179件中 11 - 20件表示
  • 麻薬

    麻薬から見たテロ支援国家

    依存性や毒性の強いアヘンやコカイン、覚醒剤等の麻薬は世界的に使用が厳しく規制されている。違法麻薬の流通によって引き起こされる社会治安崩壊を阻止する為に、国家と警察による厳しい取り締まりが行われている。しかし、集団犯罪組織が国家を通さずに違法麻薬を利用した栽培・製造・密輸・密売が横行している。少量で多額の利益が得られる事から反政府勢力や私兵組織、テロリストなとが生産に関わり、集団犯罪組織である暴力団、黒社会、ギャング、マフィアなどが流通を担い重要な資金源になっている。一部ではアメリカ合衆国等からテロ支援国家と指定されている国家、また当のアメリカさえも中央情報局が、流通に関わり秘密資金としていると指摘される。取り締まりにより需給バランスが崩れていること、流通が地下に潜伏していることから末端価格は原価に比べてきわめて高い。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見たアルコール依存症

    たばこやアルコール飲料は、薬理学的には中毒性物質であり、またニコチン依存症やアルコール依存症・急性アルコール中毒という習慣性・常用・乱用に発展するという点で、保健衛生上はドラッグの一種に含まれる。日本では、違法麻薬に指定されている薬物を麻薬と呼ぶため、たばこやアルコールは麻薬と呼ばない。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た林則徐

    アヘン戦争は清の林則徐がイギリスによるアヘンの輸入を禁じ、アヘンを没収し、廃棄処分したことを口実に起こされた戦争。1840年より二年間。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た薬事法

    いわゆる脱法ドラッグに関しては薬事法での医薬品、医薬部外品などの製造、流通にあたるとして規制を図っているが芳香剤や観賞用試薬という偽装理由を提示されることから規制しきれていない。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た医薬部外品

    いわゆる脱法ドラッグに関しては薬事法での医薬品、医薬部外品などの製造、流通にあたるとして規制を図っているが芳香剤や観賞用試薬という偽装理由を提示されることから規制しきれていない。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見たケタミン

    ケタミン(ケタラール)麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た厚生労働省

    日本では麻薬の原料となりうる特定種のケシの栽培については、医薬品の原材料(総合感冒薬や鎮痛剤の成分である)とするため厚生労働省の委託を受けた特定農家での栽培、ならびに 都立薬用植物園(東京都小平市)での展示目的の栽培以外は違法である(市販されている観賞用のヒナゲシは麻薬成分を産生しない種類である)。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た違法ドラッグ

    現在、法律で違法麻薬に指定されている化学物質と化学式が非常に良く似ているが違法麻薬には指定されていない薬物(デザイナーズ・ドラッグ)を意図的に作り出したり、向精神薬取締法で購入が規制されている向精神薬を精神病治療と偽って入手した精神治療薬が密売され、麻薬的に使用される(違法ドラッグ・脱法ドラッグなどと呼ばれる)という現象が日本において社会問題となっている。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た未成年者喫煙禁止法

    法律上麻薬の定義から外れるタバコは未成年者喫煙禁止法、アルコール飲料は未成年者飲酒禁止法による規制がそれぞれ存在する。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た

    内に作用し、酩酊・多幸感・幻覚などをもたらす薬物のうち、依存性や毒性が強く健康を害する恐れがあるため、あるいは社会に悪影響を及ぼすため、国家等によって指定され、単純所持が禁じられているもの。1971年の国際条約「向精神薬に関する条約」では、物質(薬物)を付表 I~IV の4つに分類。最も規制が厳しい付表Iの物質は、欧州議会の報告書によれば次のように説明される。「現在のところ医学的利用価値が認められず、公衆衛生に深刻な害を及ぼす危険性があるとされる薬物」麻薬 フレッシュアイペディアより)

179件中 11 - 20件表示