405件中 111 - 120件表示
  • 黄砂

    黄砂から見た北京市

    こういった過程を経て粒の大きな砂から落下していく。北京では粒子の直径がおよそ 4 ? 20 μm、発生後 3 ? 4 日経って到達する日本では 4 μm 前後という調査結果がある。韓国気象庁の解説では、上空に舞い上がって運ばれる黄砂は、3割が発生地に、2割が発生地の周辺地域に、5割が日本・韓国や太平洋などの遠方に運ばれて落下・沈着するという。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た

    2001年にアジアの黄砂発生源を3つに区分(中国西部・中国北部・黄土高原)して行われた黄砂の原子組成分析では、質量が多い順にケイ素が 24 ? 30%、カルシウムが 7 ? 12%、アルミニウムが 7%、が 4 ? 6%、カリウムが 2 - 3%、マグネシウムが 1 ? 3% ほどを占めた。このほか、微量のマンガン、チタン、リンなどが検出された。また、北京の浮遊粒子状物質 (PM10) 及び長崎県壱岐の黄砂の分子組成分析では、どちらも二酸化ケイ素 (SiO2) が最も多く、次いで酸化アルミニウム、酸化鉄、酸化カルシウムなどが多く検出されている。なお、北京では大気汚染物質であるカーボン(すす)が多く検出されたほか、壱岐では北京よりも二酸化ケイ素の割合が高かった。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た自動車

    濃度が高い場合、視界が悪くなるために航空機の飛行やの通行、鉄道の運行、人の歩行に障害を及ぼしたり、大気を覆うことによって気象観測を妨害したりする。また、地上波放送などの電波が乱反射し、受信障害や異常伝播を引き起こすこともある。中国や韓国では、黄砂の濃度が高い時には乗用車の速度規制が行われることがある。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た中国語

    なお、砂塵嵐のことを中国語で沙塵暴(、)といい、中国の市民の間では「黄砂」という言葉はほとんど使われず、「沙塵暴」をよく用いる。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た新疆ウイグル自治区

    タクラマカン砂漠(中国西部 新疆黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た放牧

    近年の数年 - 数十年単位での変動は、降水量、積雪面積・積雪期間、砂塵嵐を発生させる暴風の発生頻度、黄砂の飛来経路などの天候パターンの変化や、自然起因の気候変動による砂漠化や土地の乾燥化によるところが大きいとされる。ただし、砂漠化や乾燥化については人為的な関与も指摘されており、特に2007年の時点で国土面積の 18%、約174万 km2 が砂漠と化している。中国の砂漠化の進行、その背景にある過剰な放牧や耕地拡大などの農業の問題、生活や経済の問題がその原因とされており、環境問題としてとらえられる場合もある。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た朝鮮民主主義人民共和国

    韓国・北朝鮮(朝鮮語) - 「''」、「黄沙」、「黄砂」、読みはいずれも「ファンサ」。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た結膜炎

    中国、韓国、台湾では呼吸器疾患や呼吸器感染症、心臓や脳の循環器疾患の増加と黄砂発生との相関が複数の論文で報告されている。また喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患のほか、結膜炎などの眼科症状の増加も報告されている。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た台湾

    また、黄砂飛来時に大気中のダイオキシン類の濃度が増加するとの調査結果も出ている。台湾中央研究院環境変遷研究センターの調査では、大気中の濃度が通常時よりも 35% 増加するとの結果が出ている。釜慶大ダイオキシン研究センターが釜山で行った調査では、黄砂飛来時は粉塵中の濃度が通常の2.5倍(2001年)、人体への摂取量が通常時は約0.01pg-TEQ/kg/日だが、黄砂の日は0.028?0.038pg-TEQ/kg/日と2倍以上になる(2007年)、と報告されている。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た呼吸器学

    中国、韓国、台湾では呼吸器疾患や呼吸器感染症、心臓や脳の循環器疾患の増加と黄砂発生との相関が複数の論文で報告されている。また喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患のほか、結膜炎などの眼科症状の増加も報告されている。黄砂 フレッシュアイペディアより)

405件中 111 - 120件表示