前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
528件中 1 - 10件表示
  • 手話劇

    手話劇から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    日本では、黒柳徹子の『窓際のトットちゃん』が大ベストセラーになった時に、黒柳徹子がその印税でアメリカの聾学校の生徒たちによる劇団「デフシアター」(:en:National Theatre of the Deaf、正式名称は国立ろうあ者劇団)の日本公演を経済的に支え、またその来日公演の中でも彼らがアメリカの手話でせりふを表現するため、それを日本語の手話に翻訳する人がいて、それをさらに日本語で語る役を黒柳本人が引き受け、ろうの文化表現の道を日本国内に紹介、普及させるために大きな役割を演じた。手話劇 フレッシュアイペディアより)

  • トモエ学園

    トモエ学園から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    トモエ学園(トモエがくえん)は、かつて東京都目黒区自由ヶ丘(現:自由が丘)にあった私立幼稚園・小学校(旧制)。リトミック教育を日本で初めて実践的に取り入れた学校として知られている。同学園出身の黒柳徹子が著したベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』によって、一躍その名が全国に知れ渡った。トモエ学園 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    2012年(平成24年)12月10日、前立腺がんのため、東京都内の自宅で死去した。。12月14日に千日谷会堂で行われた本葬では生島ヒロシ、永六輔、乙武洋匡、加藤武、桂米團治、神津善行、黒柳徹子、篠田正浩、春風亭小朝、露木茂、長峰由紀、中村メイコ、野坂昭如、林家正蔵、林家三平、吉行和子ら850人が参列した。戒名は洽昭院澹然一哲居士。世の中に豊富な見識をユーモアと優しさを持って伝えた活眼の士という意味が込められている。尚、式場となった千日谷会堂は生前、死を覚悟した小沢がたまたま車で通りかかった際に「ここだな…」とつぶやき、心に決めた場所だったという。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 大山 のぶ代

    大山のぶ代から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    しかし、その後も引き続き各種テレビ・ラジオ番組ゲスト出演、講演活動、雑誌・ネット・新聞各社取材・そして音芸での指導といった多忙・激務が続いたことによる体調不良を理由に、2010年頃より徐々にではあるが仕事をセーブし、2013年いっぱいで音芸の校長を退いた。同時に音芸公式サイトからもプロフィール写真が削除された。先述の中で顔出しのテレビ番組出演に関しては2012年放送『クイズ☆タレント名鑑』の1企画「ドラえもんの道具いくつ覚えてる?」のVTR出演が最後であり、顔出しの取材依頼でも2014年に受けた『覚悟の瞬間』が現時点で最後となっている。2013年以降はテレビ、2015年以降は取材でも顔出し出演をしていない(ただし、2015年に夫の砂川が「徹子の部屋」出演した際には、盟友・司会の黒柳徹子への声のみのメッセージとしては登場している他、後述の『ダンガンロンパ』の2015年の制作発表でも写真と声のみでメッセージを送っている)。大山のぶ代 フレッシュアイペディアより)

  • 第66回NHK紅白歌合戦

    第66回NHK紅白歌合戦から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    オープニングで黒柳徹子が「私、声大きいですかね?よろしくお願いします。わくわくしております」、井ノ原快彦(V6)は「去年まで嵐ががんばってくれていて、バトンタッチした瞬間に負けるわけにはいきません」、綾瀬はるかも「2年ぶりなので前回の経験を踏まえてがんばります」と述べた。第66回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるず

    とんねるずから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    2014年1月14日、『笑っていいとも!』(フジテレビ)放送第8000回目のテレフォンショッキングにて、不定期の番組レギュラー出演することが決定した。自身がメインではない番組でのテレビでのレギュラー番組は『夕やけニャンニャン』の終了時(1987年)以来27年ぶりとなる。またテレフォンショッキングの史上最長記録は1984年以来、長らく黒柳徹子(46分)が最長となっていたが、番組終了を目前にして彼らが48分22秒で更新した。とんねるず フレッシュアイペディアより)

  • ステージ101

    ステージ101から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    一方、2016年7月1日付のNHKアーカイブス「発掘ニュース」No.112では黒柳徹子がメイン司会を担当していた頃のモノクロ断片映像が発掘されたことが明らかにされており、さらに同じページの「思い出・コメント」欄にて他にも白黒、カラー合わせて数時間分の映像が見つかっていることがアーカイブス担当者より言及されている。ステージ101 フレッシュアイペディアより)

  • 満島 ひかり

    満島ひかりから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    黒柳徹子とは、2011年に『徹子の部屋』(テレビ朝日)に出演した際に「私の(役の)未来を演じるのは黒柳さんしかいない」と『おひさま』の最終回で自身の演じた筒井(須藤)育子の晩年役としての出演を直談判。結果、黒柳にとって24年ぶりとなる連続テレビ小説出演のきっかけを作ることになった。逆に、2016年には黒柳が「共演して大好きだったし、どうせやっていただくなら似ているだけでなくて、演技の上手な人がいいと思って」との理由で黒柳の自伝のドラマ化作品『トットてれび』での黒柳役に満島を指名するという縁もある。満島ひかり フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ベストテン

    ザ・ベストテンから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    黒柳徹子は初回から最終回まで担当ザ・ベストテン フレッシュアイペディアより)

  • トットちゃん!

    トットちゃん!から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    『トットちゃん!』は、テレビ朝日系の『帯ドラマ劇場』(おびドラマシアター)枠の第1期(毎週月曜 - 金曜12時30分 - 12時50分)にて2017年10月2日から12月22日まで放送された、同枠第1期の第2弾となる帯ドラマ。全60回。女優・黒柳徹子の半生とその家族の物語を大石静の脚本、清野菜名と松下奈緒のダブル主演によりテレビドラマ化した。トットちゃん! フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
528件中 1 - 10件表示

「黒柳徹子」のニューストピックワード