68件中 41 - 50件表示
  • ダム

    ダムから見た黄砂黄砂

    流域土砂管理を考えた場合、環境問題としては堆砂の問題と、河川の最大流量をコントロールすることで下流へ砂がフラッシュ(流下)されないという問題もある。また、ダム設置による河川の流量や水温への影響によって、河川生態系を攪乱するという指摘もある。三峡ダムでは黄土高原から流出する黄砂が貯水池に堆積、完成から二年で貯水池が埋没してダム機能が麻痺する事態が発生。さらにアスワン・ハイ・ダムでは下流への土砂流下減少によってナイル・デルタ縮小という問題が発生している。またメコン川上流に現在建設されている小湾ダムでは、国際河川であるメコン川の環境保全を巡ってダムを建設する中国と下流諸国の意見が食い違うなど、国際問題への発展を内在するダムもある。堆砂については従来の浚渫(しゅんせつ)主体から排砂バイパストンネルによる抜本的対策が試行されているほか、流砂連続性を確保するための人工洪水試験がグレンキャニオンダム(アメリカ)やスイスの発電用ダム、日本の国土交通省直轄ダムの一部などで実施されている。ただし現在は試行段階であるため、海岸侵食などを有効に防止するまでには至っていない。ダム フレッシュアイペディアより)

  • 下関市

    下関市から見た黄砂黄砂

    春先は中国大陸から流入する黄砂に悩まされることが多い。冬から春に掛けては、すっきりとしない青空が望めない天気の日が長く続く。特に冬は梅雨の時期のような天候が多く、洗濯物や布団を外に干すことが難しい。下関市 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市

    高松市から見た黄砂黄砂

    冬から春にかけて、中国大陸から流入する黄砂がよく観測される。冬は小雨や小雪(みぞれ)の降る日もあり、すっきりとした快晴(雲量1.5未満)になる日は意外と少ないものの、冬の晴天日数そのものは多い。積雪も一冬に1?2回程度は起こるが、関東地方に比べると南岸低気圧による大雪は少ない。また、夏は瀬戸内海沿岸特有の「凪」や讃岐山脈越えのフェーン現象などの影響で、しばしば猛暑日や熱帯夜になることがある。高松市 フレッシュアイペディアより)

  • ゴビ砂漠

    ゴビ砂漠から見た黄砂黄砂

    ゴビ砂漠(戈壁,Gēbì)は、中国の内モンゴル自治区からモンゴルにかけて広がる砂漠。東西約1600km、南北約970km、総面積は約130万km2で、世界で4番目の大きさを誇る。古くから匈奴を始め、柔然、突厥、回鶻、モンゴル帝国などの活躍の場であり、シルクロードの重要な拠点都市が幾つか存在した。また、黄砂(こうさ)とはこの地などから巻き上げられ気流に乗り運ばれる砂の事であり、春先には日本にも多く飛来する。ゴビ砂漠 フレッシュアイペディアより)

  • 春霞

    春霞から見た黄砂黄砂

    最近は黄砂などの微粒子により、日中帯に引き起こされる場合も多い。黄砂自体は偏西風により以前より飛来しているため、古い文献にある春霞も一部は黄砂を指していたと考えられる。春霞 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国

    大韓民国から見た黄砂黄砂

    近年は中国の砂漠化の進行に伴う黄砂被害の拡大が問題となっている。大韓民国 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た黄砂黄砂

    10月 降水量が台風18号や20号の影響などにより、沖縄県、奄美大島においては約2倍に達して日照時間も少なく、沖縄・名護においては平年の69%の120・4時間で観測史上最短となる。太平洋側の地域おいても平年より多かった。鹿児島県・沖永良部、北海道・根室では観測史上2番目の多雨となる。黄砂が松江、下関、福岡、佐賀、長崎、沖縄、石垣、宮古島市の8カ所で1992年の那覇以来、17年ぶりに観測された。2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ニトロ多環芳香族炭化水素

    ニトロ多環芳香族炭化水素から見た黄砂黄砂

    化石燃料等の燃焼により、PAHとともに生じる一次生成と、大気中に排出されたPAHが太陽光の関与を受け、窒素酸化物と反応してニトロ化して生じる二次生成の二通りの発生経路がある。このうち2-ニトロピレンと2-ニトロフルオランテンは、大気中の化学反応により生成することが確認されている。粘土鉱物がニトロ化を促進する研究結果があり、黄砂によりNPAHが生成しながら中国から日本へ飛来することが懸念されている。ニトロ化は燃焼温度が高いほど進行しやすく、1100℃程度の石炭ストーブより2700℃程度のディーゼルエンジンの方が、PAHに対するNPAHの生成比率が高くなる。大気中のNPAH濃度は、札幌市0.58pmol/m3、東京都0.30、北九州市0.05となっている。これに対し、瀋陽市0.50、ソウル特別市0.58、ウラジオストク0.33であり、石炭暖房に依存する中国やロシアではPAHに対するNPAHの比率が高くなっている。NPAHはPAHと異なり蛍光性を持たないため、ニトロ基をアミノ基に還元した上で分析する。ニトロ多環芳香族炭化水素 フレッシュアイペディアより)

  • 自然災害

    自然災害から見た黄砂黄砂

    砂塵を伴った砂嵐、砂の降下(黄砂など)自然災害 フレッシュアイペディアより)

  • 野焼き

    野焼きから見た黄砂黄砂

    近代的な野焼きは、半永久的に農地に供するためになされる焼畑農業などがあり、これらは再生不可能であり、自然保護や二酸化炭素排出から問題視されたり砂漠化の原因、そして黄砂の一因ともなっている。野焼き フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示

「黄砂」のニューストピックワード