前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
397件中 1 - 10件表示
  • 黄砂

    黄砂から見たアルミニウム

    2001年にアジアの黄砂発生源を3つに区分(中国西部・中国北部・黄土高原)して行われた黄砂の原子組成分析では、質量が多い順にケイ素が 24 ? 30% 、カルシウムが 7 ? 12% 、アルミニウムが 7% 、鉄が 4 ? 6% 、カリウムが 2 - 3% 、マグネシウムが 1 ? 3% ほどを占めた。このほか、微量のマンガン、チタン、リンなどが検出された。また、北京の浮遊粒子状物質 (PM10) 及び長崎県壱岐の黄砂の分子組成分析では、どちらも二酸化ケイ素 (SiO2) が最も多く、次いで酸化アルミニウム、酸化鉄、酸化カルシウムなどが多く検出されている。なお、北京では大気汚染物質であるカーボン(すす)が多く検出されたほか、壱岐では北京よりも二酸化ケイ素の割合が高かった。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た伊藤桂一

    『黄砂の刻』 伊藤桂一、1985年、詩集黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た松尾芭蕉

    「巳入風磴霾雲端(すでに風磴に入りて雲端に霾る)」は、杜甫が七言律詩『鄭駙馬宅宴洞中』の中で、雲の端から砂塵交じりの風が吹いてくる様を表したものだとされている。この節の「霾雲端」は松尾芭蕉が『奥の細道』でも引用しており、岩手の里から最上の庄へ行く途中の山中での心細さを表現するのに用いている。加藤楸邨、中村汀女、水原秋桜子、有馬朗人、富安風生なども黄砂や霾などを扱った俳句を残している。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た安西篤子

    『黄砂と桜』 安西篤子、2001年、小説 ISBN 978-4198612948黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た工藤静香

    『黄砂に吹かれて』 工藤静香、1989年、CDシングル黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た

    黄砂が雨雲や雪雲に入ると、吸着された黄砂が雨やの粒に混じって降ることがある。黄砂には非常に小さい粒子が含まれているので、雨と混じって泥状となり、建物や車などにべったりと付着することがあり、雨に混じらない黄砂のみが付着した場合に比べて汚れが落ちにくい。黄砂がに混じると、積雪が黄色や赤色に変色することもある。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た小学館

    日本(日本語) - 「黄砂」、読みは「こうさ」。「おうさ」と読まれることもある(小学館国語辞典編集部『日本国語大辞典』第2版(小学館、2001年)の第2巻851頁には「おうさ(黄砂)」の項目が置かれており、「こうさ(黄砂)」の項目への参照項目となっている)。「黄沙」とも表記されるが頻度は低い。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た内モンゴル自治区

    ゴビ砂漠(中国北部 内モンゴル・甘粛・寧夏・陝西 - モンゴル南部)黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た環境省

    黄砂実態解明調査 - 環境省によるプロジェクト(リンク参照)。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た積雪

    砂塵嵐の発生の度合いは、年中乾燥した土地であればほぼ風だけで決まるが、降水のある土地では風に加えて、地形、表土の湿り具合、積雪や凍結の有無、植生(植物の繁茂)、土壌粒子の大きさ、地表の凹凸の粗さなど、地表面の様々な状態に左右される。土壌粒子の大きさに関しては、表土や岩石が温度変化を受けた時、特に凍結と融解を繰り返した時に、風化により砂粒の微細化が進む。黄砂 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
397件中 1 - 10件表示

「黄砂」のニューストピックワード