前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • 煙霧

    煙霧から見た黄砂黄砂

    黄砂(中国・モンゴル等の乾燥地帯由来のちり煙霧)(日本のみ、国際気象通報式では定義されていない)煙霧 フレッシュアイペディアより)

  • ちり煙霧

    ちり煙霧から見た黄砂黄砂

    ちり煙霧(塵煙霧、-えんむ)とは、煙霧のうち、塵や砂ぼこり、火山灰などの小さな粒子が風で飛ばされ、空気中に浮遊した状態を指す。黄砂によって観測されることが多い。気象学では、視界が2キロメートル未満となり、ほかの気象現象を確認できないときに用いられる。ちり煙霧 フレッシュアイペディアより)

  • 黄土

    黄土から見た黄砂黄砂

    黄土は、0.004?0.06ミリメートルの土の粒子(シルト)からなる。黄土と同様の性質だが黄土より粒径が大きな土壌を黄砂ということもある。黄土 フレッシュアイペディアより)

  • 粒子状物質

    粒子状物質から見た黄砂黄砂

    粒子状物質(りゅうしじょうぶっしつ、)とは、マイクロメートル (μm) の大きさの固体や液体の微粒子のことをいう。主に、燃焼で生じた煤、風で舞い上がった土壌粒子(黄砂など)、工場や建設現場で生じる粉塵のほか、燃焼による排出ガスや、石油からの揮発成分が大気中で変質してできる粒子などからなる。粒子状物質という呼び方は、これらを大気汚染物質として扱うときに用いるそうだ。粒子状物質 フレッシュアイペディアより)

  • 雨

    から見た黄砂黄砂

    通常でも雨水は大気中の二酸化炭素を吸収するため、pH(水素イオン指数)は6前後とやや酸性を示す。雨が硫黄酸化物や窒素酸化物などを大気中から取り込み、強い酸性を示すものもある。一方、土壌や燃焼に由来するアンモニウムやカルシウム成分を取り込み、pHが中和されることもある。中国東部では、石炭資源が豊富なためその利用により硫黄酸化物が大量に排出されると同時に土壌から黄砂などに由来するアンモニウムやカルシウムが排出され、汚染のポテンシャル自体が高い割に酸性雨の被害は顕著ではない。大気中の二酸化炭素濃度を考慮した平衡状態がpH5.6であることから、この値以下のものを酸性雨と呼ぶが、pH5.0以下とする定義もある。 フレッシュアイペディアより)

  • オユンナII黄砂

    オユンナII黄砂から見た黄砂黄砂

    サブタイトルであり、1曲目に収録された「黄砂」は、TV番組花王ファミリースペシャル「ムツゴロウ少年記」の主題歌として起用された。オユンナII黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 氷晶核

    氷晶核から見た黄砂黄砂

    大気中では、黄砂の微粒子が大気汚染物質を吸着して他の物質を生成することが観測で分かっているように、化学反応や吸着によって水溶性物質と不溶性物質が1つの微粒子としてまとまることは、有り得ると考えられている。氷晶核 フレッシュアイペディアより)

  • 防災気象情報

    防災気象情報から見た黄砂黄砂

    黄砂情報 - 随時、7日前から当日の日本周辺の観測地点での黄砂の観測状況を「実況図」で発表。また毎日1回定時に、4日後までの6時間ごとの日本周辺の黄砂の濃度分布の予測を示した、一辺約110kmのメッシュ予報を「予測図」で発表。予報では、水平視程の低下や洗濯物の汚れなどの目安となる地表付近(地表から約1kmまで)の分布と、空の色の混濁状態の目安となる大気全体(地表から約23kmまで)の分布が示される。観測は各観測地点からの通報(日本では目視)、予報は数値予報データに基づく。防災気象情報 フレッシュアイペディアより)

  • 黄土高原

    黄土高原から見た黄砂黄砂

    黄土高原で土壌流失が激しい部分は27万平方kmにおよび、特にそのうちの11万平方kmは深刻な状態にある。深刻な地域では1平方kmあたり3.57万トンの土が流れてゆく計算になる。土壌流失は豊かな表土の喪失、保水能力の喪失、農耕の衰退、地域経済の衰退につながるほか、堆砂でダムや運河が埋まり、川が流れにくくなるなど治水上の問題にもなっている。また水による流出だけでなく風や嵐により土砂が舞い上がることも多く、黄砂の発生源のひとつにもあげられている。黄土高原 フレッシュアイペディアより)

  • ニトロ多環芳香族炭化水素

    ニトロ多環芳香族炭化水素から見た黄砂黄砂

    化石燃料等の燃焼により、PAHとともに生じる一次生成と、大気中に排出されたPAHが太陽光の関与を受け、窒素酸化物と反応してニトロ化して生じる二次生成の二通りの発生経路がある。このうち2-ニトロピレンと2-ニトロフルオランテンは、大気中の化学反応により生成することが確認されている。粘土鉱物がニトロ化を促進する研究結果があり、黄砂によりNPAHが生成しながら中国から日本へ飛来することが懸念されている。ニトロ化は燃焼温度が高いほど進行しやすく、1,100 ℃ 程度の石炭ストーブより、2,700 ℃ 程度のディーゼルエンジンの方が、PAHに対するNPAHの生成比率が高くなる。大気中のNPAH濃度は、札幌市0.58 pmol/m3、東京都0.30、北九州市0.05となっている。これに対し、瀋陽市0.50、ソウル特別市0.58、ウラジオストク0.33であり、石炭暖房に依存する中国やロシアではPAHに対するNPAHの比率が高くなっている。NPAHはPAHと異なり蛍光性を持たないため、ニトロ基をアミノ基に還元した上で分析する。ニトロ多環芳香族炭化水素 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示