前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示
  • ちり煙霧

    ちり煙霧から見た黄砂黄砂

    ちり煙霧(塵煙霧、-えんむ)とは、煙霧のうち、塵や砂ぼこり、火山灰などの小さな粒子が風で飛ばされ、空気中に浮遊した状態を指す。黄砂によって観測されることが多い。気象学では、視界が2キロメートル未満となり、ほかの気象現象を確認できないときに用いられる。ちり煙霧 フレッシュアイペディアより)

  • 黄土

    黄土から見た黄砂黄砂

    黄土は、0.004?0.06ミリメートルの土の粒子(シルト)からなる。黄土と同様の性質だが黄土より粒径が大きな土壌を黄砂ということもある。黄土 フレッシュアイペディアより)

  • 粒子状物質

    粒子状物質から見た黄砂黄砂

    粒子状物質(りゅうしじょうぶっしつ、Particulate Matter, PM, Particulates)とは、一般的にはマイクロメートル (μm) の大きさの固体や液体の微粒子のことをいう。主に燃焼による煤塵、黄砂のような飛散土壌、海塩粒子、工場や建設現場で生じる粉塵等などからなる。これらを大気汚染物質として扱うときに用いる用語。粒子状物質 フレッシュアイペディアより)

  • 煙霧

    煙霧から見た黄砂黄砂

    特に日本では、中国・モンゴル等の乾燥地帯由来のちりや砂ぼこりが飛来するものを黄砂と呼び、気象観測でもちり煙霧と区別することがある。煙霧 フレッシュアイペディアより)

  • 氷晶核

    氷晶核から見た黄砂黄砂

    大気中では、黄砂の微粒子が大気汚染物質を吸着して他の物質を生成することが観測で分かっているように、化学反応や吸着によって水溶性物質と不溶性物質が1つの微粒子としてまとまることは、有り得ると考えられている。氷晶核 フレッシュアイペディアより)

  • 父島気象観測所

    父島気象観測所から見た黄砂黄砂

    ただし、観測所職員による雲や視程観測は行われており、加えて、観測所職員により、黄砂や竜巻、火山噴火、漂着物といった、気象庁の行う、あらゆる観測や、現地調査が行われている。父島気象観測所 フレッシュアイペディアより)

  • ヘイズ (気象)

    ヘイズ (気象)から見た黄砂黄砂

    ヘイズ (haze) とは、現代の気象用語としては煙霧を意味する英語だが、伝統的には広く、靄、塵煙霧など、微粒子により視界が悪くなる大気現象全般を含む。原因は微細な水滴のほか、黄砂、工業などの煤煙、スモッグ、山火事・焼畑などがある。ヘイズ (気象) フレッシュアイペディアより)

  • 黄風大王

    黄風大王から見た黄砂黄砂

    その正体は霊山で得度した茶色毛の貂鼠(テン)で、瑠璃の皿に入った油を盗んだら灯明が暗くなったため金剛力士に捕まるのを恐れて逃げたもの。黄風(俗には黄砂の強風)を起こす三昧神風を得意とする。黄風大王 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の環境問題

    中国の環境問題から見た黄砂黄砂

    遊牧地の開墾、樹木の輸出や農作物の増産などが原因で砂漠化が深刻化している。国家林業局の発表によると、現在中国の30省、889の県で合計174万平方キロメートルの砂漠が広がり、これは中国国内の18パーセントに当たるとしている。砂漠化が進むことにより、中国では日本円で毎年4,500億円もの経済損失と計算されている。この砂漠化により黄砂が年々悪化し、中国国内や韓国、海を渡った日本にまで被害を及ぼしている主要因と見られている。近年では日本と協力して砂漠を緑化する試みが行われている。しかし、放牧地として利用されてきた「砂漠」を農耕の観点から緑化しているとの批判がモンゴル人研究者から出ている。中国の環境問題 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本和彦 (環境化学者)

    坂本和彦 (環境化学者)から見た黄砂黄砂

    坂本和彦(さかもと かずひこ、1945年 - )は、日本の環境化学の研究者である。埼玉大学大学院理工学研究科教授。埼玉大学重点研究テーマ「分子環境工学」領域リーダー(2006年4月-)。専門分野は環境化学(大気汚染、酸性雨、地球温暖化の制御)、エアロゾル科学(エアロゾル計測や除去)、環境制御工学。光化学スモッグや酸性雨の発現機構解明と汚染制御手法の開発、黄砂と硫黄酸化物の反応、石炭クリーン燃料化、循環型汚染制御技術の開発、光触媒等による空気浄化を研究。坂本和彦 (環境化学者) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示

「黄砂」のニューストピックワード