68件中 31 - 40件表示
  • ソウル特別市

    ソウル特別市から見た黄砂黄砂

    春と秋は短く、3月にもなると、急速に気温は上昇し一気に春めき、黄砂が降り、4月上旬に桜が開花し中旬ごろに満開となる。秋の訪れは早く、11月にもなると紅葉が始まり、朝晩は氷点下になる日も出てくる。ソウル特別市 フレッシュアイペディアより)

  • オユンナII黄砂

    オユンナII黄砂から見た黄砂黄砂

    サブタイトルであり、1曲目に収録された「黄砂」は、TV番組花王ファミリースペシャル「ムツゴロウ少年記」の主題歌として起用された。オユンナII黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た黄砂黄砂

    冬から春にかけて、中国大陸から流入する黄砂がしばしば観測される。冬は小雨や小雪(みぞれ)の降る日もあるが、基本的に晴天が多い。平野部でも一冬に1?2回程度の積雪はあるが、大雪になることは少ない。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た黄砂黄砂

    砂塵を伴った砂嵐、砂の降下(黄砂など)災害 フレッシュアイペディアより)

  • 花粉症

    花粉症から見た黄砂黄砂

    大気汚染物質としては、前述の自動車排ガスのほか、自動車タイヤと道路の摩擦から発生する道路粉塵、煙草の煙や換気の悪い室内での暖房時に出るガス状物質、黄砂や土ぼこりなども、症状を悪化させるという報告がある。花粉症 フレッシュアイペディアより)

  • 秋

    から見た黄砂黄砂

    空は秋が深まるにつれ、夏の高い湿度から開放され、大陸の乾燥した空気が日本を覆い澄み渡るようになる。入道雲に代わり、積雲、いわし雲(巻積雲)など秋特有の雲が多くなり、空の色は青さを増し、高く見えるようになり、中国の諺である「天高く馬肥ゆる秋」の表現が、しばしば使われる。天文における秋の夜空は、一等星を持つ星座は一つ(みなみのうお座のフォーマルハウトだけ)しかないため、他の季節と比較して物寂しい印象を受ける。しかしながら、秋の夜空は天体観測、天体観望に適しており、年中を通して黄砂、天の川、その他の影響が少ないため、暗い星も含め、澄み切って見える。また、ギリシア神話で知られる英雄ペルセウスの冒険にまつわる星座が多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た黄砂黄砂

    黄砂 - 東アジアにおいて、中国大陸の砂嵐によって生じたちりや砂の微粒子が飛来する現象。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 雨

    から見た黄砂黄砂

    突風を伴った嵐の場合は、土壌の成分を含んで茶色がかった雨が降ることがある。また、黄砂などの大気中の浮遊粒子(エアロゾルなど)を含んだ黄色がかった雨、赤みがかかった雨、砂や泥を含んだ雨が降ることもある。これらは時々起こる珍しい現象である。 フレッシュアイペディアより)

  • 雪

    から見た黄砂黄砂

    雪が大気中の浮遊物を取り込み、変色した例も数多く報告されている。例えば、朝鮮半島では古くから、黄砂が混じった黄色あるいは赤みがかかった雪が降ることがあった。これは日本でも報告されており、江戸時代の書物に「紅雪」「黄雪」などの記述が残っている。また、2007年2月2日には、ロシアのオムスク州で、およそ1,500km²にわたる広い範囲でオレンジ色の雪が降った。この雪は悪臭を伴っており、通常の雪の4倍の鉄分を含んでいたという。その原因は詳しく分かっていない。 フレッシュアイペディアより)

  • 対馬

    対馬から見た黄砂黄砂

    春は西のアジア大陸から吹いてくる季節風が原因で、ゴビ砂漠などの黄砂の影響を受ける。夏は30℃を超える日は滅多になく、比較的涼しく過ごしやすい。秋は比較的雨が少なく、冬は大陸から吹く季節風の影響で寒さが厳しくなる。対馬 フレッシュアイペディアより)

68件中 31 - 40件表示

「黄砂」のニューストピックワード