68件中 11 - 20件表示
  • 中国の砂漠化問題

    中国の砂漠化問題から見た黄砂黄砂

    砂漠化によって、砂塵嵐(黄砂)の拡大・強化、砂漠周辺地域の乾燥化、耕地をはじめとした利用可能な土地の減少などが起こっている。これに対して、中国の人口は急激な増加を続けて2008年現在で13億人を超え、生活水準も向上してきているため、食糧需要も増え、肉食化によりそれも急増している。また、薪といった燃料用の植物の需要も増えている。中国の砂漠化問題 フレッシュアイペディアより)

  • ノーネスチャンネル

    ノーネスチャンネルから見た黄砂黄砂

    2007年11月より、中国内モンゴルクブチ砂漠で黄砂を防止するため「1ヘクタールの草原作り」を開始した。ノーネスチャンネルはセーブザブルーアースとして市民や消費者の意識の変化とテイクアクションを呼びかけている。ノーネスチャンネル フレッシュアイペディアより)

  • 気象情報 (気象庁)

    気象情報 (気象庁)から見た黄砂黄砂

    黄砂に関する気象情報気象情報 (気象庁) フレッシュアイペディアより)

  • ファフロツキーズ

    ファフロツキーズから見た黄砂黄砂

    ファフロツキーズ(Fafrotskies)、もしくは怪雨(かいう)とは「空からの落下物」という意味。「FAlls FROm The SKIES」の略。一定範囲に多数の物体が落下する現象のうち、雨・雪・黄砂・隕石のようなよく知られた原因によるものを除く「その場にあるはずのないものが降ってくる」現象を指す。ファフロツキーズ フレッシュアイペディアより)

  • 地球環境局

    地球環境局から見た黄砂黄砂

    地球環境局(ちきゅうかんきょうきょく)は、日本の環境省の内部部局の一つ。地球温暖化防止、オゾン層・酸性雨・黄砂対策、海洋環境の保全、森林・砂漠化対策、南極地域の環境保護等の地球環境保全に関する政策及び国際機関・海外諸国との調整や開発途上地域に対する環境協力等の環境省に関する国際的な事務をおこなっている。地球環境局 フレッシュアイペディアより)

  • 人工降雨

    人工降雨から見た黄砂黄砂

    その他には大きなイベント当日の好天を狙って事前に雨を降らせたり、エアコンの電力消費を抑えるため、又は黄砂による大気中の砂塵除去のためというものもある。人工降雨 フレッシュアイペディアより)

  • 風塵

    風塵から見た黄砂黄砂

    特に大規模な風成塵には、地域によって名前が付いている。東アジアの黄砂、地中海沿岸のシロッコ(イタリア名)/ギブリ(リビア名)、アフリカのギニア湾沿岸のハルマッタンなどがある。風塵 フレッシュアイペディアより)

  • 光冠

    光冠から見た黄砂黄砂

    光冠は散乱によって起こる現象であるため、水滴以外の微粒子が空中に浮遊している場合にも見られることがある。例えばスギ花粉が飛散している季節にはこれによる光冠がしばしば見られる。黄砂や風塵などの微粒子も同様であるが、散乱が大きいため色が見えず、ただ白っぽく見えるだけのことが多い。また、大規模な火山の噴火が起こり大気の上層に微細な火山灰が吹き上げられた場合にもこれによる光冠が見られる。光冠 フレッシュアイペディアより)

  • 治水

    治水から見た黄砂黄砂

    中国の治水は3つの大河、すなわち華北の黄河・華中の淮河・華南の長江を中心に行われた。特に多量の黄土を含み急速に河床が上昇する黄河は容易に氾濫を繰り返しており、この黄河の治水が最も古い歴史を有している。史記には、帝堯のときに黄河の洪水が止まらなかったので鯀に治水を行わせたが9年経っても成果が上がらず罷免され、その子の禹が事業を引き継ぎ河水の分水によって治水を成功させ、その功績を元に夏王朝の始祖となったことが記されている。もとより禹の治水は伝説であるが、黄河の治水が王朝にとって最重要課題であったことを物語っている。治水 フレッシュアイペディアより)

  • 加熱乾燥車

    加熱乾燥車から見た黄砂黄砂

    加熱乾燥車は主に寝具の乾燥目的で使用されるが、寝具以外にも畳やマットも乾燥できる。花粉・黄砂・埃アレルギーなどを懸念し天日に布団を干すことを避ける家庭や、官公庁、宿泊施設、老人・児童施設などでの清潔保持のための需要がある。加熱乾燥車 フレッシュアイペディアより)

68件中 11 - 20件表示

「黄砂」のニューストピックワード