528件中 101 - 110件表示
  • 音楽の広場

    音楽の広場から見た黒柳徹子黒柳徹子

    司会は、最初の1年間は黒柳徹子ほか様々な人物が1週交替で務めていたが、1977年5月14日放送分で黒柳と芥川が2人で司会を務めたのを皮切りに、次第にこの2人による司会体制へとシフトしていった。番組のオープニングでは、黒柳と芥川によるピアノの連弾が行われていた。音楽の広場 フレッシュアイペディアより)

  • 石川俊介

    石川俊介から見た黒柳徹子黒柳徹子

    1999年に解散した聖飢魔IIのメンバーで、在籍時はゼノン石川(ゼノン いしかわ、Xenon Ishikawa)と名乗っていた。聖飢魔II時代の公式なプロフィールによると、「B.D.100036年(紀元前98038年)6月22日生まれ、地獄の貿易港サイド・ビーチ発生の聖飢魔IIの弐代目ベーシスト。敬称は博士・画伯・和尚・書家・豪傑と各構成員の中でも最多だが一般的に和尚と呼ばれている(ミサ中、「いぇ〜い」を連発するため、別名「いぇ〜いのおじさん」とも)。元地獄文化局長」とのことである。正式な称号でも敬称でもないが、デーモン小暮閣下からは「ツノ」、黒柳徹子からは「鬼の方」と呼ばれたこともある(ゼノン石川が頭に角の生えた姿をしていたため)。石川俊介 フレッシュアイペディアより)

  • CLUB ココ&ナッツ

    CLUB ココ&ナッツから見た黒柳徹子黒柳徹子

    ゲストとのトークコーナー。ゲストが出演する1週目はこのコーナーのみで、ゲスト宛のメールはここで紹介される。ジングルは『徹子の部屋』のテーマを草尾がパロディしたものが流れている。最初の数回は入野が黒柳徹子の物真似をしようとして失敗していた。CLUB ココ&ナッツ フレッシュアイペディアより)

  • 神楽坂浮子

    神楽坂浮子から見た黒柳徹子黒柳徹子

    このうち、第9回は浮子の歌のラジオ中継の音声が現存する。この回の紅組司会は黒柳徹子神楽坂浮子 フレッシュアイペディアより)

  • 寒河江弘

    寒河江弘から見た黒柳徹子黒柳徹子

    徹子のご利益ストラップ (黒柳徹子)寒河江弘 フレッシュアイペディアより)

  • シェーン (お笑い)

    シェーン (お笑い)から見た黒柳徹子黒柳徹子

    2012年4月1日に改名を発表。コアという名前を占い師に見てもらったところ怒られるくらい悪い名前だったので、『世界ふしぎ発見!』の前説をやっているということで黒柳徹子などに相談すると、黒柳が「『シェーン』という映画が素敵だからシェーンでいいんじゃない? ピースみたいで」と提案した。しかし、ピースとは同期なので複雑に思いながらもう一度占い師に見てもらうとシェーンも良くないと言われ、「もうええわ!」となりシェーン!に改名。シェーン (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • キズナ食堂

    キズナ食堂から見た黒柳徹子黒柳徹子

    黒柳徹子(ビルのオーナー)キズナ食堂 フレッシュアイペディアより)

  • オールナイトニッポンTV

    オールナイトニッポンTVから見た黒柳徹子黒柳徹子

    2006年12月26日23:55-24:55に続編『松任谷由実のオールナイトニッポンTV2』が放送された。ゲストに布袋寅泰・倖田來未・AI・黒柳徹子・『CHIMPAN NEWS CHANNEL』のゴメス・チェンバリン(声の出演:ビビる大木)を迎えトークを繰り広げた。ユーミンと「A HAPPY NEW YEAR」をコラボしたスガシカオ、「アジアの純真」をコラボしたPUFFY、「ルージュの伝言」をカバーしたザ50回転ズも出演した。オールナイトニッポンTV フレッシュアイペディアより)

  • ドリーム・プレス社

    ドリーム・プレス社から見た黒柳徹子黒柳徹子

    社長の黒柳徹子のもと設立された架空の少数精鋭の外資系企業を舞台に会社の業績アップを目指す為のプロジェクトとして、夢をテーマにかかげた番組。『ザ・ドリームプレッシャー』時代の看板コーナーだった「クイズ!ドリームプレッシャー」のみならず、安住紳一郎(2008年10月24日からは駒田健吾)のキャスター修行や、1978年から1989年に放送されていた音楽番組『ザ・ベストテン』の復刻版『復活!ザ・ベストテン!』などの企画も行われた。ドリーム・プレス社 フレッシュアイペディアより)

  • 第33回日本レコード大賞

    第33回日本レコード大賞から見た黒柳徹子黒柳徹子

    司会は歌手・布施明と俳優・石田純一が初担当、また、かつて第19回(1977年)と第20回(1978年)を担当した黒柳徹子が復帰、「女性司会の復帰」は竹下景子に次いで2人目。布施は大賞獲得者であるが、大賞獲得者として初めての司会となった(尚、この年の司会はメイン司会が黒柳、サブ司会が布施・石田の布陣であったが、受賞者発表に関してはメインの黒柳ではなく布施・石田が担当している。これは男性司会が神田正輝に交代した翌年も同様)。第33回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

528件中 101 - 110件表示