528件中 11 - 20件表示
  • 久米宏

    久米宏から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    生放送音楽番組『ザ・ベストテン』では、黒柳徹子との安定感ある早口コンビで人気を博していた。その最中、テレビ朝日から『ニュースステーション』のキャスターの打診があった。テレビ朝日の社運を賭けた番組で、久米もキャスター業をしたいと思っていたため引き受けるが、スタッフから番組が決まるまで、絶対に口外しない事を告げられる。そのため、司会パートナーの黒柳やスタッフに本当の降板理由を告げられず、黒柳からは自身の自宅に久米を呼び、降板の理由を問い詰めたことがある。結果的には遺恨を残すような形での降板となる。後年、アナウンサーの2年後輩で『ザ・ベストテン』のプロデューサーだった山田修爾が亡くなった際、降板の顛末をキチンと謝罪できなかったことを悔やむ発言をしている(『ザ・ベストテン』関係者では黒柳のみ謝罪している)。加えて『ザ・ベストテン』がなければフリー転身もその後の『ニュースステーション』もなかったと話している。久米宏 フレッシュアイペディアより)

  • はてな劇場

    はてな劇場から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    番組は、「はてなのおねえさん」役の黒柳徹子とスタジオにいる子供たちの掛け合いで進行。各回でテーマにした科学現象を、解説映像を使いながら子供たちに問いかけ、考えさせていた。はてな劇場 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ大作戦

    クイズ大作戦から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    中期までは3人1組(出場者は小学生)で構成された3チームが、ジェスチャーゲーム・カーレース風のクイズ・かくし芸などで得点を競う番組だったが、後期は5人1組で構成された「ヨレヨレ・チーム」と「メロメロ・チーム」の2チームが、黒柳徹子が出す「うそほんとクイズ」(○×クイズ)や、老魔女に扮した坂本新兵が出す「ウハウハクイズ」(トンチクイズ)などのクイズに挑戦する内容に変えた。なおどちらも、優勝チームには豪華賞品が貰え、出場者には「参加賞」として、スポンサーの東鳩製菓から東鳩のお菓子がプレゼントされた。クイズ大作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 渥美清の泣いてたまるか

    渥美清の泣いてたまるかから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    天知茂、イーデス・ハンソン、京塚昌子、黒柳徹子、関敬六、前田吟、小松方正、加藤剛、笠置シヅ子、左卜全、左幸子、市原悦子、栗原小巻、東野英治郎、石橋蓮司、藤山寛美、田中邦衛、渡辺篤、名古屋章、西田敏行、吉行和子、森川信、藤田弓子、宮本信子、浜村純、中村玉緒、津坂匡章、沢田雅美、悠木千帆、ミスター珍 他渥美清の泣いてたまるか フレッシュアイペディアより)

  • おーい!チロリン村だよ

    おーい!チロリン村だよから見た黒柳徹子黒柳 徹子

    NHKの人形劇『チロリン村とくるみの木』と同じ人形を使って制作された続編。キャストも黒柳徹子や里見京子など、同番組で担当していた人物が引き続き務めていた。引き続き人形操演を担当していた劇団やまいもは、本作担当を機に劇団ちろりんに改称した。おーい!チロリン村だよ フレッシュアイペディアより)

  • 藤澤遥

    藤澤遥から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    2016年の『トットてれび』(NHK)では黒柳徹子の幼少期を演じ、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)では吉田羊との共演で話題となった。藤澤遥 フレッシュアイペディアより)

  • 第32回NHK紅白歌合戦

    第32回NHK紅白歌合戦から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    両軍司会は2年連続で黒柳徹子・山川静夫(8年連続)が担当。第32回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • トット基金

    トット基金から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    社会福祉法人トット基金 は、ろうあ者・身体障害者 のための通所支援施設。理事長は黒柳徹子トット基金 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回日本レコード大賞

    第20回日本レコード大賞から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    前回に引き続き、総合司会の高橋圭三の他、この年から始まった『ザ・ベストテン』の久米宏・黒柳徹子コンビが司会進行を担当。しかし久米は今回を以て退く。第20回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳朝

    黒柳朝から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    黒柳 朝(くろやなぎ ちょう、1910年9月6日 - 2006年8月16日)は、日本の随筆家である。愛称、チョッちゃん。長女は女優・タレントの黒柳徹子黒柳朝 フレッシュアイペディアより)

528件中 11 - 20件表示

「黒柳徹子」のニューストピックワード