405件中 131 - 140件表示
  • 黄砂

    黄砂から見た粘土

    日本などの、発生地からある程度離れた地域に飛来する黄砂の粒子の大きさは、0.5 ?m ? 5 ?m くらいであり、粒径分布では 4 ?m にピークがみられる。これはタバコの煙の粒子の直径 (0.2 ? 0.5 ?m) より大きく、人間の赤血球の直径 (6 ? 8 ?m) よりやや小さいくらいである。この大きさの粒は、地質学での砕屑物の分類においては、砂というよりも「泥」(シルト・粘土)にあたり、非常に小さい部類に入る。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見たちり煙霧

    「黄砂」という語でひとくくりにされているが、この語を気象学的に定義すると複数の現象が含まれている。発生地付近では黄砂の元となる「砂塵嵐」(砂嵐)、大気中を浮遊する黄砂は「エアロゾル粒子」であり、風の有無にかかわらず黄砂が空中に大量に浮遊・降下している状態は「風塵」や「煙霧」・「ちり煙霧」である。また、視程障害現象にも分類される。東アジア各国では、気象機関がそれぞれ「黄砂」の定義や強弱の基準を定めているが、いずれも少しずつ異なっている(後節参照)。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た大気

    気象現象としての黄砂は、砂塵の元になる土壌の状態、砂塵を運ぶ気流など、大地や大気の条件が整うと発生すると考えられている。発生の頻度には季節性があり、春はそういった条件が整いやすいことから頻繁に発生し、比較的遠くまで運ばれる傾向にある。ただ、春に頻度が極端に多いだけであり、それ以外の季節でも発生している。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見たタクラマカン砂漠

    タクラマカン砂漠(中国西部 新疆)黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た寧夏回族自治区

    ゴビ砂漠(中国北部 内モンゴル・甘粛・寧夏・陝西 - モンゴル南部)黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見たモンゴル国

    発生地に近いほど、砂塵の濃度は濃く、大きな粒が多く、飛来する頻度も高い傾向にある。モンゴル、中国、韓国などでは住民の生活や経済活動に多大な支障が出る場合があり、黄砂への対策や黄砂の防止が社会的に重要となっている。近年は東アジア各国で、黄砂による被害が顕著になってきているとされており、一部の観測データもこれを裏付けている。これに加えて、環境問題への関心が高まっていることなどもあり、黄砂に対する社会的な関心も高まっている。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た

    黄砂が雨雲や雪雲に入ると、吸着された黄砂がや雪の粒に混じって降ることがある。黄砂には非常に小さい粒子が含まれているので、雨と混じって泥状となり、建物や車などにべったりと付着することがあり、雨に混じらない黄砂のみが付着した場合に比べて汚れが落ちにくい。黄砂が雪に混じると、積雪が黄色や赤色に変色することもある。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見たリン

    2001年にアジアの黄砂発生源を3つに区分(中国西部・中国北部・黄土高原)して行われた黄砂の原子組成分析では、質量が多い順にケイ素が 24 ? 30%、カルシウムが 7 ? 12%、アルミニウムが 7%、鉄が 4 ? 6%、カリウムが 2 - 3%、マグネシウムが 1 ? 3% ほどを占めた。このほか、微量のマンガン、チタン、リンなどが検出された。また、北京の浮遊粒子状物質 (PM10) 及び長崎県壱岐の黄砂の分子組成分析では、どちらも二酸化ケイ素 (SiO2) が最も多く、次いで酸化アルミニウム、酸化鉄、酸化カルシウムなどが多く検出されている。なお、北京では大気汚染物質であるカーボン(すす)が多く検出されたほか、壱岐では北京よりも二酸化ケイ素の割合が高かった。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た核実験

    放射性物質の「セシウム137」は黄砂の砂塵に含まれて飛来する。中国北部の草原を調査した日本の文部科学省科研費「黄砂に含まれる放射性セシウムの起源推定」による平成19年度(2007年度)の研究成果によると、表面2cmの土壌が比較的高濃度のセシウム137いわゆる放射性物質に汚染されていた(地表2cmの表土1kgあたり5.5ベクレルから86ベクレル)。この調査地域では降水量が少ないためセシウム137が土壌の下方に浸透しづらく、さらに草原が表土の侵食を抑制するため、セシウム137が表土に高濃度の状態で残っていたのである。このセシウム137であるが、これは現行の核実験施設等ではなく、1980年代以前の地球規模の放射性降下物(大気圏内核実験・原子力事故等により発生)に由来するものであった(年間降水量とセシウム137の蓄積に正の相関があるために判明した)。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た硫酸イオン

    また近年、地上では視程も低下しないため黄砂として観測されない時に、自由大気(自由対流圏)と呼ばれる高層で薄い砂塵が観測されることが分かってきた。これは「バックグラウンド黄砂」と呼ばれている。普段地上でほとんど黄砂が観測されない夏や秋にも発生するほか、高山では酸性霧の中和に関与していることが解明されてきている。バックグラウンド黄砂の特徴として、発生地付近で砂塵嵐の発生が無く、砂塵を巻き上げて運ぶ低気圧さえ無い状態にも拘らず、発生することが挙げられる。また、バックグラウンド黄砂の成分の特徴として、通常ではCa(カルシウム)が主にCaSO(硫酸カルシウム)の形で存在しているのに対して、バックグラウンド黄砂では主に CaCO(炭酸カルシウム)の形で存在していることが挙げられる。これは、バックグラウンド黄砂が、地上から排出される大気汚染物質に含まれているSO(硫酸イオン)とほとんど混ざっていないことを意味し、普通の黄砂とは異なる経路を通ってきていることを示している。黄砂 フレッシュアイペディアより)

405件中 131 - 140件表示