を栽培するケースも多く、アフガニスタンや内戦当時のレバノン・ベッカー高原などでは盛んに麻薬植物が栽培されている。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た総合感冒薬

    日本では麻薬の原料となりうる特定種のケシの栽培については、医薬品の原材料(総合感冒薬や鎮痛剤の成分である)とするため厚生労働省の委託を受けた特定農家での栽培、ならびに 都立薬用植物園(東京都小平市)での展示目的の栽培以外は違法である(市販されている観賞用のヒナゲシは麻薬成分を産生しない種類である)。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た東洋哲学

    定義2、3に該当する麻薬 LSD は、1960年代後半に欧米を中心に爆発的に広まり、ヒッピームーブメントを生みだした。音楽、文学、映像、絵画、ファッションなどに大きな影響を与え、ベトナム戦争の反戦運動や精神世界、東洋哲学、エコロジーなどへの関心を集めた。中心人物として、元ハーバード大学教授のティモシー・リアリーや、『カッコーの巣の上で』を書いたケン・キージーなどがあげられる。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た脳内麻薬

    麻薬(定義1)は、痛みに対する感覚を鈍らせる。そのため、モルヒネやコデインは鎮痛剤として医療の現場で処方される。麻薬性鎮痛剤として、モルヒネのような効果を持つメペリジン(商標名:デメロール)やメタドンが開発されている。メタドンはヘロイン中毒の治療に利用されるが、メタドン自体に依存性があるため、この薬の使用には賛否両論がある。薬剤の研究者は、これらの鎮痛薬の依存性を中和する方法を探る過程で、麻薬に反応する脳内の受容体(オピオイド受容体)を発見した。脳内麻薬と呼ばれることもあるエンドルフィンは、人体に存在する天然の鎮痛物質である。麻薬はエンドルフィンと同様の働きをし、オピオイド受容体と結合することが明らかになった。麻薬のアンタゴニストとして作用する薬物は、麻薬の作用を阻害し、乱用や過剰摂取の症状を逆転させる。こうして、アヘン剤とオピオイド受容体のアンタゴニストを組み合わせることにより、副作用の無い新しいタイプの鎮痛剤が作られるに至った。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た臨床

    欧米では、MDMA を心的外傷後ストレス障害の治療薬として役立てようとする動きもあり、治験が進行中である。一方、扱いの難しさ、濫用の防止、法的対応などの問題点により、現在日本の臨床分野での使用・実験は行われていない。麻薬 フレッシュアイペディアより)

179件中 91 - 100件表示

「麻薬・薬物問題」のニューストピックワード