71件中 31 - 40件表示
  • 中国の環境問題

    中国の環境問題から見た黄砂黄砂

    2000年公刊された定方後掲書によれば、同年代における中国の最も深刻な環境問題は、酸性雨問題と砂漠化の問題であった。同書においては、1980年代の北京の万里の長城の内側の緑の世界に対して、長城の外側には緑がほとんど無い土色の世界が広がっていたと書かれている。その後においても、遊牧地の開墾、樹木の輸出や農作物の増産などが原因で砂漠化が深刻化している。国家林業局の発表によると、現在中国の30省、889の県で合計174万平方キロメートルの砂漠が広がり、これは中国国内の18パーセントに当たるとしている。砂漠化が進むことにより、中国では日本円で毎年4,500億円もの経済損失と計算されている。この砂漠化により黄砂が年々悪化し、中国国内や韓国、海を渡った日本にまで被害を及ぼしている主要因と見られている。近年では日本と協力して砂漠を緑化する試みが行われている。しかし、放牧地として利用されてきた「砂漠」を農耕の観点から緑化している、との批判がモンゴル人研究者から出ている。中国の環境問題 フレッシュアイペディアより)

  • ノーネスチャンネル

    ノーネスチャンネルから見た黄砂黄砂

    2007年11月より、中国内モンゴルクブチ砂漠で黄砂を防止するため「1ヘクタールの草原作り」を開始した。ノーネスチャンネルはセーブザブルーアースとして市民や消費者の意識の変化とテイクアクションを呼びかけている。ノーネスチャンネル フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化の原因

    地球温暖化の原因から見た黄砂黄砂

    沢山あるモデルのうちで数少ないAOGCM(大気-海洋結合モデル:atmosphere-ocean coupled general circulation model)ではオゾンによる影響や間接的なエアロゾルの影響も考慮している。ほとんどのモデルでは、重要視されていない強制力やまだよく分かっていない強制力、例えば陸上表面の変動や、黄砂などの土壌粒子、ススなどなどについては全く考慮されていない。また、AOGCMシミュレーションであっても、太陽放射強度や火山灰濃度の変動などは考慮されていない。なお、AOGCMシミュレーションは計算機資源に対して複雑すぎてほとんど行えなかったため、結論はずっと単純なモデルにもとづいて見積もられた。したがって、結論はAOGCMによるものとはやや異なっている。地球温暖化の原因 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年のテレビ特別番組一覧/単発特番

    2018年のテレビ特別番組一覧/単発特番から見た黄砂黄砂

    アジアスペシャル 黄砂を止めよ!砂漠に挑む日本人〜中国・内モンゴル 放牧と緑の10年記〜(テレビ大阪)2018年のテレビ特別番組一覧/単発特番 フレッシュアイペディアより)

  • 雪

    から見た黄砂黄砂

    雪が大気中の浮遊物を取り込み、変色した例も数多く報告されている。例えば、朝鮮半島では古くから、黄砂が混じった黄色あるいは赤みがかかった雪が降ることがあった。これは日本でも報告されており、江戸時代の書物に「紅雪」「黄雪」などなどの記述が残っている。また、2007年2月2日には、ロシアのオムスク州で、およそ1,500km²にわたる広い範囲でオレンジ色の雪が降った。この雪は悪臭を伴っており、通常の雪の4倍の鉄分を含んでいたという。その原因は詳しく分かっていない。 フレッシュアイペディアより)

  • 霧氷

    霧氷から見た黄砂黄砂

    日本では蔵王で1914年2月15日に発見された樹氷林が観光資源にもなっており、樹木が完全に樹氷や雪によって覆われたものは「アイスモンスター」あるいは地元では「雪の坊」とも呼ばれる。アイスモンスターの南限および西限は長野県の菅平高原とされてきたが、2018年1月に白山で発見されて国内最南端、最西端を更新した。他に八甲田山や八幡平、伊吹山、氷ノ山、富士山のものが知られていて、九州の中央部、宮崎県五ヶ瀬町と熊本県山都町周辺にまたがる九州山地の高山地帯や、長崎県の普賢岳でも樹氷を見ることができる。黄砂が到達し始める春先には、冬季に白色だった樹氷林がやや黄色味を帯びる。ドイツのシュヴァルツヴァルトでも見られる。霧氷 フレッシュアイペディアより)

  • 風神

    風神から見た黄砂黄砂

    江戸時代の奇談集『絵本百物語』では、風の神は邪気のことであり、風に乗ってあちこちをさまよい、物の隙間、暖かさと寒さの隙間を狙って入り込み、人を見れば口から黄色い息を吹きかけ、その息を浴びたものは病気になってしまうとされる。また「黄なる気をふくは黄は土にして湿気なり」と述べられており、これは中国黄土地帯から飛来する黄砂のことで、雨天の前兆、風による疫病発生を暗示しているものといわれる。西日本各地では、屋外で急な病気や発熱に遭うことを「風にあう」といい、風を自然現象ではなく霊的なものとする民間信仰がみられる。風神 フレッシュアイペディアより)

  • 第82回選抜高等学校野球大会

    第82回選抜高等学校野球大会から見た黄砂黄砂

    開会式の仕掛け花火は強風と黄砂の影響で中止された。第82回選抜高等学校野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 秋

    から見た黄砂黄砂

    空は秋が深まるにつれ、夏の高い湿度から開放され、大陸の乾燥した空気が日本を覆い澄み渡るようになる。入道雲に代わり、積雲、いわし雲(巻積雲)など秋特有の雲が多くなり、空の色は青さを増し、高く見えるようになり、中国の諺である「天高く馬肥ゆる秋」の表現が、しばしば使われる。天文における秋の夜空は、一等星を持つ星座は一つ(みなみのうお座のフォーマルハウトだけ)しかないため、他の季節と比較して物寂しい印象を受ける。しかしながら、秋の夜空は天体観測、天体観望に適しており、年中を通して黄砂、天の川、その他の影響が少ないため、暗い星も含め、澄み切って見える。また、ギリシア神話で知られる英雄ペルセウスの冒険にまつわる星座が多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 人工降雨

    人工降雨から見た黄砂黄砂

    その他には大きなイベント当日の好天を狙って事前に雨を降らせたり、エアコンの電力消費を抑えるため、又は黄砂による大気中の砂塵除去のためというものもある。人工降雨 フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「黄砂」のニューストピックワード