397件中 11 - 20件表示
  • 黄砂

    黄砂から見た地球温暖化

    近年は黄砂の発生が増加傾向にあるとの報道が多い。地球温暖化や砂漠化の進行を考える上で、黄砂の発生頻度の変化は重要な視点の1つとされているが、正確にその変化を捉えるためには長期的なデータが必要となる。主なデータを以下に挙げる。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た甘粛省

    ゴビ砂漠(中国北部 内モンゴル・甘粛・寧夏・陝西 - モンゴル南部)黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見たカビ

    韓国農村振興庁が黄砂を採取して行った検査では、地域差があるものの、細菌の濃度が通常の大気の7?22倍、カビの濃度が15?26倍と高かった。黄砂が飛来するときに細菌やカビを吸着し、それが繁殖しやすい気温や湿度となるためではないかとされており、人間や家畜・作物への影響が懸念されている。また、韓国の研究チームが2003年、黄砂の飛来する前後に行った疫学調査では、尿の成分測定で多環芳香族炭化水素 (PAH) に属する発ガン性物質が平均で 25% 増加した。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た農産物

    中国政府や地方政府が農業政策を誤ったり、過放牧・過剰耕作を抑制できなかったことで土地の乾燥化に拍車をかけ、乾燥地域の拡大に繋がっているとの指摘もある。一方、黄砂の影響を受けている韓国や日本なども、木材や農産物(仮想水の輸入に伴い原産国の土地に負荷をかける)の輸入などを通して間接的に関わっているとの見方がある。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た大気汚染

    また近年、地上では視程も低下しないため黄砂として観測されない時に、自由大気(自由対流圏)と呼ばれる高層で薄い砂塵が観測されることが分かってきた。これは「バックグラウンド黄砂」と呼ばれている。普段地上でほとんど黄砂が観測されない夏や秋にも発生するほか、高山では酸性霧の中和に関与していることが解明されてきている。バックグラウンド黄砂の特徴として、発生地付近で砂塵嵐の発生が無く、砂塵を巻き上げて運ぶ低気圧さえ無い状態にも関わらず、発生することが挙げられる。また、バックグラウンド黄砂の成分の特徴として、通常ではCa(カルシウム)が主にCaSO(硫酸カルシウム)の形で存在しているのに対して、バックグラウンド黄砂では主に CaCO(炭酸カルシウム)の形で存在していることが挙げられる。これは、バックグラウンド黄砂が、地上から排出される大気汚染物質に含まれているSO(硫酸イオン)とほとんど混ざっていないことを意味し、普通の黄砂とは異なる経路を通ってきていることを示している。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た三好達治

    『霾』(詩集『春の岬』収録) 創元社 1939年 三好達治、1939年、詩集黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た横手美智子

    『黄砂の冠を戴くもの-アルドナの翼』 横手美智子、1994年、漫画 ISBN 9784829125809黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見たオユンナ

    『オユンナII黄砂』 オユンナ、1992年、CDアルバム黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た富安風生

    「巳入風磴霾雲端(すでに風磴に入りて雲端に霾る)」は、杜甫が七言律詩『鄭駙馬宅宴洞中』の中で、雲の端から砂塵交じりの風が吹いてくる様を表したものだとされている。この節の「霾雲端」は松尾芭蕉が『奥の細道』でも引用しており、岩手の里から最上の庄へ行く途中の山中での心細さを表現するのに用いている。加藤楸邨、中村汀女、水原秋桜子、有馬朗人、富安風生なども黄砂や霾などを扱った俳句を残している。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た水原秋桜子

    「巳入風磴霾雲端(すでに風磴に入りて雲端に霾る)」は、杜甫が七言律詩『鄭駙馬宅宴洞中』の中で、雲の端から砂塵交じりの風が吹いてくる様を表したものだとされている。この節の「霾雲端」は松尾芭蕉が『奥の細道』でも引用しており、岩手の里から最上の庄へ行く途中の山中での心細さを表現するのに用いている。加藤楸邨、中村汀女、水原秋桜子、有馬朗人、富安風生なども黄砂や霾などを扱った俳句を残している。黄砂 フレッシュアイペディアより)

397件中 11 - 20件表示

「黄砂」のニューストピックワード