71件中 21 - 30件表示
  • 父島気象観測所

    父島気象観測所から見た黄砂黄砂

    ただし、観測所職員による雲や視程観測は行われており、加えて、観測所職員により、黄砂や竜巻、火山噴火、漂着物といった、気象庁の行う、あらゆる観測や現地調査が行われている。父島気象観測所 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本和彦 (環境化学者)

    坂本和彦 (環境化学者)から見た黄砂黄砂

    専門分野は環境化学(大気汚染、酸性雨、地球温暖化の制御)、エアロゾル科学(エアロゾル計測や除去)、環境制御工学。光化学スモッグや酸性雨の発現機構解明と汚染制御手法の開発、黄砂と硫黄酸化物の反応、石炭クリーン燃料化、循環型汚染制御技術の開発、光触媒等による空気浄化を研究。坂本和彦 (環境化学者) フレッシュアイペディアより)

  • ゴビ砂漠

    ゴビ砂漠から見た黄砂黄砂

    ゴビ砂漠(ゴビさばく、, 、、 )は、中国の内モンゴル自治区からモンゴルにかけて広がる砂漠。東西約1600km、南北約970km、総面積は約130万kmで、世界で4番目の大きさを誇る。古くから匈奴を始め、柔然、突厥、回鶻、モンゴル帝国などの活躍の場であり、シルクロードの重要な拠点都市が幾つか存在した。また、黄砂(こうさ)とはこの地などから巻き上げられ気流に乗り運ばれる砂の事であり、春先には日本にも多く飛来する。ゴビ砂漠 フレッシュアイペディアより)

  • 気象情報 (気象庁)

    気象情報 (気象庁)から見た黄砂黄砂

    黄砂に関する気象情報気象情報 (気象庁) フレッシュアイペディアより)

  • 治水

    治水から見た黄砂黄砂

    中国の治水は3つの大河、すなわち華北の黄河・華中の淮河・華南の長江を中心に行われた。特に多量の黄土を含み急速に河床が上昇する黄河は容易に氾濫を繰り返しており、この黄河の治水が最も古い歴史を有している。史記には、帝堯のときに黄河の洪水が止まらなかったので鯀に治水を行わせたが9年経っても成果が上がらず罷免され、その子の禹が事業を引き継ぎ河水の分水によって治水を成功させ、その功績を元に夏王朝の始祖となったことが記されている。もとより禹の治水は伝説であるが、黄河の治水が王朝にとって最重要課題であったことを物語っている。治水 フレッシュアイペディアより)

  • 地球環境局

    地球環境局から見た黄砂黄砂

    地球環境局(ちきゅうかんきょうきょく)は、日本の環境省の内部部局の一つ。地球温暖化防止、オゾン層・酸性雨・黄砂対策、海洋環境の保全、森林・砂漠化対策、南極地域の環境保護等の地球環境保全に関する政策及び国際機関・海外諸国との調整や開発途上地域に対する環境協力等の環境省に関する国際的な事務をおこなっている。地球環境局 フレッシュアイペディアより)

  • 陸軍航空技術研究所

    陸軍航空技術研究所から見た黄砂黄砂

    同年勃発した支那事変(日中戦争、初期の名称は北支事変)において陸軍航空部隊は黄砂を吸い込むことで飛行機のハ‐5発動機内部が異常摩滅し、搭載機の全機使用停止となりかねない危機に陥ったが、航空技術研究所は大胆な試験器材要求による原因究明で事態を収拾した。支那事変以降、航空に関する兵器の需要が急増し航空技術研究所は敷地、建物、施設、予算および人員が拡充されていった。事変前の1936年(昭和11年)に予算が約516万円、人員620名(うち将校、技師52名)であったものが1939年(昭和14年)には予算が約3,253万円、人員1,476名(うち将校、技師110名)となった。陸軍航空技術研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た黄砂黄砂

    黄砂 - 東アジアにおいて、中国大陸の砂嵐によって生じたちりや砂の微粒子が飛来する現象。気象 フレッシュアイペディアより)

  • ひまわり9号

    ひまわり9号から見た黄砂黄砂

    可視赤外放射計(AHI:Advanced Himawari Imager)は、可視域3バンド、近赤外域3バンド、赤外域10バンドの計16バンドのセンサーを持ち、ひまわり6号・7号の可視1バンド、赤外4バンドの計5バンドを大きく上回る。可視域の3バンド(赤:0.64 ?m、緑:0.51 ?m、青:0.47 ?m)を合成することで「カラー画像」が作成可能となっており、(雲と区別できるため)黄砂や噴煙などの監視にも有用とされている。静止衛星から見える範囲の観測に従来は約30分を要したが、ひまわり8号・9号では10分毎の観測が可能となる。これと並行して、特定の領域を高頻度に観測することができ、日本周辺なら2.5分毎の観測が可能である。水平分解能も従来に比べて2倍に向上させている。一方、データ量はひまわり7号比で50倍となった。AHIのセンサーはアメリカが次期米国気象衛星用に開発したABI(Advanced Baseline Imager)を一部日本向けに改良したものである。ひまわり9号 フレッシュアイペディアより)

  • 風塵

    風塵から見た黄砂黄砂

    特に大規模な風成塵には、地域によって名前が付いている。東アジアの黄砂、地中海沿岸のシロッコ(イタリア名)/ギブリ(リビア名)、アフリカのギニア湾沿岸のハルマッタンなどがある。風塵 フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「黄砂」のニューストピックワード