黄砂 ニュース&Wiki etc.

黄砂(黄沙とも;こうさ、おうさ)とは、特に中国を中心とした東アジア内陸部の砂漠または乾燥地域の砂塵が、強風を伴う砂塵嵐(砂嵐)などによって上空に巻き上げられ、春を中心に東アジアなどの広範囲に飛散し、地上に降り注ぐ気象現象。あるいは、この現象で飛散した砂自体のことである。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「黄砂」のつながり調べ

  • 坂本和彦 (環境化学者)

    坂本和彦 (環境化学者)から見た黄砂

    専門分野は環境化学(大気汚染、酸性雨、地球温暖化の制御)、エアロゾル科学(エアロゾル計測や除去)、環境制御工学。光化学スモッグや酸性雨の発現機構解明と汚染制御手法の開発、黄砂と硫黄酸化物の反応、石炭クリーン燃料化、循環型汚染制御技術の開発、光触媒等による空気浄化を研究。(坂本和彦 (環境化学者) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木史朗

    鈴木史朗から見た黄砂

    父親が日中貿易会社を設立し、幼少期は仕事関係から中国大陸で暮らす。第二次世界大戦の終戦後は、父親が無実のスパイ容疑をかけられ中国政府に拘束、強権的に財産没収を受ける。そのため母親と妹2人の4人で日本へ引き揚げることとなり、北京から天津の港まで約120kmを徒歩で移動したという。佐世保に着いた時、黄砂で空も空気も黄色く濁っていた中国に比べて、日本は「こんなにもきれいな国があるのか。天国みたいだ」と思ったと回想している。(鈴木史朗 フレッシュアイペディアより)

「黄砂」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「黄砂」のニューストピックワード