71件中 51 - 60件表示
  • 八達嶺長城

    八達嶺長城から見た黄砂黄砂

    北京郊外に位置し北京市内と直通する八達嶺高速道路が建設されるなどの高い利便性から、年間を通じて多くの観光客が訪問する。ただし冬季は北京市内より気温が下がり、春は黄砂現象が多く観測され、また7月頃には霧が発生することから温暖で晴天の多い秋季が最も混雑する。八達嶺長城 フレッシュアイペディアより)

  • ファフロツキーズ

    ファフロツキーズから見た黄砂黄砂

    ファフロツキーズ()もしくは怪雨(かいう)は、一定範囲に多数の物体が落下する現象のうち、雨・雪・黄砂・隕石のようなよく知られた原因によるものを除く「その場にあるはずのないもの」が空から降ってくる現象を指す。ファフロツキーズ現象、ファフロッキー現象ともいう。ファフロツキーズ フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た黄砂黄砂

    中華人民共和国で環境破壊が深刻化し、特に2010年代に入ってから様々な問題が露呈している。日本では平成期になり三重県四日市市の四日市ぜんそくや首都圏の光化学スモッグなどの大気汚染による公害病被害が沈静化した。しかし中華人民共和国の首都である北京市などで北京咳が発生して、自動車の排気ガスや工場から排出される汚染物質によって大気汚染が深刻化した。その結果、PM2.5(浮遊粒子状物質)が日本列島にも飛来した。酸性雨や中国由来の海洋汚染の問題、内モンゴルの砂漠化で黄砂に含まれる汚染物質の日本列島への飛来が増大するなどが、日本を含む東アジア・東南アジアの周辺各国の環境にも影響を及ぼしている。平成 フレッシュアイペディアより)

  • だんご3兄弟

    だんご3兄弟から見た黄砂黄砂

    2013年春、中国から大気汚染物質PM2.5が飛来、ちょうど季節柄黄砂とスギ花粉が重なったことから、この3つを「飛散3兄弟」と呼ぶ者もいた。だんご3兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市

    高松市から見た黄砂黄砂

    冬から春にかけて、中国大陸から流入する黄砂がよく観測される。冬は小雨や小雪(みぞれ)の降る日もあり、すっきりとした快晴(雲量1.5未満)になる日は意外と少ないものの、冬の晴天日数そのものは多い。積雪も一冬に1?2回程度は起こるが、関東地方に比べると南岸低気圧による大雪は少ない。また、夏は瀬戸内海沿岸特有の「凪」や讃岐山脈越えのフェーン現象などの影響で、しばしば猛暑日や熱帯夜になることがある。高松市 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本

    2010年の日本から見た黄砂黄砂

    3月21日、全国で強風と黄砂が観測された。2010年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 花粉症

    花粉症から見た黄砂黄砂

    大気汚染物質としては、前述の自動車排ガスのほか、自動車タイヤと道路の摩擦から発生する道路粉塵、煙草の煙や換気の悪い室内での暖房時に出るガス状物質、黄砂や土ぼこりなども、症状を悪化させるという報告がある。花粉症 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市

    広島市から見た黄砂黄砂

    沿岸部から中山間地域までを市域にもつため気候は複雑である。市域北部(安佐北区、安佐南区、佐伯区北部)は日本海側気候と瀬戸内海式気候の境界に当たるが、市域南部は瀬戸内海式気候で晴天の日が多く温暖である。夏は暑く、瀬戸内海特有の凪も発生する。しばしば摂氏35度以上の猛暑日を記録する。冬には空気が乾燥して晴天になる日が多いが、冬型の気圧配置が強まると北西の季節風の影響で雪が降ることもある。山間部の気温は緯度の割に低く、冬にはよく氷点下まで下がる。降雪日数は瀬戸内海沿岸都市の中では多いが、積雪は市北部を除けばそれ程多くはならない。しかし、稀に雪雲が絶えず日本海より供給され続け市内中心部でも10から15センチ程度の大雪に見舞われることもある。路面凍結も起こり、国道488号のように冬期は閉鎖される道路もある。冬から春にかけては、中国大陸由来の黄砂が飛来して視界が霞んだり、うっすら積もることもある。広島気象台は1987年12月22日に中区の江波山公園から繁華街の中区上八丁堀に移転したため、気温などがデータ上大幅に上昇した。旧広島気象台は広島市江波山気象館として保存されている。広島市 フレッシュアイペディアより)

  • スモッグ

    スモッグから見た黄砂黄砂

    スモッグと煙霧 (haze) は似ているが同一ではない。スモッグは大気汚染により視程が低下している状態、煙霧は乾いた微粒子により視程が低下している状態を言い、定義の範囲が重複しているがずれている。例えば、霧を伴うスモッグは煙霧ではない(霧や靄となる)が、霧を伴わないスモッグは煙霧である。また、煙霧は大気汚染以外に、砂塵(黄砂など)や火山灰などの微粒子により視程が低下している状態も指す。スモッグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の気候

    日本の気候から見た黄砂黄砂

    北西の季節風と八甲田山を迂回する南西の風により上昇気流が発生するので、青森市の年間の降雪量は日本全国の気象官署で最も多い。また、カナダのメディア「The Richest」は、青森市が年間の雪が降る世界第1位の豪雪都市であり、秋田市も年間の雪が降る世界第8位の豪雪都市であると報じた。一方夏は、秋田県北部の一部を除いてやませが奥羽山脈に遮られるため、晴天が続き、太平洋側より高温になり、フェーン現象により気温が高くなることがある。フェーン現象により、山形市では1933年に40.9 ℃を記録し、2007年まで、日本の北部に位置しながらにして日本における最高気温の記録を保持していた。また、春先には黄砂による赤い雪が降ることがある。また、山形県村山地方の北部を除く地域では、降雪量・降水量は少ない。日本の気候 フレッシュアイペディアより)

71件中 51 - 60件表示