364件中 11 - 20件表示
  • 夢であいましょう

    夢であいましょうから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    中嶋はその後、結婚のために1965年3月をもって番組を降板。番組が終了するまでの1年間は、レギュラーとして活躍した黒柳徹子が替わって司会を務めた。そして1966年、番組はフランキー堺をホスト役に据えた『夢をあなたに』に衣替えする形で終了した。夢であいましょう フレッシュアイペディアより)

  • 第32回NHK紅白歌合戦

    第32回NHK紅白歌合戦から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    この回は、ブラスバンドチームがステージ上でオープニングファンファーレを演奏して幕開けとなり、白組司会の山川静夫アナと紅組司会の黒柳徹子とのトーク後に、スタイン・ソングによる紅白両出場歌手の入場行進となった。第32回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • Get Wild

    Get Wildから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    この曲で、TBS系『ザ・ベストテン』のスポットライトのコーナーに初登場し、パソコンや大掛かりなシーケンサー、シンセサイザーをずらりと並べ、手元のリモコンのボタン1つを押すだけで、グランドピアノが自動演奏を始めるなどの視覚で司会者、(当時は、黒柳徹子・松下賢次)出演者、視聴者を圧倒した(この機材の量があまりにも多かったため、以後小室は黒柳徹子から「大荷物の方」と呼ばれるようになった)。さらにフジテレビ系『夜のヒットスタジオDELUXE』に出演した際、当時の司会者の古舘伊知郎には「歌う日米半導体摩擦」と形容された。Get Wild フレッシュアイペディアより)

  • 三人娘

    三人娘から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    初代三人娘 - 黒柳徹子、横山道代、里見京子、(又は水谷良重)三人娘 フレッシュアイペディアより)

  • 歌のおにいさん

    歌のおにいさんから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    主演の大野は2008年7月期の『魔王』に続き2作目の連続ドラマ主演で、単独では初主演を果たした。金曜ナイトドラマ枠では堂本光一主演の『スシ王子!』以来となるジャニーズ事務所所属タレントによる主演作。GIRL NEXT DOORの千紗は本作品が初の連続ドラマレギュラー出演(『ガリレオ』や『瞳』などにゲスト出演したことはある)、木村佳乃は2年4か月ぶりの連続ドラマレギュラー。また、本人役で特別出演した黒柳徹子は1975年のNHK大河ドラマ『元禄太平記』以来35年ぶりのドラマ出演である。これは、2月13日放送分の『徹子の部屋』に大野が番宣で出演した際、直接オファーし実現した。歌のおにいさん フレッシュアイペディアより)

  • ステージ101

    ステージ101から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    2003年10月21日夜、22日昼・夜の計3回にわたり、シアターコクーン(Bunkamura内)にて、復活コンサート『ステージ101〜明日に架ける橋』が行われた。ヤング101、101ダンサーズのメンバーはもちろん、永六輔、黒柳徹子、関口宏、マイク真木、前田美波里、上條恒彦らもゲスト出演し、大いなる盛り上がりを見せた。さらに、かつてプロたちに選ばれたヤング101のメンバーが選ぶ側に回り、若い世代のタレントの卵を発掘し新たに「ヤング101Jr.」を結成させ、復活コンサートで共演した。この模様はBS2で放送された。ステージ101 フレッシュアイペディアより)

  • 久米宏

    久米宏から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    山口百恵の熱狂的ファンを公言しており、『ザ・ベストテン』時代は、山口の体に軽くタッチしたり、山口が歌い終わったあと絶叫するなどし、同じく司会者である黒柳徹子にたしなめられるという場面が数多く見受けられた。また、山口が三浦友和との「恋人宣言」発表後、久米自身かなり気落ちしていたらしく、同番組でその件に関して山口にコメントを求めた時も、久米は思わずマイクを落としそうになるハプニングが見られた。さらに、当時TBSで放送された山口の引退コンサートの番組の司会も久米が務めている。久米宏 フレッシュアイペディアより)

  • 1986年のテレビ (日本)

    1986年のテレビ (日本)から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    TBS系の『ザ・ベストテン』では10日放送のエンディングで、司会の黒柳徹子が岡田の訃報を涙ながらに伝え、出演者の中森明菜が号泣した。1986年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 里見京子

    里見京子から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    アナウンサーを志望し、大学在学中の1953年に東京放送劇団の5期生になる。同期に黒柳徹子、横山道代、新道乃里子、幸田弘子、八木光生、木下秀雄、桜井英一、関根信昭、三田松五郎らがいる。里見京子 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回NHK紅白歌合戦

    第40回NHK紅白歌合戦から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    前半部分の「昭和の紅白」では、開始時に出場者全員で『東京ブギウギ』を歌い、ピンク・レディーとザ・タイガースが再結成、和田弘とマヒナスターズの再出場、1984年・第35回の紅白を機に引退していた都はるみの復活、この年に亡くなった美空ひばりの大親友だった雪村いづみが、美空の『愛燦燦』を歌うなど様々な話題があった。また、過去の紅白司会経験者である森光子、黒柳徹子、中村メイコ、藤倉修一、山川静夫、鈴木健二らが紅白についてスピーチをするコーナーも設けられた。総合司会の松平定知からスピーチの時間につき「1分間でお願いします」と何度も放送中念を押されたものの、誰一人これを守らず、時間が大幅に押す結果となってしまった。第40回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

364件中 11 - 20件表示

「黒柳徹子」のニューストピックワード