179件中 81 - 90件表示
  • 麻薬

    麻薬から見たミャンマー

    アヘン(阿片)の原料であるケシ(芥子)がタイ・ラオス・ミャンマーの山岳地帯で多く栽培されていることから、この地域は「ゴールデントライアングル(黄金の三角地帯)」と言われている。クン・サが仕切っていることで有名。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た麻酔

    1〜4に該当する場合、医師などによる適正な投与以外の使用は禁止されている。医療目的における用途は鎮痛が多いが、ナルコレプシーのような精神疾患治療や麻酔からの覚醒に用いられることもある。例外として大麻については使用を禁止する条文がないが、使用するには所持または共同所持が必要であるため、国の許可なく国内で大麻を使用することはできない。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見たモダフィニル

    モダフィニル(モディオダール)麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た医療大麻

    麻薬及び向精神薬取締法では、一般市民に対して違法麻薬の所持・譲渡・製造・医療目的以外・輸出/輸入が厳しく規制されている。また上記内で毒性の強い麻薬は、覚せい剤取締法やあへん法、繊維など麻薬以外の用途を有する大麻は大麻取締法の特別刑法によって規制が行われている。またこれら麻薬関連法のうち大麻取締法のみ医薬品としての使用を禁止しており、昨今欧米で薬効が注目されている医療大麻問題として法規制の見直しを唱える国内団体も存在する。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見たベラドンナ

    人類と向精神性作用のある植物との関係は遥か昔まで遡ることができる。世界各地にみられるシャーマニズムの儀式では、夜間に少人数で集まり、明かりを消した小屋の中や野外でたき火を囲み、幻覚性植物を摂取する。シャーマンは歌を歌い、祈りを捧げたりドラムを叩いたりしながら、病気の治療をしたり、神や精霊と交信し重要な決定をしたり予言をしたりする。メキシコ、マサテク族のマジックマッシュルーム、ネイティブアメリカンのペヨーテ(幻覚性サボテン)、アンデス地方のサンペドロ・サボテン、アマゾンのアヤワスカや西アフリカのイボガ(イボガイン)、シベリアのベニテングタケなどがある。中世ヨーロッパや古代インドでは、せん妄性の植物ベラドンナやダチュラが儀式的に使用されていた。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た日本

    日本において麻薬及び向精神薬取締法において、法律の便宜のために麻薬に指定されているもの。あるいは、同法において麻薬中毒の原因物質と指定されているもの。または、麻薬及び向精神薬の不正取引の防止に関する国際連合条約(平成4・8・28・条約6号)第1条(n)項により「麻薬」と定義されているもの。すなわち、1961年の麻薬に関する単一条約及び1961年の麻薬に関する単一条約を改正する1972年の議定書により改正された同条約の付表 I 及び付表 II に掲げる天然又は合成の物質。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た条約

    脳内に作用し、酩酊・多幸感・幻覚などをもたらす薬物のうち、依存性や毒性が強く健康を害する恐れがあるため、あるいは社会に悪影響を及ぼすため、国家等によって指定され、単純所持が禁じられているもの。1971年の国際条約「向精神薬に関する条約」では、物質(薬物)を付表 I~IV の4つに分類。最も規制が厳しい付表Iの物質は、欧州議会の報告書によれば次のように説明される。「現在のところ医学的利用価値が認められず、公衆衛生に深刻な害を及ぼす危険性があるとされる薬物」麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見たイラン

    黄金の三角地帯と並ぶ、世界最大の麻薬及び覚せい剤密造地帯。アフガニスタン(ニームルーズ州)・パキスタン(バローチスターン州)、イランの国境が交錯している。黄金の三日月地帯と呼ばれる由縁は、アフガニスタン東部のジャラーラーバードから南部のカンダハールを経由し、南西部のザランジ地方に至る国境地帯が三日月形をしているため。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た

    人類と向精神性作用のある植物との関係は遥か昔まで遡ることができる。世界各地にみられるシャーマニズムの儀式では、夜間に少人数で集まり、明かりを消した小屋の中や野外でたき火を囲み、幻覚性植物を摂取する。シャーマンは歌を歌い、祈りを捧げたりドラムを叩いたりしながら、病気の治療をしたり、や精霊と交信し重要な決定をしたり予言をしたりする。メキシコ、マサテク族のマジックマッシュルーム、ネイティブアメリカンのペヨーテ(幻覚性サボテン)、アンデス地方のサンペドロ・サボテン、アマゾンのアヤワスカや西アフリカのイボガ(イボガイン)、シベリアのベニテングタケなどがある。中世ヨーロッパや古代インドでは、せん妄性の植物ベラドンナやダチュラが儀式的に使用されていた。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た兵士

    ヒロポンや覚せい剤は戦時中の日本軍やドイツ軍で、恐怖心を麻痺させ戦闘意欲を高めるため前線の兵士や特攻機の乗組員へ配布される場合があり「突撃錠」として知られた。また疲労耐性を高め生産効率を上げるため軍事工場の従業員等にも配布された。 アメリカがベトナム戦争当時、アメリカ軍兵士に対して士気を高めるためにコカイン摂取を極秘に認めていた。当時ベトナムに駐留していたアメリカ軍兵士の40%がコカイン摂取をしていたとされる。現在でも航空機パイロットにアンフェタミン錠剤などを配布していると言われる。麻薬 フレッシュアイペディアより)

179件中 81 - 90件表示

「麻薬・薬物問題」のニューストピックワード