71件中 11 - 20件表示
  • 地球緑化クラブ

    地球緑化クラブから見た黄砂黄砂

    2009年 - 鳥取大学と黄砂対策プロジェクト開始地球緑化クラブ フレッシュアイペディアより)

  • カラブラン

    カラブランから見た黄砂黄砂

    カラブラン フレッシュアイペディアより)

  • 加熱乾燥車

    加熱乾燥車から見た黄砂黄砂

    加熱乾燥車は主に寝具の乾燥目的で使用されるが、寝具以外にも畳やマットも乾燥できる。花粉・黄砂・PM2.5・埃アレルギーなどを懸念し天日に布団を干すことを避ける家庭や官公庁、宿泊施設、老人・児童施設などでの清潔保持のための需要がある。加熱乾燥車 フレッシュアイペディアより)

  • 光冠

    光冠から見た黄砂黄砂

    光冠は散乱によって起こる現象であるため、水滴以外の微粒子が空中に浮遊している場合にも見られることがある。例えばスギ花粉が飛散している季節にはこれによる光冠がしばしば見られる。黄砂や風塵などの微粒子も同様であるが、散乱が大きいため色が見えず、ただ白っぽく見えるだけのことが多い。また、大規模な火山の噴火が起こり大気の上層に微細な火山灰が吹き上げられた場合にもこれによる光冠が見られる。光冠 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た黄砂黄砂

    中華人民共和国で環境破壊が深刻化し、特に2010年代に入ってから様々な問題が露呈している。日本では平成期になり三重県四日市市の四日市ぜんそくや首都圏の光化学スモッグなどの大気汚染による公害病被害が沈静化した。しかし中華人民共和国の首都である北京市などで北京咳が発生して、自動車の排気ガスや工場から排出される汚染物質によって大気汚染が深刻化した。その結果、PM2.5(浮遊粒子状物質)が日本列島にも飛来した。酸性雨や中国由来の海洋汚染の問題、内モンゴルの砂漠化で黄砂に含まれる汚染物質の日本列島への飛来が増大するなどが、日本を含む東アジア・東南アジアの周辺各国の環境にも影響を及ぼしている。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 黄風大王

    黄風大王から見た黄砂黄砂

    その正体は霊山で得度した茶色毛の貂鼠(テン)で、瑠璃の皿に入った油を盗んだら灯明が暗くなったため金剛力士に捕まるのを恐れて逃げたもの。黄風(俗には黄砂の強風)を起こす三昧神風を得意とする。黄風大王 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の砂漠化問題

    中国の砂漠化問題から見た黄砂黄砂

    砂漠化によって、砂塵嵐(黄砂)の拡大・強化、砂漠周辺地域の乾燥化、耕地をはじめとした利用可能な土地の減少などが起こっている。これに対して、中国の人口は急激な増加を続けて2008年現在で13億人を超え、生活水準も向上してきているため、食糧需要も増え、肉食化によりそれも急増している。また、薪といった燃料用の植物の需要も増えている。中国の砂漠化問題 フレッシュアイペディアより)

  • 凝結核

    凝結核から見た黄砂黄砂

    土壌粒子は、陸上を起源とする粒子であり、大きさは大小さまざまである。乾燥した地面から風などによって巻き上げられ(風塵)、大気中に広く拡散したもの。砂漠などの乾燥地帯で、砂嵐の発生に伴って大量に発生する。東アジアの黄砂、西アフリカのハルマッタン、北アフリカのギブリ(シロッコ)などが大発生源。凝結核 フレッシュアイペディアより)

  • ラーゲ (リッペ)

    ラーゲ (リッペ)から見た黄砂黄砂

    ラーゲはオストヴェストファーレン丘陵に位置する。この丘陵地は、三畳紀、ジュラ紀、白亜紀の、石灰岩、砂岩で構成されている。1000 から 2000 m におよぶ厚さの堆積岩が多くの鞍部、盆地、地塁、地溝を形成している。深い場所には中生代の岩盤がある。市の北東部、中低山地の前山にあたる斜面や谷には、礫、砂、モレーン、黄砂がある。深くの地盤には岩塩や石膏が含まれている。ラーゲ (リッペ) フレッシュアイペディアより)

  • 春霞

    春霞から見た黄砂黄砂

    最近は黄砂などの微粒子により、日中帯に引き起こされる場合も多い。黄砂自体は偏西風により以前より飛来しているため、古い文献にある春霞も一部は黄砂を指していたと考えられる。春霞 フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示

「黄砂」のニューストピックワード